2015/6/26

秀歌(51)蒔田さくら子31首より  秀歌読みましょう

蒔田さくら子さんは、東京生まれの歌人で「短歌人」の重鎮。今85歳ぐらいか、去年現代短歌大賞を受賞されて、もう選者や編集委員は引いておられるけれど、お歌は力強く私はいつも感銘を受ける。いっときは蒔田さんのお歌を読むと泣きそうな気持になることが多くて、それは悲しいと言うのではなく、感極まるようなものだった。
「短歌人」の方たちは自由に活動できると聞くが、それでも「短歌人」風というものがあるような気がする。蒔田さんのお歌も日常のふとした気付きを詠う事が多いのだが、どこかに鋭い目がぴかっと光ったような歌に出逢う。
今回は去年の「角川短歌」9月号の巻頭31首から七首を引く。

「草におく露」
のこる色なきにしばらく微熱あるやうにうるみぬ虹消えし空

罪なきに皆がら頭を垂れ大輪のダチュラ咲けりといたみつつ過ぐ

乗りたくて後先みずにバスに乗るいずれこの世のどこかに着かむ

荒ぶる神過ぎたる街に置き去りのやぶれかぶれのビニールの傘

亡き人といふは凡庸さりながら詣づるかたへに黄揚羽 ふいに

青ざかな藍の背のいろすずしきを締め鯖などとむごき名によぶ

親の老いに向きあふ歌の確かなる手応へ我にはかかる父母なし。

二首目、花を詠って自然な比喩とそれに対する「痛みつつ過ぐ」心のありか。三首目のまだこの世の「どこか」につけばいいと思う死なない心。八十の時より確実に終末を考えているのではと見えながらも、どうでもいいとサバサバしたところがある。そこが蒔田さんのお歌に野太いものを付しているのではなかろうか。それでいて全体に厳しいだけでない、覆うような優しさも備えている方ではないかと思う。
七首目の親の歌の後に、早くに亡くなった母君と再婚した父上の歌が続いてまた親という物のない寄る辺なさを詠っている。
近頃学生さんのような若い方が、文語旧仮名の歌を詠いたがるようだが、お手本として蒔田さんのお歌を読んで勉強して欲しいと思う。
6

2015/6/21

紫陽花電車と箱根  短歌

紫陽花と言えば鎌倉だけど、たまに箱根の事も書こうかと思ったら、何だか大涌谷が怪しいことになって来た。箱根は小さい時から何度も遊びに行く場所だったので、大涌谷だけに少し煙が上がっていると言う感覚だった。これまでに箱根山が吹くなんて考えられないことだったし、カルデラ湖である芦ノ湖にはあんなに水がいっぱいあるじゃないか(地学なんかにとても無知な人なので)と言う気がしている。

私が三、四歳のころから祖母の保養のための別荘が小田原にあったので、箱根はそこに集まる親戚たちとの行楽の場所で、古い写真にはまるで池のような昔の小涌園のプールが写っていたりする。小学生の時はまだ箱根の千代田荘がなかったので、夏季行事に宮の下の「温泉小学校」という本当の温泉付き小学校を借りて四五年生の希望者が何泊かした思い出もある。

それから段々日本全国高度成長し、熱海は廃れて箱根は美しく成長した。登山電車の両脇に紫陽花が植えられて「あじさい電車」と呼んで喧伝された時は「?」という感じだったが、それからもう30年ぐらいたってすっかり定着しているようだ。箱根は湯本でも大分高度があって涼しいから、紫陽花は六月より七月の末までも咲くので、観光客には楽しみな事だろう。

噴火するかもしれないと、大涌谷の立ち入り禁止が出た時はニュースがこぞって観光産業が困っているように報道していたが、箱根と言う所は大噴火で灰がすごく降らない限り、色々な見どころ遊び場があるのだ。湯本だけでも温泉は勿論北条家の墓地のある早雲寺、春日局ゆかりの場所や玉垂れの滝、塔ノ沢の和宮静養の宿など歴史を刻むものもあるし、芦ノ湖へのルートも小涌谷経由と甘酒茶屋経由と他にもいくつかのルートがあってそれぞれ歴史と温泉、文学ゆかりの地などが多い。

私は以前は一人でもふらっと日帰りで出かけて行ったが、それにはロマンスカーが旅の風情を醸してくれた。そして登山電車で強羅まで、なつかしいスイッチバックの電車が運んでくれる。多少の噴火では湯本あたりはどうもならないと思っているが、せっかくの紫陽花が灰をかぶってしまっては可愛そう。どうかそんなことにならないようにと祈っている。

子供にも「ほらここだよ」と教えたる、あじさい電車のスイッチバックは   多香子
4

2015/6/16

地震、毎日歌壇  毎日歌壇他

5月の25日の地震(埼玉、茨城五弱)も東京で結構揺れたが、30日の小笠原諸島M8,1にはびっくりした。東京でも千代田区は震度4で四階でも長周期地震動とか言う長くゆっくりした揺れには、目がまわりそうになった。やっぱり3,11の後続いた余震で目がまわって地震酔いになったのを思い出した。
どうも地球の下の方では何かが起こっていて、それが地震とか噴火とかに連動しているように思えてならない。日本列島だって、北から南まで地震と噴火が活発になってきている感がある。それでも震度5くらいだとあまり被害がでないのは、さすが地震大国日本と言う気もする。

わが家では、期限の長いペットボトルの水一ダースと、期限の長いクッキーを五箱ぐらい買っておいて、水は期限切れは非常階段の踊り場に置いて、震災後の手洗いやトイレの水用にと思っているし、クッキーは期限のきた物からおやつに食べて買い足しをするようにしている。エレベーターの中には区がくれたビニール袋の簡易トイレを張り付けてある。ほんの少しの事だが、少し安心する。


毎日歌壇6月1日付伊藤一彦選でとっていただけました。

帰りゆく白鳥たちを見送りてスワンボートは湖にひとり

初掲載からひと月半あいているのが、えっこんなに早くと思われた二回目です。欲が出て毎週三人の方に送ってしまいます。(そうそう入選するわけもないのに)
掲示板「短歌ファクトリー」は色々な新聞歌壇に投稿している方とやっていますので、私も新聞歌友になったようです。(そうでない方も、リンクの所をクリックして、気楽にお声かけてください)
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ