2016/6/24

浜千鳥の歌  短歌

子供の頃「あまのじゃくな子供の話」というのを、親や祖父から聞かされて、怖い思いをした。
それは子供が親の言いつけと逆さまの事をするのに手を焼いていた母親が病気になり「私が死んだら山に埋めてほしいが、そう言ったらこの子は私を海に流すだろう」と思って、亡くなる時に子供に「海に流してほしい」と頼んだ。今まで逆さまな事ばかりしていたが、母一人子一人の家だったので子供は母の死に深く傷ついて、今度ばかりは親の言う通りにしようと、遺体を海に流してしまった。そして母を思い出すともう海のどこにも居ないので、初めて親の気持ちが分って悔やんだが遺体を探しても取りかえすことは出来なかった、と言う話であった。「だから、親の言う事は素直に聞いておかなければいけない」と言うお説教がついていた。

この「浜千鳥の歌」という曲の歌詞の中に「親を探して鳴く鳥の」と言う所が、私の子供心に先の話と反応してイコールの記憶になってしまったらしい。大人になってその境目を自覚しないまま、私は「父よ、母よ」という歌を浜千鳥とからめて詠んでしまう。元の歌の歌詞を載せる。

「浜千鳥」作詞 鹿島秋鳴 作曲 広田竜太郎

1、青い月夜の浜辺には 親を探して泣く鳥が  
 波の国から生まれ出る 濡れた翼の銀の色
  
2、夜鳴く鳥の悲しさは 親を訪ねて海越えて
 月夜の国へ消えてゆく 銀の翼の浜千鳥  「美しき日本の歌」より

作詞者の鹿島秋鳴は幼くして親を亡くし、ためにこのような詞となったと本にあったが、後半生を娘の病気療養のため房州の和田町に住んでいたという。和田町は昔海の家があった江見からバスでほどなく、海辺の学校のプールが解放される夏に何度も行った場所だ。浜辺に歌碑があるという事を今度初めて知って、早く気付けば良かったと悔しく思った。

人もない大海原に春は逝き 母よ母よと浜千鳥よぶ   多香子
5

2016/6/17

毎日歌壇掲載  毎日歌壇他

百均で買った種が悪いのかと思っていたのが、先週パセリが芽を出してその後ぞこぞこと双葉が出てきました。紫蘇の方はいまだなにも出てこないのです。発芽率50%なら、両方の半分ずつが出るのに、ちよっと複雑な気もしています。箱いっぱいに出てくるはずの桔梗も今年は二本しか出なくて残念ですが白が残って白花が咲き始めています。

この所の私は間でN短入選や、読売の小池さん選の掲載などがあったので、すごくついている感じを味わっているけれど、「毎日歌壇」は一月以来採られなくて、まあ腰を落ち着けてと毎回出しては居たのです。
5月30日付米川千嘉子選で、やっと採って頂きました。米川さんは坂井さんの奥様なのでNHKの方に、坂井先生の(毎日文化センター)の講座に「どうしても時間が取れなくていかれないのですが、よろしくお伝えください」とお願いしておいたので、気持ちが伝わったかもと思いました。(そんなことは無いか)米川さんありがとうございます。歌は

どこまでがこの胸内の傷なのかテールランプが尾を引いてゆく  河野多香子

社会詠は苦手なので抒情的ですが、私の歌はやはり都会の寂しさみたいなものを詠っていくのかなあと思います。

余談ですが、仲間の人達で読売歌壇に載った人たちが「金一封」が送られてくるよと言っていたのです。毎日はそんな事がありませんから、本当かなあと思っていたら、本当に「図書券」が送られてきました。さすが大新聞と思いましたが、「毎日」はネット上で会員登録すれば「歌壇・俳壇」の記事が無料で読めますし、アーカイブも残ります。それはそれで(経営は苦しくなるかも知れないけれど)いいことだと思っています。
3

2016/6/10

NHK短歌で放送されました。  NHK短歌

百均でパセリと青紫蘇の種が手に入ったので、撒いてみました。去年しその種を雀が土をほじる様に食べてしまったので、今年は本の一二本ひょろひょろしていたのです。雀は可愛いからつい許してしまうけれど、そのせいで薬味やちょっとしたつまに使うものが育たないのは困ります。とにかく芽を出させようと、スチロールのトレイを苗床にして種をまいてみました。なかなか芽が出ません。

四月に選者が変ったNHK短歌に入選しました。六月五日の坂井修一さんの「婚」です。このまえ坂井さんの秀歌紹介の所に今度はどうだろうと書いたばかりなので、電話が来たとき「ほんとですか?」と叫んでしまいました。
二回目だったので、スタッフのかたと少しお話で来たのですが、栗木さんの入選が最後の回だったので、(新しい選者になっての入選が)早かったですねと言われました。「坂井先生が好きなんです」と答えました。その時「一席です」と教えて頂きましたが、日が立つにつれ記憶が薄れて、本当だろうかといういつもの気持ちが湧いてきました。
これできっと(入選は)お終いだろうなとも思いました。(いつもマイナス思考が、私のパターンです)NHKの方ですら「面白い歌ですね」と言われた歌は

婚姻の色に染まりて鼻まがるシャケの男の子よ元気であれよ  河野多香子

放送を見て、「ああ本当に一席なんだ」と嬉しくなりました。この歌を見た方は「こっちの歌の方がいい」「私の歌の方がいい」と思われたのではと思います。坂井さんだから出した、だから採って下さった歌ではないかとも思います。坂井さんありがとうございました。
評はテキストに掲載されましたら。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ