2016/7/28

歌集『夢の緒』澄田広枝  歌集

塔短歌会の澄田広枝さんが、私の『猫と暮らせば』のお返しに送って下さった歌集『夢の緒』(青磁社)は四年前に上梓された著者の第一歌集である。私が何やかやと忙しく、なかなかブログに載せることが出来ずにいたのだが、とても素敵な歌集なのだ。内容はご自身のいらした結社「氷原」と「塔」の十年くらいのお歌で、ご自身の病気とご両親の介護に戻った和歌山の実家での蜜柑作りのお歌なのだけれど、その重さを感じさせない明るさ、そして何より表紙、中扉を飾るお嬢さんの描いた「花」の絵のほわっとしたあたたかさが、この歌集を物語っている。

本を開けた時のわっと匂い立つ「思い」のようなものが現われて「ああ、やっぱり歌集っていいな」とつぶやいてしまった。十首をあげる。

ゆるやかに君とわれとの頭上ゆくきさらぎの夜の青き魚たち

かなしみがゆっくり沈んでゆくまでの君のかたへの空色の椅子

二十キロの蜜柑コンテナ積み上げてたくましき女はお嫌いですか

かたち成すもののふかしぎ爪切ればゆふべ小さき三日月こぼす

失ひし翼をわれに戻すやうにいつも背より抱きたる人

ぎしぎしの根を最後までぬくときの土のにほひとからっぽが好き

子がもどり荷物が戻りそののちをすこし疲れた猫もどりくる

夏真昼たったひとりで父は死に生きねばならぬ者らの夕餉

今われを通りぬけたるさびしさは風のかたちをした既視感(デジャ・ビュ)です

りんりんと雪のふるおともうあらず前のみ見よと言ふこゑのせり

後半は御両親の衰えと蜜柑作りの生活歌が多く、それも良いお歌がならんでいるのだが、私はやはり柔らかくどこかに恋を思わせるお歌が好きだ。僭越ながら私の歌作りに似通った部分を感じて、夢の中に漂いながらなお強く両足で立つ女性を感じるのだった。
6

2016/7/22

「NHK短歌テキスト」8月号  NHK短歌

この夏はまさか私が大風邪をひき、母が入院するなどと思わなかったので、ブログの記事もいい加減になりそうです。先日のパセリのその後はゆっくりながら成長を続け、お肉に添える程度にはなっているのですが、今年はもっと大きく育てて一斉に取り入れ、冷凍保存を目論んでいます。今年は四つも付いた黄桃の実も、一本は風で枝ごと折れ、残る三つがまるまると色もついて来ているのですが、早くも虫が狙っている状態でこの先食べられるかどうかわかりません。介護と病院看護の違いにいらつきながら、肝心の母が朝令暮改病状を変えるので、疲れることおびただしい日々です。

「NHK短歌テキスト」8月号は私が一席を頂いた「婚」のうたが載っている号です。歌は前にも載せましたが

婚姻の色に染まりて鼻まがるシャケの男の子よ元気であれよ  河野多香子

坂井修一氏評「シャケの成魚(雄)は鼻まがりで、婚期になると体が赤くなる。というわけで、一首はこれから繁殖行動に入る若鮭君への応援歌。上三句の言い回しが巧みで、素直な下句を支える。

放送の時より、ぴしっと評を締めてくださった気がしてありがたく嬉しいです。

今年のN短は、栗木さんの「駅」(三席入選)とこの一席だけで、「佳作」がまだありません。テキストに「うたの日」の知った人たちの名前を見ると羨ましい気がすると言ったら、「贅沢」と知人に言われました。確かにそうだけれど、まだ入選が無かったころから、「佳作に入る嬉しさ」知った人と並ぶ楽しさを味わってきたので、それは又その楽しみなのですね。
結社に入る人は「月詠」が必ず乗ることが「発表の場」として支えられている気持になると言っています。結社に依らない私達には、N短はそのような投稿の場であるとともに、色々な選者に目を通してもらえる場所なのだと思っています。
6

2016/7/15

毎日歌壇掲載  毎日歌壇他

琉球朝顔という宿根朝顔を二年前に買って、人に聞いたり検索をして栽培方法を探ったのですが、その年には咲かなかったのです。一年目には数が少なく、二年目からいっぱい咲くというので、次の年に待っていましたがやはり蕾を持ちませんでした。普通の朝顔と違って(昼顔の仲間)宿根だから無くならないけれど花が咲かないのはつまらないと思っていたら、三回目の今年たった一つの蕾がついて真っ白な花が咲きました。実はすっかり忘れて青い花だとばかり思っていたけれど、咲いてみて白い花のを買ったことを思い出しました。実質二年の間にも、記憶はこぼれて行くのですね。

6月27日の毎日歌壇で、伊藤一彦選に採って頂きました。

とちの木の下でちいさなままごとの皿にとちの実盛った夢の日   河野多香子

まあ9席でしたが、実は伊藤さんは去年の六月以来ちょうど一年目でした。その後は米川さんに採って頂いていたのですが、何だかぱたっととられなくなるのも淋しい物で、続けて出しはするけれど、いい加減な物になったりして、それが響いたのかも知れません。何にしても一年振りでも嬉しい物です。ありがとうございました。

三年前に母が入院したのも暑い七月で、私と共に九度の熱を出して肺炎になりかかったのでした。今年も私が風邪を引いて熱が上下するうちに母に移り、肺炎となって入院してしまいました。私自身も喘息がひどくなったり曇りや雨でもムシムシする気候の悪さに参っています。
90過ぎた老人は在宅でもだんだん弱るのに、入院をしたら身体機能はすぐに落ちます。早く家に戻したいと思いながら、二食の介助のために一日二回病院通いをしています。多分今月末には帰れそうなので、頑張ります。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ