2017/8/25

「伊勢物語 2段」と文法  古典(伊勢、源氏など)

短歌を始めた方で「文語は文法がわからなくて」と言う方が居る。私達「国文」系だったり、古典大好きだとかだと、忘れた分だけ調べれば済むけれど、そうでないと(年をとっても)勉強の仕方が分らないと言う声も聞く。「伊勢物語」二段の一部を原文と訳で少し載せてみようと思う。
二段は、西ノ京に住む女のところに男が出かけて行った。世間一般の女より優れた人だった。以下原文を付けて、訳を並べてみよう。

かたちよりは心なむまさりたりける。ひとりのみもあらざりけらし。それをかのまめ男、うち物語らひて、かへりきて、いかが思ひけむ、時はやよひのついたち、雨そぼふるにやりける。

(容貌も美しいが、心の優れた人だった。一人身の人ではないらしかった(つまり人妻であった)のに通って行って情を交わし、帰ってきて、女の元へ何を思ったのか文を送った。三月の一日で雨のそぼ降る時だった)

おきもせずねもせで夜をあかしては春のものとてながめくらしつ

(起きているとも眠ってしまう事もない状態で、あなたと夜を過ごしたので、帰ってきてから長雨を眺めながら、ぼうっと春のもの想いにふけっています)

私の原典は「伊勢物語精講」池田亀鑑著(学燈社)で昭和37年七版のものだから今では手に入らないだろうが、大学受験参考書と大学の授業用だったのではと思う。今でも有名な古文の受験参考書は作品ごとに出ているだろうと思う。「伊勢」を例に取れば原文の抜粋に、上段か下段に現代語訳。原文の後ろに語句の文法と解釈、そして時代背景などの注釈がついている。
上の二段では「やりける」は文を遣わすことだとか、「ながめ」の掛詞、暮らしつの「つ」は完了の助動詞「つ」の終止形、動詞の連用形に付くなどと書いてある。

歌を始めた人が「文語」を覚えたいので、先人の文語の歌を読んだり書き取ったりすると言うが、私は平の文ごと習った方がずっと身に付くと思う。「源氏」は長くて難解であるが「伊勢」は短くて歌物語だからとてもいいテキストになると人にも勧めている。
8

2017/8/18

「毎日歌壇」「読売歌壇」掲載  毎日歌壇他

私は投稿と言う物を「NHK短歌」からはじめて、三年前に「新聞歌壇」の投稿もはじめました。継続型の性格なのか、初めのころは不定期に出していたのを、今では毎週投稿を続けています。ネットからフォーム投稿出来るので、数倍の数が集まってくるとある選者の方がおっしゃっていました。
「N短」と「新聞」では傾向に違いはあると思うのですが(こういう投稿を低く見る向きの歌壇もあるらしいのですが結社にいてなお投稿好きの方もいます)歌を作って行く契機になるとも言えるでしょう。

8月7日付「毎日歌壇」米川千嘉子選に、一首採って頂きました。

雨傘を日傘に替えて登りゆく病院までの歩みゆっくり  河野多香子

ちょつと季節の替わりを詠んで見たのですが、私の怠け癖の心臓は坂とか階段を上りたがらないので、結句は「ゆっくり」になりました。この週は「対語」とか「繰り返し」の歌が並んでいたので、採られたかな(私のカンです)と思ったりして、米川さまありがとうございました。

8月7日付「読売歌壇」でも栗木京子選で一番しっぽに入れました。

夏の香はひまわり迷路の向こうから潮風に乗り届くおはよう  河野多香子

新聞の栗木さんはまだ二回目ですが「読売」のほうがネット上の知り合いは少ないです。常連さんを大事になさる方だと聞いているので、新人でも段々に採られるようになったらいいなと思います。栗木さまありがとうございました。
一日二首とか、連続何回が凄いと言う話もあるけれど、それはたまたまなので、ちょくちょく取られたら幸せと思います。
6

2017/8/11

大原の太巻き  短歌

近頃も作られているのか、一時太巻きの断面が華麗な模様になっているものをテレビなどで紹介していた。花や、パンダなどの柄で金太郎あめのようにどこを切っても、というもので、太さも直径五センチから十センチもあったように思う。この頃は節分に恵方巻きなどといって、一本丸かじりなどと行事のように言うが、それとは違う房州から常陸のほうのお盆や晴れの日の御馳走であったように思う。

我が家ははじめ内房に別荘があったが、あとから外房に買い替えて、そちらに行ってから太巻きを見かけるようになった。テレビでは「大原」の郷土料理として紹介されていたが、土地に知り合いがいなかったので、お店屋さんの店頭でお弁当として売られている太巻きの美味しさに魅せられたものだった。

常陸もと思ったのは、私の祖父が隠居して再婚した人が常陸の出だったからだ。その人は「太巻き」が得意で家へも御裾分けで到来した。とても美味しいのだけど、海苔を二枚繋げて巻くのがこつという直径七センチほどのお寿司は、夕飯にしてもお腹に溜まってそうは食べられなかった。

あれは何年ごろか、帝劇で「風と共に去りぬ」を上演するのに、本当の馬が出るのだそうだと祖父が切符を取って、皆を招待してくれたことがあった。ウィキで調べると1966年有馬稲子、那智わたるダブル主演で、どちらを見たのかは覚えていない。我が家から帝劇は近いが、祖父たちは柏にアパートを建てて住んでいたからかなり遠いのに、彼女は張り切ってみんなの分の太巻きを拵えて来てくれた。幕間に食堂へ行くのも観劇の楽しみではあるけれど、たいてい慌ただしいので、その時はその太巻きがとても美味しかったのを覚えている。

海苔二枚繋げて作る太巻きのパンダの顔がウインクしている  多香子
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ