2017/10/27

「学士会館」  

先日、中学校のクラス会が有って、学士会館のレストランに行ってきた。学士会館の中は入ったことがあるけれど、会食するのは初めてだと気が付いた。私の出た中学高校は〇〇女子学園の中で中高大と繋がっていたが、それぞれが校舎も別々で(今は中高一緒になった)同窓会は一つだが、クラス会はそれぞれクラス単位でやっている。
私は高校の方の幹事なので、母の介護の間も高校の方は三年ごとで参加していたのに、中学の方はずっと参加していなかったのだ。高校の方は斜め向かいの「如水会館」を何度か使って「学士会館」でやったことはなかった。

「学士会館」というのは、東大の会館の様だけど、今調べたら旧帝国大学の学士,修士、博士および教授職員などで構成される「学士会」をもとにした社団法人である。沿革は明治18年だから大層な歴史で、いまの錦町の建物は初め大正二年の木造建築が焼失後、関東大震災で再建ならず昭和三年ほぼ現在の形で建築されたものと言う。重厚なレンガ造りで基礎も耐震になっていて、戦後すぐGHQに接収されたが返還後内部改葬はしたのだろうが、あまり変わらずに国の「有形文化財」に指定されている。

この地域は明治のころに出来た多くの学校(今の大学の前身)が有ったところなので、斜め向かいには「一ツ橋大学」があり(土地名が一ツ橋)私が高校生ぐらいまで「一ツ橋講堂」が残っていた。その隣如水会館は建て直して、講堂の跡地も含めて立派なビルになっている。東京大学と言うのも「昌平黌」(今の湯島聖堂のところ)や蕃書調所、明治になっての大学南校などを集めて一つの大学になって行ったので、ここが初めと言うのでもないが、表に碑が立っている。

3,11のとき「九段会館」が天井が落ちて以後閉鎖になって居るから、何となく古い建物は怖いなあと思ったが、内部もどっしりとステンドグラスが廊下沿いにあり(叔母がステンドグラスを作っているが、地震には強いものなのだそうだ。)トイレなども新しくしてあって、さすがに「持ちそう」だなと思った。クラス会の感想は、そう言う重厚でグレードの高い場所でも女子校出のおばさんたちは臆せず、〇〇雀の名に恥じない騒ぎを上品に行えるものだと言う事だった。

外国の景と思いて「この道」を友と歌いし女学生の日 多香子
4

2017/10/20

秀歌(72)岩田正「角川九月号」31首より  秀歌読みましょう

岩田正さんは馬場あき子さんの御主人と言われてしまうけれど、お二人で「まひる野」から出て「かりん」を立ち上げずっと支えてこられた歌人。1924年生まれだからもう93歳か、近年デイサービスに通っているというので衰えたのかなあと思っていたら、発表される歌は変らずユーモアのあるお歌が並ぶ。若いころの闘志は分らないが、老いを避けない姿勢が気持ち良いような気がする。「角川短歌」九月号巻頭31首(というだけでそのエネルギーを凄いと思う)から八首を引く。

「小禽くる庭」

鳩の横すりぬけて雀餌あさる小禽らにみる共存のさま

曇天に射すくめられたる雀どち乾きし庭の苔をあされり

この夏は小禽の飢ゑきはまれり雀ら三和土(たたき)をつつきつづけり

知らぬこと考へぬことは幸せかセンターにあっけらかんの老女たち

老いらとのつきあひに疲る若きとのおのれ殺さぬつきあひぞよき

わが部屋のカーテンのすきより外を見るいつも待ってるたれかが来ると

我が知るは右門・銭形捕物帳神田界隈思ひ出といふは

母の炊くごはん黙っていたけれどうまきことなし少年われに

この他にセンターで「百人一首」の読み手がいなくなると困るので「行くのだ」と言う歌があったりして、少し子供っぽい面も出てきているかなと思ったりした。八首目は今なら言える(普通はあれが美味しかったと回想するのだが)美味しくなかったこと、母への不満ではないのだろうけど。
4

2017/10/13

「読売歌壇」「毎日歌壇」掲載  毎日歌壇他

今年は金木犀の木を目にすることが殆どなかったように思います。。私は花粉症で鼻馬鹿になっているので気が付かない事もあるだろうけれど、家から遠くに出かけず、歩いていくビル街の辺りにみあたらなかったのです。金木犀は一時「トイレの芳香剤」といわれて低く見られていたこともありました。散る時に一時に細かい咲き殻が落ちるので、掃除の手間もあるのか、都心では少なくなっているような気がします。それでも木犀は秋を告げる樹ではないでしょうか。

9月24日付「読売歌壇」俵万智選で一首掲載されました。

木犀の香るアトリエ今日きみは水彩の恋ひとつ仕上げる    河野多香子

俵さんとはずっと合わないような気がしていたけれど、(歌風が違うのではないから)そんな事ばかりではいけないかなと、少し前から時々出し始めていました。やっと採って貰えました。「読売」は大体投稿から一か月。早いと三週間のようです。歌の季節と掲載時の季節は合わなくても良いみたいです。俵さんありがとうございました。

10月2日付「毎日歌壇」米川千嘉子選で、採って頂きました。一番しっぽの掲載でしたが、やっぱりうれしいです。

夕暮れは淋しさよりもおそろしさ東京湾を飛びゆく黄蝶     河野多香子

突然の解散とか、〇〇党だとか嫌な風が吹いて来て、黄蝶というより緑色のスカーフを閃かせている方のことを思ったりしたのです。社会詠までは行かないものの選者に届いたかどうか、それでも採っていただいてありがたいです。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ