2018/4/27

秀歌(76)真中朋久「角川短歌」三月号より  秀歌読みましょう

真中朋久さんは塔の選者で1964年茨城生まれ、京大地球物理学修士というからいかにも「塔」だなあと言う気がする。天気予報士の資格も持っているが、防災工事などの現場仕事にかかわっていたようだ。私は「塔」誌で少し歌を読んだ位であまり知らなかった。四月から今年の「NHK短歌」の選者ということで、興味を持って読んだ「角川短歌」三月号の巻頭十首から五首を並べてみた。

「みずたまり」

とびこえるほどにもあらぬみづたまりきれぎれにそらをうつしてひかる

申しわけないがなにゆゑいきどほりゐるかわからず目を伏せて聞く

われをしも悪鬼のやうに言ふひとよ言ひつのるひとのうしろ背の闇よ

もうわすれてくださいといふこゑなどもありありとみみのそこにのこれる

大風呂敷たたまぬままに飛ぶ鳥の明日はかの人も辞めてゆくとぞ

この十首一連は職場の中でのいさかいを暗示して、作者もその相手も大人げない事という気持ちはあるのだろうが、「仕事」の中身が描かれない以上「肌の合わない」もの同士が一つ場所に居てしまった不幸のようなものを感じる。これは一種の男歌で、女同士はもっと陰湿になるから歌にはしないような気もする。(私の読みすぎだろうか)
そして私もいろいろ考えることはあるけれど、こういう憎み合いの様な歌は好きではないが、見せかけの優しさの歌よりも自分の立場を守るための戦いの歌としたらいっそいいのではないかと思った。読みにくいかなの羅列にも技巧が込められているのだろうと言う気にもなった。
4

2018/4/20

「読売歌壇」掲載  毎日歌壇他

今年の花の咲く速度の速さは、みんなあっけにとられているうちにどんどん咲いて、どんどん散ってしまいます。花海棠(はなかいどう)という、姫林檎のような少し濃いピンクの花の咲く木があって、大きくても2mくらいの優しい木です。北の丸にちょっとした花海棠の並木があるけれど今年は見ないうちに終わってしまうでしょう。と言うのも四月前半は武道館で毎日のように大学の入学式があるから、うかつに車で入ってはいけないのです。名前を覚えた「トキワマンサク」もあちこちの公園の生垣に濃いあずき色をみせはじめています。

4月10日付の「読売歌壇」俵万智選に久し振りに掲載されました。三席でした。

巻貝のような階段くだりゆき私のスカート潮騒となる   河野多香子

評】螺旋階段をとらえた上の句の比喩が瑞々しく、結句もうまく響きあっている。

私は普段からスカートしか履かないもので、こういう歌になるのかなと思いました。「貝」と「潮騒」がつきすぎと言われず「響きあっている」という評でほっとしました。「読売」は7か月ぶりぐらいで嬉しいのに、俵さんの素敵な評も頂けてニコニコしてしまいます。俵万智さまありがとうございます。

この回は、栗木さんの選で採られた掲示板「風」の風太郎さんとも同じ紙面に載っているので、それも嬉しい事でした。
5

2018/4/13

「花かげ」の碑  短歌

童謡「花かげ」は今の人は知らないだろうけど、少し年が行ったひとだと曲を聞けばああと思うだろう。昭和七年 作詞 大村主計(かずえ) 作曲 豊田義一で、お嫁に行く姉をしたって弟の大村主計が作った詩という。まず(三番まであるが)一番の歌詞だけを上げる。

一、十五夜お月様 ひとりぼち  
  桜吹雪の花かげに
  花嫁姿の おねえさま
  車にゆられて 行きました (ユーチューブで安田章子の歌が聴けます)

曲も哀調があり、何故か私は子供心にこのお姉さんはお嫁に行っても幸せには成らなかったのでは、などと空想していたけれど大人になって調べてみたら、それは弟の主計の寂しい心からのもので、決して不幸な話ではないと知った。大村は山梨県塩山市の生まれで、そこで亡くなっているし、姉の嫁ぎ先もそう遠くはない山を越えた村だったようだ。

私と母は以前よく山梨に旅行して、歴史遺跡や武田関連の場所を見に行ったりした。「塩山」という名前は海なし県の甲斐で、運んできた塩の貯蓄地であったのかもしれない。武田の時代、寺の築地塀に塩を練り込んでいざという時に備えたと言う話もあった。その塩の寺「向嶽寺」に大村家の菩提寺が有ったので、境内の外に「花かげの碑」がひっそりと建っていた。
桜は何本かあるのだけど碑に添うように一本の桜がひょろりとあって、私達が行った時ちらちらと風に舞ってくるのが、寂しげだった。近くにハイキングコースもあり、その時もお婆さんと子どもお母さんが車でお花見に来て楽しんでいたけれど、いまだに私の印象はのどかながら寂しい。

塩山の山懐に抱かれて桜ちらちら「花かげ」の碑に  多香子
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ