2018/8/3

『固い麺麭』長谷川径子歌集  歌集

長谷川径子さんは「中部短歌」の方で「そののち歌会」「風の歌会」にはじめから参加されていました。私は「そののち」の終わりぐらいから入れて頂いたので、先輩感はありました。『古今さらさら』をお送りしたので、28年に出された第二歌集『固い麺麭』本阿弥書店刊を恵贈下さいました。私より少し年若い、堅実なでもやっぱり短歌沼にはまっている方とお見受けしています。(お会いしたことはないのですけど)歌集より十首引かせて頂きます。

退職は武装の解除口紅をつけず散歩は川を見に行く

幼子を抱いてコアラをみる我は葉をふるわせるユーカリになる

赤い下駄履いてしまった猫なれば歌って踊って息が出来ない

金の鶴羽撃く布におおわれた母の鏡の暗闇深し

きんいろの狗尾草に気をつけなこころの中まで揺らしてしまう

しおり紐しっぽのように垂れている「ムーミン谷の彗星」ひらく

この屋敷縄張りとするぶち猫が庭の金魚を拐う月の夜

固い麺麭、ゴルゴンゾーラ冬に入る我を肯いつつ噛みしめる

眠れない長き夜をこめ打ち鳴らす我のうちなるたんばりんりん

誰も来ぬ小さな部屋に椅子ひとつ隠れ家(エルミタージュ)に飛ぶポンペイの鳥

猫の歌が思いのほか多く、それは愛しむことより野生の逞しさの猫のようで、ご自分もまた逞しく人生を切り開いてきたようにも読めました。(もちろん猫好きな事には変わりないでしょう)
集名の「固い麺麭」は子を育ておわり、年寄りの看取りも済ませて、これからの人生を「固い麺麭を噛みしめていくような」ものと思ったと言われているのですが、径子さんらしい堅実な考え方とは思うけれど、私からはもっと楽しく、もっと飛んで行ってくださいと言いたい気持ちになりました。「風の歌会」が休会となって寂しい思いもしていますが、それぞれの歌の道を行きながらまた同じ場で詠み合えることもあると思っています。
5

2018/1/5

1月の歌 北沢郁子『満月』より  歌集

新しい年の初めの月の歌は改まった品格のお歌がいいと思います。三年前に北沢郁子さんの「道」から新年のお歌を引かせて頂きました。今年も昨年末に出された第22歌集『満月』(不識書院刊)から、新年らしいお歌を並べることにします。
北沢さんも90をいくつか越えて、多くの歌集をお出しになりずっと落ち着いた清冽な歌風であっただけに、師匠もこの歌集には力を注いだ結果とても品の良い仕上がりとなっています。

イタリアの白き花瓶を送りくれしむかしの人の賀状とどきぬ

新年の服ととのへて紋付き鳥挨拶に来しと喜びて言ふ

風に揺るるカーテンの陰のシクラメン幸せといふべき図柄となさむ

暖かき陽差しよろこび笑ひ合う欠けたる前歯それはそれとして

鳥獣戯画の兔の踊る白き皿に盛りたるは菜の花の和へもの

ダヤンといふ猫のキャラクター大き眼を吊り上げこの世の悪を見てゐる

あといくばく残る思ひに付けて見る真珠のネックレス首に重たく

私は若い方の口語歌も好きですし、自分も飛び跳ねたような歌を詠みますが、年を重ねてなお力のある歌人のお歌は本当に手を差し伸べてくれている様な気がして心打たれます。
4

2017/4/21

吉川みほ『行き先の思い出せないバス』  歌集

今回ご紹介する『行き先の思い出せないバス』(フラスコ書房)は「うたの日」などでご一緒した吉川みほさんの歌集である。その出版形態が「電子書籍」+「オンデマンド出版」という、いま始まりつつある、私にはよく分らないが興味ある形なのだ。電子書籍はかなり広まったとはいえ中々出版界に定着しないようだし、「本の手ざわり」を求める人には「オンデマンド」で安価なものを手に出来るのはいいことなのだろう。「流通経済」の面となると中々ややしこしい事だろうけれど。

吉川さんの来歴はよく存じ上げないのだが、兵庫在住のネット古書店をやっていられる方。短歌はまだ二年ほどの「短歌クラスタ」で「うたの日」400日連続出詠を記念してこの本を作られたと言う。(結社10年で第一歌集が普通)私はびっくりして大丈夫かなあと恐る恐る読みはじめたが、危惧は裏切られ、一定以上のレベルを保つ歌で彩られていた。まず9首を引く

『行き先の思い出せないバス』

行き先の思い出せないバスに乗りほらまたひとり迷子になった

カーテンは脹らむ朝の風を受け動き始める今日という船

海と空のすべての青を閉じ込めてボトルシップが永遠をいく

蜂蜜の流れる速度で進む船 夕陽とともに海に溶けゆく

白昼の点景が陽に揺らめいて本当にバスは来るのだろうか

ああそうだクジラだったと思い出す バスは大きくカーブしていく

遊星の一つに降り立つ心地する私と駅員だけのホームで

噴水が花に埋もれて目を閉じるどこにも行けない舟の姿で

天の水ただ受け止めて一年の船底に満ちる紫陽花のはな

題名にもなった一首目は記念すべき「ドンマイ」の歌だそうで、私も歌は置く場所によって表情を変えると思っているのでこれは「成功」だろう。これによって「乗り物」「流れるもの」「運んでいく物」というテーマが構成された。私もこの9首を「船」を中心に選んでみた。現代の揺蕩いを詠うのは、今主流だけど言葉の使い方の優しい人と思った。
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ