2014/9/14

「そののち歌会」九月  「そののち歌会」

何だか慌ただしい中で「そののち歌会」153回がはじまって、自分ではこの歌会が一番大事なようにも思えるのだけど、歌が抒情的に読める時期と明るく突っ張っている時があるので、どんな歌がいいのか(歌会に合っているのか)なんて考えてしまったりしました。雨模様の湿気の強い日が続いたので、割合歌の方から来てくれた時期で(良い悪いは別にして)お題「家具」の難しさにも気にせず一首で仕上げました。
今回は詠草が揃ったら、結構かぶった家具があって、家具にはいろいろあるのに結局は「椅子」「テーブル」「箪笥」のようになってしまうのかと思いました。18人18首と少しゆったりした回でした。私の歌、お題「家具」

洗い髪のままに凭れる籐椅子の端の破れに思う古傷

籐椅子は肘掛が多くどうしてももたれたり、居眠りしたりするもので、もう一首籐椅子にまどろむお歌が出ました。詠草一覧で読みかえしてみると、少し重くて言葉の詰め過ぎを感じましたが、コメントにも言い過ぎと言う指摘はありました。4点頂きました。
今回は、選がしにくくて「わっこれが絶対好き」と言うお歌も無く反対に悪くないけど小さなところが気になると言うお歌が多かったのです。こんな言い方は生意気なのですが、選歌と言うのは結局は好き好きに依ってくるのだと思うのです。天賞ではなかったけれど、とてもよく出来たお歌に(泳二さんかなと思ったらやっぱりそうだった)ランディー・バースの新聞の写真のお歌があって、私でも名前は知っているので、そのくらいの人でもいいと思う歌だなと考えたのに、やっぱり野球好きじゃないし阪神タイガースに思い入れないしと選にはしませんでした。(泳二さんごめんなさい)

ゲストは「塔」の新人賞受賞者佐藤涼子さま。東日本大震災の被災者としての力強いお歌を詠む方と聞いています。
選外の歌にも全首評をいただいて、私の歌への評
<「思う古傷」が語り過ぎだと思います。「もしかしたら、昔の苦い思い出のことを考えているのかも知れない」と匂わせるくらいで良いと思います。>     佐藤様ありがとうございます。
3

2014/8/14

「そののち歌会」八月  「そののち歌会」

今年も例年のように暑い夏で、亜熱帯になったのではという通りのスコールのような雨が降ったり、昔はなかった竜巻は良く発生するわ、街中で雷に打たれて死ぬ人が出たりする。私などは、全部原発事故と阿部政権の暴走のせいだと見当違いの事を言いまわっている。

そんな八月の「そののち歌会」のお題が「詩」だったので、頭を抱えてしまいました。知人の「不識書院」さんに久しぶりに会って「そののちの風」の暫定版のプリントを渡して、ネット歌会の説明をしながら(彼はネットどころかパソコンも使わないので)「はじめの頃はコメントが大事と言っていたけれど、やっぱり点が欲しくなるのよね」と愚痴ったら、「それは駄目だよ。自分の歌は自分の歌、と言うスタンスで行かないと、透明感は保てない」と言うようなことを言われました。勿論正論ですけど、やっぱりねーと笑ってごまかしました。ネットには若い人が一万人位はいると話したら、どこでも若者がいないと言う話ばかりだからと喜んでいました。
お題の「詩」というのは、材料が何方向かあって、でもこの暑さの中で「詩」とはなんぞやと考えるのもつらいので、短歌ではない「詩」や「歌詞」を材料にして、「小諸なる古城のほとり」「月の砂漠」の歌を作ってみました。出来たけれどなんか違う。やはり「恋の歌」を出せるところには、なるべく恋の歌と思ってその前に作っていた「詩集」の歌を直して出しました。21人21首の「詩」が集まりました。やはり、詩の内容を下敷きにした叙景歌は無く、難解な物もありました。私の歌は

海近くさびれたカフェに君を待つコクトオ詩集をぽつぽつ読んで

悪くないコメントをいくつも頂き、コクトオ詩集の「私の耳は貝の殻 海の響きを懐かしむ」を引いて、説明して下さった方がいました。「海近く」はその文句を意識したので、技巧的と言われなくてよかったと思いました。点も9点頂いて、嬉しいことでした。
コクトオは普通コクトーと書くようですが、私の中ではやっぱりコクトオ。詩集よりも実は映画「オルフェ」「悲恋」、小説「恐るべき子供たち」などが好きなのですが、若い人は知らないかもしれません。
3

2014/7/17

「そののち歌会」七月  「そののち歌会」

東京はお盆でしたが、迎え送り火以外ほとんど何もしないで過ぎてしまいました。
七月の「そののち歌会」に参加しました。ゲストの石川美南さんは、外語大を出て同人誌「sai」「pool」による30代の女性。近頃では東直子さんと「怪談短歌」の募集歌などもやっていて、お名前は聞くが私はあまり読んだことがありませんでした。多少不思議とか怖いとかそういう世界を詠む方なのかしらなどと思いながら、今回はお歌を出されたという事で詠草が並んで、読んでみてもまたまた力作が多く、これがとは分かりませんでした。21首が出て、お題は「庭」です。

この時期の庭といえば、夏の庭、花はひまわりか朝顔。(本当は夏の花はもっと色々あるのに)そう思って詠んだ私の歌は

君降りまた帰りゆくあさなさな朝顔かぞえ庭に佇む

丁度七夕の前だったし、ギリシャ神話を読んだり日本神話に思いを馳せていたりしたので、なんとなく天上や異界との境が薄い時代を浮遊しているような歌が詠みたかった時期です。コメントにその意図は汲んでいただけたようでしたが、点は1点でした。やはり神秘性が薄かったか、線が細かったかともおもいました。1点を下さった方に感謝して次へ励もうと思います。

ゲストの石川美南さまが、選以外の全首評をくださいました。私の歌への評。
「北原白秋の「君かへす朝の敷石」を意識しているのでしょうか。冬ならば雪、夏ならば朝顔が、残る者の目にしみじみと焼きつくのでしょう。「あさなさな」と「また」が両方入っているのはちょっとしつこいかも。初句の字足らずも、あまり必然性を感じませんでした。」
私が大好きでいつも心にとめている「君かへす」の歌を引いてくださったのがうれしく、初句を「くだり」とふらなかったことを反省しました。石川美南様ありがとうございました。

「そののちの風」
「そののち歌会」が六周年を迎えその記念冊子を作るという事で、参加させていただきました。暫定版というものがコンビニプリントで取り出せるようになっていたのですが、ツイッターでの告知でしたので、ここにも載せませんでした。今日(17日)までなので何の役にも立たないかもしれませんが、番号を書いておきます。
セブンイレブン 70162516 A4×6P

3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ