2018/7/27

ハッカドロップスと「読売歌壇」掲載  毎日歌壇他

ドロップと言うとあの缶入りの「サクマドロップス」を思うのは私が年寄りだからでは無く、今の人も知っているロングセラー商品なのだろう。(だろう)と思って検索してみたら「佐久間製菓のサクマ式ドロップス」と「さくま製菓のサクマドロップス」の二種類があるらしいのです。そのいきさつは検索して読んでみて下さい。

私は割と小さい時から「ハッカ」の味がすきで、他の味のドロップはそんなに好きではなかったのです。この前「うたの日」に「ドロップ」「ハッカ」のお題が出た時、「ハッカ」や「白いドロップ」がきらい、出てくるとはずれ、残るものみたいな歌が多くてびっくりしました。それから何か月かして、同じような題の時は、反動のように大人っぽい味として「好き」と言う人が多かったので本当のところはどうなんだろうと思いました。
でもこの前業務スーパーに、すごい大袋にハッカドロップスばかりはいって200円ぐらいの特価品があったので、好まれていないからなのかなと思ったのです。私はその袋を勿論買って、数ヶ月で食べ尽くしました。

7月10付「読売歌壇」俵万智選で一首掲載されました。読売は競争率が高いのか(本当はのところは知らないです)中々とって貰えないのですが、俵さんには四月以来なので、割と直だった気がします。

ハマナスが咲いたときみが誘うから明日の私を忘れてうなずく   河野多香子

歌友から「乙女、おとめ」と言われましたが、私も大したカマトトな歌だと思います。そう言う乙女チックな心も掬い取って貰えたのは嬉しい事です。俵さまありがとうございました。
4

2018/7/13

「毎日歌壇」掲載と豪雨禍  毎日歌壇他

梅雨明けが六月中なのは何年振りとか騒ぐよりも、ひどい暑さが続いてクーラー嫌いのわが家でも仕方なくクーラーを入れざるを得ませんでした。七月に入っても暑さは続きそれから一転台風のニュースです。今年の豪雨も西日本でひどい災害の様子がテレビで映し出されあちらこちらの知り合いを思ってうろうろする日々でした。
その中で気象庁が梅雨明けの発表をしたりすると、そんなことはどうでも良いのではと思ったりしました。日本列島はすっかり「異常」で無くなった荒い気候、異国の話と思っていた「竜巻」の頻発、毎年気の揉める季節と言う事ですね。この暑さでの避難生活の困難さを思いつつも、ネットで各地に繋がっていることを良しとして皆様のご無事を祈っています。

七月二日付「毎日歌壇」米川千嘉子選で一首掲載されました。歌集に気を取られながらも、新聞投稿は気長に続けたいのでありがたいことです。

栞ひも取れてしまえばこの恋もすぎこしゆくすえ夢の紫陽花  河野多香子

六月の初めぐらいに出したので紫陽花の歌でしたが、今年の紫陽花は早く咲いて早く終わってしまいました。(場所によってはまだ咲いているのかもしれませんが)六月に叔母の葬儀で鎌倉(大船)に行った時、道の両側に綺麗に咲いている紫陽花を見ました。昔は鎌倉の主人の家の紫陽花が何処よりも綺麗と言った頃もあったと思い出します。歌はこんがらかりそうな恋の歌ですけれど。米川さまありがとうございました。
3

2018/6/15

「毎日歌壇」特選掲載とネプリ「みずつき」  毎日歌壇他

先月の終わりですが5月28日付「毎日歌壇」米川千嘉子選で特選を頂きました。米川さんにはこの所ひと月置きぐらいになっていたので、そろそろとって下さらないかなあなどと(本当の事ではないです)希求していたらなんと「特選」になりました。それはこの怒りが分って貰えた事と嬉しい思いです。

イカリソウ花咲くことを知らぬげに首相夫妻が外国に発つ  河野多香子

【評】錨(碇)の形の花を咲かせるからイカリソウ。珍しい花だが、この言葉には「怒り」の意味が重ねられている。

この歌には私の近所や周りの方からも共感を頂きました。あの首相ご夫妻は仲がいいのかどうなのか、奥様は色々話題の方だけれど海外に行く時だけは二人晴れ晴れとタラップで笑っているのをニュースで見ると、本当になにかがこみ上げてきます。米川さまありがとうございました。

千原こはぎさんがクラスタの水にかかわる歌を集めて作っていたネプリ「みずつき」もナンバーが7になるそうです。デザイナーの彼女は「割り付け」や企画が大好きなようで「とり歌会」なども主宰しています。(滋賀県の方なのが残念、お会いしたことはありません)私はツイッターアカウントを持っていませんが、「こはぎうた」のブログに質問したら「なしでいいですよ」と言われたので、初めて「みずつき」に参加しました。

私の歌は「明日香川」六首 ネプリの番号は先週載せたので、こはぎさんのブログのURLを貼ります。
kohagiuta.com/design/mizu7/web閲覧版・PDFダウンロード(印刷用)版はこちらから
71名のかたの426首の歌が読めます。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ