わたしたちは、子育て真っ最中の普通の母親達です。 月に一回、寺内定夫先生(財団法人文民教育協会理事長)をお迎えして、語らいの子育てについて学んでいます。 親子の絆が、穏やかに、深まるように・・ 子どもと接することが、多くの発見と豊かな感性を育み、楽しみに満ちたものであるように・・ わたしたちも、日々、努力しているところです。 おもに八王子市台町市民センターで活動しています。 子どもの感性、子育てのヒントを学ぶことはもちろん、子育て真っ最中の仲間たちとつながる場になっています。

2008/11/7

おしゃべり会  おしゃべり会

11/7(金)市民センターに集まって、おしゃべり会をしました。

おしゃべり会というのは、研究会に先立ち、
課題についての取り組みを話したり、
子どもや夫婦のかかわりの中で気になることを話したりするのが
目的ですが、いろんな方面に話がおよび、メンバーにとって、
とても有意義な時間となっています。

今回の参加者は、1グループのメンバーだけでしたが、8人参加。
『お父さんのことを子どもに語る』という、今月の課題に
ついて、いろいろと話が出ました。

父親のことを子どもに語るとき、父の批判ではなく、
あこがれの気持ちを深める話ができるかどうか
それが案外難しく、苦戦しているという話が出ました。

子どもが、父親のことを悪く言ったときが、父親のよいところを
話すよいチャンス!という意見も出て、なるほどと頷きました。
そのためには、夫婦の信頼関係と夫に対しての敬意が
もちろん大前提。
深い課題です。

       *   *   *

わたしたちの取り組んでいる子育て文化が広まるために・・・
という話の中で出てきた話題に、

 子どもを預けて自分の趣味に時間を使っても、
 預けている間の罪悪感や、すぐ引き戻される
 現実のことを考えると、心底楽しめない。
 だったら、母のために時間とお金を使う機会として、
 親子がともに楽しめる接し方や、考え方を学びたい。
 せっかく親になったんだもの、今しかできないこととして
 楽しみたい。

という意見が出て、一同、深く共感しました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ