2013/4/18

(無題)  

早漏の原因と対策
早漏の原因でまず一つ目に多いのは、精力剤若者に多いタイプの早漏で、亀頭が敏感なためにちょっとした刺激でもイッてしまう早漏です。このタイプの早漏は、亀頭部が包皮から露出ができ

ていない包茎の方が多く、包茎が深く関与していると考えられています。亀頭が敏感すぎる早漏の方は、刺激に強くするために亀頭に刺激を与えて鍛えたり、仮性包茎の方は、包茎矯正

グッズや、亀頭増大トレーニング(ペニス増大エクササイズの項参照)で亀頭を大きくして包茎を矯正?軽減するなど、とにかく亀頭を鍛えることが重要です。仮性包茎の方は、亀頭増大

トレーニングでだいぶ亀頭が露出するようになるはずです。他に手っ取り早い早漏防止法としては、敏感すぎる亀頭の感覚を一時的に鈍くする早漏防止スプレーなどを試してみるの も一

つの手です。

早漏のもう一つの原因は、心因性なもの(精神的な原因)です。性への劣等感、不安、緊張、ストレス、「早く射精してしまった経験」の記憶が頭から離れず、再びセックスをする際に

「また早くイってしまったらどうしよう」という不安が精神的な緊張となって、結果的に同じ事を繰り返してしまうパターンです。心因性の早漏克服のために大切なことは「自信をつけ

る事」です。まず、自分が早漏だということを忘れてしまいましょう。早漏だと思えば思うほど、早漏から抜け出すことは出来ません。「イッテはいけない」と思えば思うほど、すぐに

イッテしまいます。逆に、「イッテもイカなくても構わない」くらいの気持ちで、リラックスして臨んでください。

そう簡単に忘れられないとは思いますが、そうやって徐々に自分が早漏だということを頭から追い出し、だんだんと自信をつけてリラックスしていくことが早漏防止?早漏の克服には大切

です。
0

2013/4/12

(無題)  

EDの原因について

EDについて考えるとき、シアリス年齢のせいだから仕方がないと思う方も多いと思います。

確かに高年齢になるほどEDになる割合は高くなるといえます。

しかし、最近の研究ではEDの原因は加齢だけではないことがわかっています。

実際に若い方の中にもEDになる方はいるのです。

現代の社会にはEDの原因になる要素がたくさんあります。

例えば、知らず知らずのうちにストレスがたまっていた、不規則な食生活が続いていた、車で通勤しているうちに運動不足になった、あるいは連日、接待が続いて飲酒量が増えた、喫煙をやめられないといった生活習慣に起因してEDになることも多いのです。

さらに、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病を持っているとEDになる確率は大きく高まります。

正常な勃起状態では、まず性的刺激が脳からの信号により、神経を介して陰茎に伝わります。

次に信号を受けた陰茎では、陰茎海綿体の動脈が大きく広がって血液が流れ込みます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ