2013/4/25

(無題)  

シアリスは、バイアグラ、レビトラに続く、第三のED治療薬です。

バイアグラを超える特徴を持つED治療薬として注目されています。

日本での知名度はまだそれほど高くありませんが、欧米ではED治療薬としてポピュラーな薬の一つです。

シアリスの特徴を明らかにするためにバイアグラと比較してみましょう。

まず、効果作用時間ですが、バイアグラが約4〜5時間であるのに対して、シアリスは約36時間。

なんと丸一日と半日の間、効果作用を持続することになります。

これがシアリスの最も大きな特徴です。

また効果発現時間は、バイアグラの30分〜1時間に対して、シアリスでは約1時間となります。

またバイアグラは、服用の際は食事を軽めにしたり、空腹時に飲むことが推奨されていますが、シアリスには食事による影響はほとんどありません。

また食事の内容についても、バイアグラが脂肪分の多いものを食べると効果が遅れることがあるのに対して、シアリスは食事の内容にもほとんど影響をうけません。

またバイアグラは食後すぐに服用すると、効果が下がる場合がありますが、シアリスではそのようなこともありません。

ただシアリスの効果には個人差があるといわれています。

シアリスはバイアグラに比較して副作用も少ないといわれていますが、それでもバイアグラの副作用である顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻炎症状などがでる場合もあります。

いずれにせよ、ドクターに処方してもらうのが良いでしょう。

シアリスは、バイアグラやレビトラで効果が思うように得られなかった人にも効果を現す場合があります。

シアリスの主要成分は、タダラフィルです。

シアリスも基本的な特徴はバイアグラやレビトラと同じです。

すなわち、「勃起を解消してしまう体内酵素の働きを抑制する」、「性的刺激による勃起を補助する薬であって、服用しても勃起するわけではない」、「血管拡張作用があること」などが共通して挙げられます。
0

2013/4/19

(無題)  

ED(勃起不全)による影響は、性生活の欲求が満たされないだけでなく、生命維持に大きく影響します。
イギリスで行われて調査で、ED(勃起不全)で性生活が持続できなかった夫婦と、性生活を通常に送った夫婦と比較した、媚薬夫婦の死亡するリスクのと調査を行いました。

これによると、通常の性生活を送った夫婦に比べ、EDで性生活を断念した夫婦が、死亡するリスクが2倍高いことが、統計でわかりました。
また、この調査で、延命効果についても調べ、性行為に対して男性は回数を求め、女性は性行為の質を求めている結果、延命効果があることがわかりました。

この調査で、性行為が延命や死亡リスクに対して、重要な役割を担っていることがわかりました。
EDによって性行為が失われることは、夫婦にとって重大なことです。

性行為は、夫婦にとって日常のストレスを発散し、免疫力を高めます。
これは、「β-エンドルフィン」という脳内の神経伝達物質が大きく影響しています。
この「β-エンドルフィン」は性的行為の時に分泌される神経伝達物質で、満足物質あるいは快感物質という別名があります。

また、脳や肝臓、腎臓、すい臓等の各種臓器が「β-エンドルフィン」によって活性化され、勃起不全や老化を防ぐと言われています。
EDが夫婦に与える影響は、寿命も縮める可能性のある、深刻な問題であります。
EDが男性だけの病気でないことが実証されました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ