2012/12/2

アドバイザー 上原万里  

こんにちわ( ´ ▽ ` )ノ
35thアドバイザーばんりです(o^^o)
改めて言うのもあれですがw


こんなセリフは陳腐だと思うかもしれないですけど、

この一年はあっと言う間に過ぎましたね( ̄▽ ̄)

本当にあっヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3という間で、、、

自分らが改選やったのがこないだみたいに思えるんですよねσ(^_^;)

まぁ、この一年楽しく過ごせたからあっという間に感じるんだろうなってことにしときますw

僕自身、それなりに自分のアドバイザーとしての仕事とか役員としての仕事とか頑張ってきたつもりなんですが、
他の人から見て、どうだったんですかね??w
とてもとても、、、心配です(@ ̄ρ ̄@)

感想は僕のほうまで、、、
お問い合わせやご意見、ご要望、文句などは受け付けませんのでご了承ください。
愚痴は聞いてあげます。たぶん。



一年生\(^o^)/37th
TPに入ってくれてありがとう♪♪
テニスめちゃくちゃやりたいって人には申し訳ないくらいの練習の回数だったけど、
それでも、個人練や飲み会にも来てくれたり、オープンにも参加してくれてありがとう(^_^)
たくさんTPに来てくれたことに感謝します(^-^)/
まだまだこれからもたくさん楽しんでね♪♪

二年生\(^o^)/36th
この一年どうだったかな??
だんだん来てくれる子も少なくなってしまった中で、
TPのために時間を割いてくれてありがとうm(_ _)m
もうすぐしたら、36thによるTPの一年がスタートするね( ̄▽ ̄)
自分たちみたいに、人数が少なくてグダぁ〜ってならないように、
みんなと協力して、みんなと楽しんで、もちろん自分たちも楽しめるように、
がんばってねヾ(@⌒ー⌒@)ノ


四年生\(^o^)/34th
代交代してから、会う機会も減ってしまって、
みなさんがどうなってしまったのか全然把握できてませんが、w
とりあえず、、ありがとうございましたσ(^_^;)
前半は飲み会とかでもフォローいれてもらったり、
色々お世話になりました!
もうすぐ36thの代になりますが、まだまだ楽しんでいってくださいd( ̄  ̄)


と、、これくらいにしようかと思いますが、σ(^_^;)
別に、面白くもなんともない文章で、だからといって何か言いたいことがあったわけでもないですが、、、

僕はこの一年、楽しかったです( ´ ▽ ` )ノ
もちろん、あそこあぁしとけばよかったなぁとか
なんであんなことしたんだよっていう後悔とかはたくさんあります。
でも、そんなことは後にならないとわからないわけで、
とにかく毎日毎日、やることやることにチカラを向ければいいんじゃないかって思います。

えぇーー、そんなの無理(@ ̄ρ ̄@)って人は、ポイントポイントでがんばってくださいw
チカラ入れるべきときにはしっかり、休むべきときには思いっきりグデェ〜んとw

こないだ、就活のセミナーで講師の人が、
ダメな人を野球で例えて
「大体の人は、試合に出てプレーするために練習をする。基礎の筋トレや技術の習得。
でも、ダメな人は練習を大してしないのに、試合に出させろと言ってくる。しかも4番でピッチャーで。
そしてマウンドに立てば三振を、バッターボックスに立てばホームランを狙ってる。」

一部の天才を除いて、普通に考えれば無理っすよね(@ ̄ρ ̄@)w

、、書いてる途中に流れで思い出してこれ書き始めたけど、
めちゃくちゃ長くなっちゃいましたね( ̄▽ ̄)ごめんなさい

とにかく、言いたいことは、
結果を出したいなら、たくさん準備をしろってこと。
楽しく過ごしたいなら、それなりの準備と仕事が必要ってことすかね?


、、これ、、あんまこの日記に関係ねーやww

まぁまぁ、
自称読書家は文章書き出すと長くなるらしいですし、
書き出せば書き出したで、ゆっくり書くから中身が少しずつズレていって、
その中身もなんだか抽象的で説教くさいものになっていって、と
、、自称読書家の僕が言うので間違いないです。
僕がもうちょっと論理的に話せるようになるには、もうちょっと時間が必要なようです。(´・_・`)
まぁ、それはそれで思わぬ閃きを生み出したり生み出さなかったり、、、
、、、はい、なんでもないです(T ^ T)



てことでおわりまーす\(^o^)/←



T.P.P35期アドバイザー上原万里

一年間ありがとうございました。

テニスコートでお待ちしてます。d( ̄  ̄)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ