2012/8/31  0:04

再び、お久しぶりです><  エロスSM

いろいろとお世話をかけっぱなしで、まともな言葉もでてきませんが、
微妙な出血と痛みも治まり、
なんとか普通にネットしたり、ブログつくれるくらいにカラダが安定して参りました><


ずいぶんと長いこと、いろいろな葛藤などで悩んでいたのですが、
昨夜・・・ 歌舞伎町のお店にいたときに、
お相手だせていただいた方から、連絡をいただきました。

うれしかったです。もう3年も前のことだったそうですが、
これからも、セッション(プレイ)のオファーをいただいたときには、
体調の許す限り、承りたく思います。

心配なさる方もいるかもしれませんが、
そのためのどうしても必要な手続きは、済ませてあります。

プレイ等の時間につきましては、長年悩んだ結果、
基本的には「時間制限なし」でやっていきたいと思います。
(もちろん、最大でも10時間とかですが(−−;)

これらに関する問い合わせは、
ココ
よりお願いいたします。

もう、躊躇したり、悩むのはやめました。
開き直りの面もありますが、悔やむよりはよっぽどいいと思い至りました。

それによって、嫌悪されることもあると思っているのですが、
覚悟を決めました・・・。


ゆか/ (変名)京極みやび


タグ: 麻縄 一本鞭 吊り

2012/8/24  18:13

先日の相互リンクのご依頼について  ブログメンテ関連

じゅん様へ

相互リンクのご依頼、ありがとうございます^^

すぐにでも対応したいところなのですが、
本日、手術を受けたばかりで簡易的な日記を書くので限界な現在です(−−;

ちょっとまだ出血と痛みがやばい状態なので
後日、あらためてお返事いたします><

タグ: 相互リンク

2012/8/24  3:44

写真の構図  

初心者ながらも、なんとなくいくつか本かってみました。
今まで全然読んだこともさわったこともなかったから、
知らないことがいっぱいで、でもその分、
これから先、何をしようかっていう目的もあまり見つからないまま過ごしていたから、
こういうのがあるんだーっていうものに出会えてうれしかったです。

まず現在のわたしの知識と経験をさらけだすと、
撮った写真が「暗いか明るいか」「ぼけてるかどうか」しか正直わかりません。
それ以上について、わかるだけの経験は今はまだないかなぁ(−−;
経験的になんとなくわかっていたのは、
「グルメ写真」みたいのを撮るときに、
「人物といっしょに料理を画面に入れないと、
何を食べてるのかわからない」とかくらいかな^^;


ポートレートって、しばしば背景をぼかしたりとか、
あまり周囲の人ごみが写りこまないようにするとかあるんですね
わたし・・・ 一番好きなのは、セルフポートレートです。

でも、旅先や出先での風景もいっしょじゃないとどうしてもダメだったりします。
宇治方面で撮影したときに、かなり遠くにある赤い橋をどうしても入れたくて、
でも同時に自分も入れたいしと悩んだ結果、かなり無理やりになったり・・・。
もっとも、背景ぼかしのレンズもなかったのでぼかすも何もないのですけども。

でも、浅草仲見世とか、京都の二年坂とか、
いつでも人いっぱいな場所ってありますよね・・・。
あるいは撮影待ちの人がいっぱいいて、ディズニーランド並みに
並んでないととれない場所とか・・・。
(三脚を持ち歩こうものならからまれそうな場所もありますし・・・)

少し横道に入れば人も少なくて撮影しやすいのでは?と思われるかもしれないんですが、
人が多いとこで撮る絵が欲しいときもあったりして・・・。
今だから明かせるんですが、京都御所での撮影は相当にギリギリでした。
もともと予約しないと入れないというのに加えて、
基本的には全部ガイドツアーなので、私や友人も含めて、
参加者の大半はガイドさんの説明よりも撮影中心の人が大半でしたが、
それでもかつて天皇がいたという紫宸殿を背景にポートレートを撮るのは、
追い出される限界でなんとか撮りあげたという感じでした。
そうまでして撮りたいのか?というと、即答でYESです。
そこがかつての御所であり、承明門があって、紫宸殿があるからには、
なんとしても自分を写し込んで撮らなければならないと思いました(笑)


今回、ポートレートの写真を眺めていて思ったんですけど、
やっぱり私は、笑顔の写真はきっとあまり残さないと思います。
目線はときおりカメラに向けることもありますけど、
好みからいうと、「遠くのどこかを見ている目」のほうが昔から好きかなぁ。

「色合い」や「光」については、まだまだ全然わからくて、
それどころか「シャッタースピード」もぶっちゃけよくわかりません。
頭ではちょっとはわかっても、「実際に撮る」という経験が無い以上、
やっぱり私は何もわかってないんだと思います。

ただ、「やりすぎなポーズはNG?」については、
わたし的には、むしろやりすぎなほうが好きなので、
これからもそうすると思います。

あともうひとつは・・・・ これはきっといずれ重要になってくるかもしれないんですが、
「自分が満足するための写真なのか、人に見てもらうための写真なのか」
についてですが・・・。

私は正直なところ、秘密です(謎)


2012/8/23  2:23

Unveil Myself Eventually -Season2  

よくいろいろな人に、
”すっごい多趣味ですよね〜” って言われる。

たしかに、幅広く、いろいろなことを楽しんでるかもしれないです。
でも・・・ ぶっちゃけ、「表面的で、浅はか」な私です。
(→ 流石に本業まわりは別ですけどもそれはカット(−−;)

飽きやすいというのもあるんですけど、
これは言い訳にはならないと思うんですよね。

写真で被写体になっては(全部じゃないけども)大半は(私のせいで)中途半端、
縄についても中途半端未満で停滞中、
ここ最近で唯一自信持っていえるのは、大幅に体重落とせて、
リバウンドしない自負があることだけ。


で、とある方にアドバイスされて思ったんですが、
”あまりにも表面的すぎる”っていうのは、
思えば10代の頃からそうでした。
頭でっかちだったのも事実です。昔よりはかなりマシになったんですが、
今の年令を考えると、やっぱりちょっと・・・ もっと気合い入れたいな。

よく解釈すれば、「いろいろ楽しめてHAPPY!」なのでしょうけど、
「深み」がなかったら、やっぱりつまらないですよね・・・。

個人的な趣味で、これまた現状では表面的にですが、
和歌、古文(特に平安文学系)、古代史〜平安末期くらいと江戸時代、
については、たまたま友人にそれらを専門としている人もいたりして、
京都に頻繁に滞在するおかげもあるしで、
ちょっとだけ深目にやっているつもりです。
現地で自分の目で見れるのは、
その方面のリサーチでは(レベルに関係なく)ヨダレもので・・・。

話し戻すと、最近、マイカクテルにはまってました。
すっごい楽しかったし、今もたまにつくってます。
でも、ほんとに内輪の遊び程度で・・・。
それでいいじゃないかとも思わないでもないのですが・・・。

でも、カメラとか撮影についてだけは、
特別な思い入れがあります。

何年ていう時間がかかると思う。
でも、ほかに・・・ やりたいこと・・・ない。

あたし、旅先で、ファインダー越しで景色見ることのほうがきっと多いです。
嵐山の小倉山も、渡月橋も、奈良の原生林も、
貴船の川床も、宇治川も・・・。香港でさえも、
まずはファインダー越しだった・・・。後悔は微塵もないです。
こういった旅行をあまり好まない人も多いですけど、
私にとっては、旅先の風景よりも、
そこに自分と好きな人(写真には載せませんが)がいることが、大切で・・・。


このブログ、だんだんと本音で書くようになってきました。
前のお店から離れてもう・・・ 1年か・・・。
でもね、あの大地震があったとき、事務所にはじめにかけこんだのは、
あたしだったんですよ。お店が心配で、みんなが心配で、
マネージャーさんは怪我してないかなとか、
当時の同僚さんたちは、大丈夫だったのかな?とか・・・。
倒れて崩壊した机に、落ちてしまったゴッホのひまわりコピー。

あたしは、次の日も大地もビルも揺れていました。でも、あたしは出勤しました。
店を愛していたから。

長文な上に、話もずれてしまったなぁ・・・。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ