2013/9/2

朝鮮半島収容所77 脱獄フィリピン人テロリスト 朝鮮工作員…  

#ккк #шшш #半島収容所77 #脱獄 #フィリピン人テロリスト #朝鮮工作員

#朝鮮半島、北朝鮮、#強制収容所、#拉致
http://p212.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0902ZEiyswkaxLWR/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.officej1.com%2Fbubble%2Fjigoku-17.html&_jig_keyword_=%94%BC%93%87%20%8E%FB%97e%8F%8A&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2594%25BC%2593%2587%2B%258E%25FB%2597e%258F%258A%26b%3D3%26trans%3D1%26ss%3D3&_jig_source_=srch&guid=on



朝鮮半島

90年代に入る頃から、朝鮮半島に対する話題がゆるやかに浮上してきます。

朝鮮半島への日本人の感情は、戦後、長く無視され、忘れ去られていました。

それが浮上してくるのは、日本のバブル景気から生まれてきた在日の犯罪や韓国人の犯罪、北朝鮮からのドラッグやトカレフなどの銃器の密輸、風俗産業への韓国女性の浸透とトラブルなど、マスコミが報道を抑えてはいましたが、次第に関心が集まり始めていました。

マスコミの恐れは人種差別に繋がる、容易に燃え広がる土壌を持っているからだと思います。

次第に現れてくる朝鮮に関する報道が侮蔑的なもの、日本の優位を誇るような内容になっていくのは避けられないものでありました。

そして韓国側も、日本及び日本人に対する侮蔑が戦後すぐから充満したものでありました。

侮辱合戦は次第にエスカレートしてきており、近年では韓国の侮辱行動は、日韓以外の世界を巻き込む形になっており、韓国人に北朝鮮が侵入してきた時に、誰と戦うかという質問に「日本」と答えるという異様な状況になっています。


北朝鮮

在日のパチンコ・マネーが北朝鮮に流れ、それがミサイル開発や核開発に使用されているという噂は相当に前からあり、米軍からも日本政府に対して再々の警告があったとされています。

しかし、国内は社会党、共産党の左派勢力が北朝鮮への締め付けを妨害しており、政権党の中でも利権がらみで北を擁護する人々がおり、朝鮮総連の日本政府への抗議動員力は並みのものではなく、マスコミも暴力的な抗議に対応できずに沈黙することがしばしばであったといいます。

北朝鮮は在日の資産を困窮する経済に不可欠なものとし、在日朝鮮人のための金融機関である朝銀(朝銀信用組合)に手を伸ばし、人事権を使って傘下に置き、朝鮮総連が実質的に経営権を握ることになります。

北朝鮮は、帰国した在日の人々を人質に取った脅迫などで、在日のマネーを、手を替え品を替えて収奪していきます。

バブル期に入ると総連は、北朝鮮からの献金要請に応えるために自らパチンコチェーンを作り、不動産業=地上げに携わっていきます。

そこらの話は、金賛汀「将軍様の錬金術―朝銀破綻と総連ダークマネー―」に詳しく書かれています。

バブル崩壊により、北朝鮮に献金した金がすべて不良債権になり、地上げなどの不動産関係でも凄まじい赤字を生み出し、97年大阪朝銀の破綻を切欠に、各地の朝銀が破綻していきます。

Wikiから『破綻原因の不明瞭さとそれに関連した朝鮮総連中央本部への強制捜査に伴う一部の在日朝鮮人による組織的な反発活動、および破綻処理に伴う1兆4千億円の公的資金導入などから朝銀事件とも呼ばれた。』詳しくは朝銀の破綻と公的資金投入の歴史を参考にして下さい。

破綻原因の不明とは、全国に広がる独立しているとされていた朝銀が実質的に朝鮮総連が経営していた実態や、足利銀行などを通じた北朝鮮への資金、万景峰号による現金持ち出し、万景峰号に乗船した北の高官から日本や韓国に潜むスパイへの指令、在日朝鮮人を使った各種工作、破壊活動、日本人の拉致などが行われていた実態が次第に明らかになって行きます。

朝鮮問題は、戦後のタブー、闇でした。それがようやく白日の下に晒されて来たのですが、闇はまだまだ深いものがありました。


朝鮮総連(在日朝鮮人)の実態


不正取引に対する家宅捜索、朝鮮総連本部の差し押さえなどに在日朝鮮人による激しい妨害が起き、その都度、周囲は騒然とします。
2006年11月総連本部前


朝銀そして朝鮮総連の問題は、反朝鮮感情が盛り上がるのを恐れるマスコミや一部政治家により、それほど大きな問題に発展しませんでした。

それが世論を一変させるようになるのは拉致問題でした。

その前から拉致家族の奮闘により、次第に関心が高まってきてはいましたが、小泉首相の訪朝2002年により、拉致問題が金正日との会談で取り上げられ、金正日がそれを認めたことで、一気に話題が沸騰し、小泉首相の強い力の下で、一部の拉致された人達が帰国できたことが大きな話題になりました。

国民を守るとは何かを拉致家族が政府に突きつけたことが世論の雰囲気を大きく変えていきます。

北朝鮮の話題は、以前から、北朝鮮に関心のある人々の間で、北朝鮮経済や人権無視の惨状の凄まじさがゆっくりと、確実に語られるようになっていましたが、拉致問題を切欠に溢れんばかりに情報が氾濫していきます。

私なんかの関心は昔の朝鮮風俗だったりしたものですから、80年代半ばくらいから報道された中身は驚ろくべきものでした。

凍土の共和国テリー伊藤「お笑い北朝鮮」

中でも強制収容所の惨状は、これが人間のやることかという、ナチスを上回る残忍性に満ちていました。

飢餓の蔓延と脱北者の増大は、北朝鮮の素顔を知らしめるものとなっていきます。

姜哲煥・安赫「北朝鮮脱出」

安明哲氏の著書「完全統制区域」の挿絵


そして拉致事件です。

金正日自身が認めたことで、疑問の余地もなく、中でも少女であった横田めぐみちゃんの拉致は日本全体を巻き込み、その余波はアメリカにまで及ぶものになりました。

反朝鮮感情を強め、国民の意識は大きく変化し、左翼は右傾化を強く警戒するようになります。

【MAD】横田めぐみさん拉致事件【ここにしか咲かない花】


韓国

韓国に対するものは、庶民レベルのもので、世界中に散らばった朝鮮人たちの話(コリアン世界の旅)よりも、根本敬の小汚らしい漫画を書き込んだディープコリアに、愛すべきものであると同時に避けたい人間群像は異様なものを感じさせるものでした。

2003年の冬ソナからヨン様ブームを契機として、韓国ブランド委員会や電通による韓流がごり押する形へ、それがやがて「知れば知るほど嫌いになる」という嫌韓流を産み出していく源流となります。

野村進「コリアン世界の旅」

根本敬「ザディープコリア」

ディープコリアから

宝島からも別冊が出ました。

児玉房子さんの写真は、良いですねぇ。

韓国の方々は、こういうのを恥と思われるのでしょうが、こういう本当の姿の方が本当の韓流になるのでしょうが・・・・・。




クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/9/2

2. プルトニウム-羅:Plutonium 94元素Pu  

#ккк #шшш #朝鮮工作員 #電力テロ

#プルトニウム - Wikipedia
4/9 Page〜
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3
http://p146.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0902A1MxQSNClTxX/9P?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2588%25E3%2583%258B%25E3%2582%25A6%25E3%2583%25A0&_jig_keyword_=%CC%DF%D9%C4%C6%B3%D1&guid=on&_jig_xargs_=R



臨界管理[編集]

科学者2人の命を奪ったデーモン・コア

プルトニウムの臨界量はウラン235の3分の1しかないので、臨界量に近い量のプルトニウムが蓄積しないように注意しなければならない。形状が重要である。すなわち球体のようなコンパクトな形にしてはならないのである。溶液状のプルトニウムは固体より少ない量で臨界量に達する。それが単に溶けるか破片になるのではなく爆発するためには超臨界を大きく越える量を必要とするので、兵器級の核爆発は偶然に生じることは有りえない。しかしながら、ひとたび臨界量に達すれば致死量の放射線が発生する。

臨界事故は過去に何度か起きており、それらのうちのいくつかで死者を出している。核開発の草創期の事故として著名なのが、いわゆる「デーモン・コア」の事例である。1945年8月21日、ロスアラモス国立研究所で致死量の放射線を発生させた事故は、6.2 kgの球状プルトニウムを囲んだ炭化タングステンレンガの不注意な取り扱いに起因していた。このとき科学者ハリー・ダリアンは推定510 rem (5.1 Sv) の被曝をし4週間後に死亡した。その9か月後に、別のロスアラモスの科学者ルイス・スローティンは、ベリリウムの反射材、および以前にダリアンの生命を奪ったのとまさに同じプルトニウムコアによる同様の事故で死亡した。二人の科学者の命を奪ったプルトニウムコアは「デーモン・コア」と名づけられた。これらの出来事は、1989年の映画「シャドー・メーカーズ」でかなり正確に描写された。1958年には、ロスアラモスのプルトニウム精製工程で、混合容器の中で臨界量が形成され、クレーン操作員が死亡した。この種の事故が、ソ連等の国で起こった(詳しくは原子力事故を参照)。1986年のチェルノブイリの事故は
、大量のプルトニウムの放出を引き起こした。

さらには、金属プルトニウムには発火の危険がある。特に素材が微粒子に分割されている場合が危険である。金属プルトニウムは酸素および水と反応し、水素化プルトニウム、ピロリン酸化合物が蓄積する可能性があり、これらは室温の空気中で発火する物質である。プルトニウムが酸化してその容器を壊すとともに、プルトニウムが相当に拡散する。燃えている物質の放射能は危険性が増す。酸化マグネシウムの砂は、プルトニウム火災を消火するための最も有効な素材である。それはヒートシンクとして働き燃えている物質を冷やし、同時に酸素を遮断する。

1969年にコロラド州ボルダーの近くにあるロッキーフラッツ工場でプルトニウムが主な発火源になった火災があった[25]。これらの問題を回避するために、どんな形態であれプルトニウムを保管・取り扱う場合は特別の警戒が必要である。一般的に、乾燥した不活性ガスが必要である[26]。

余剰兵器の解体で発生するプルトニウム[編集]

ラジウムあるいは炭素14のような自然に生じる放射性同位体とは対照的に、プルトニウムは冷戦中に兵器製造のために大量に(数百トン)濃縮・製造・分離されたことは注目すべきである。1944年から1994年までの期間にアメリカ合衆国だけで、110トンのプルトニウムを分離し、今なお100トンを保有している。化学兵器、生物兵器と異なり、化学過程ではそれらを破壊することができないので、これらの備蓄は、武器形式であるかどうかに関わらず重大な問題を提起する。余剰の兵器級プルトニウムを処分する1つの提案はそれを高レベルの放射性同位体(例えば使用済み原子炉燃料)と混合することである。こうして潜在的な盗取、あるいはテロリストによる取り扱いを防止する。別の手段としては、ウランとそれを混合し原子炉用燃料(混合酸化物すなわちMOXアプローチ)として消費することである。これは239Pu の多くを核分裂により破壊するだけでなく、残りのかなりの部分を核兵器としては役立たない240Pu およびより重い同位体に変化させることができる[27]。

規制[編集]

日本では、プルトニウムの全ての同位体は核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律で、その保管、取り扱いを規制されているとともに、外国為替法の中で国際規制物資として輸出入が規制されている。

歴史[編集]

最初はウォルター・ラッセルによって存在が予想されていたが、ウラン238に中性子を照射してプルトニウムとネプツニウムを合成することは、1940年に二つのチームが互いに独立に予想した。カリフォルニア大学バークレー放射線研究所のエドウィン・M・マクミランとフィリップ・アベルソン、そしてケンブリッジ大学キャベンディッシュ研究所のノーマン・フェザーとイーゴン・ブレッチャーだった。偶然にも、両チームともが、外惑星の並びに似せて、ウランに続く同じ名前を提案していた。

最初に合成・分離したのは1941年2月23日、アメリカの化学者グレン・T・シーボーグ博士、エドウィン・M・マクミラン、J・W・ケネディー、およびA・C・ワールで、バークレーの60インチサイクロトロンを使ってウランに重水素を衝突させる方法によって合成されたプルトニウム238である。この発見は戦時下だったため秘匿された。原子番号92のウラン、93のネプツニウムがそれぞれ太陽系の惑星の天王星、海王星にちなんで命名されていたため、これに倣って当時海王星の次の惑星と考えられていた冥王星 plutoから命名された。シーボーグは冗談で元素記号として「糞」を意味する俗語pooに通じる Pu の文字を選んだが、特に問題にならずに周期表に採用された。マンハッタン計画で、最初のプルトニウム生産炉がオークリッジに建設された。後にプルトニウム生産のための大型の炉がワシントン州ハンフォードに建造されたが、このプルトニウムは最初の原子爆弾に使用され、ニューメキシコ州ホワイトサンドのトリニティー実験場で核実験に使われた。また、ここのプルトニウムがプ
ルトニウムの発見からわずか5年後、第二次世界大戦末の1945年、原子爆弾ファットマンとして長崎市に投下された


冷戦時代を通じて、ソビエト連邦とアメリカ合衆国の双方で厖大な量のプルトニウムの備蓄が行われた。1982年までに推定300トンのプルトニウムが蓄積された。冷戦の終了とともに、こうしたプルトニウムの備蓄が、核拡散の恐れの焦点となった。2002年にアメリカ合衆国エネルギー省は、同国防省から34トンの余剰の兵器級プルトニウムの所有権を譲り受けた。2003年初頭の時点で、合衆国内にあるいくつかの原子力発電所において、プルトニウムの在庫を焼却する手段として濃縮ウラン燃料からMOX燃料へ転換することを検討している。

プルトニウムが発見されてから数年の間、その生物学的・物理的特性はほとんど知られていなかった。そこで、合衆国政府およびその代理として活動する私的組織によって一連の放射線人体実験が行われた。第二次世界大戦の間から戦後に渡り、マンハッタン計画やその他の核兵器研究プロジェクトに従事した科学者が、実験動物や人体へのプルトニウムの影響を調べる研究を行った。人体に関しては、末期患者あるいは高齢や慢性病のため余命10年未満の入院患者に対し、(典型的には)5 gのプルトニウムを含む溶液を注射することにより実施された。この注射は、こうした患者のインフォームド・コンセント無しに行われた[28]。

参考文献[編集]

[ヘルプ]

^ Magnetic susceptibility of the elements and inorganic compounds, in Handbook of Chemistry and Physics 81st edition, CRC press.

^ BNL-NCS 51363, vol. II(1981), pages 835ff

^ http://www2.qe.eng.hokudai.ac.jp/nuclear-accident/radio_act/pdf/Q_and_A-25-detail.pdf北海道大学 工学研究院

^ National Academy of Sciences, Committee on International Security and Arms Control (1994). Management and Disposition of Excess Weapons Plutonium.

^ 松岡理 「Plutonium」1993年1月第一号 原子燃料政策委員会発行

^ 今中哲二「セラフィールド再処理工場からの放射能放出と白血病」原子力資料情報室通信369号、2005/3/1

^ Human Health Fact Sheet アルゴンヌ国立研究所 2001年10月

^ The Chemistry of Actinide Elements Argonne National Laboratory

^ 物性物理学における超臨界とは意味が異なることに注意。原子炉工学でいうこちらは核分裂連鎖反応が時間とともに増加することを意味する。

^ 槌田敦「日本核武装によるアジア核戦争の恐怖」、核開発に反対する物理研究者の会通信、第42号、2006年12月

^ Lawrence Livermore National Laboratory (2006). Scientists resolve 60-year-old plutonium questions. Retrieved on 2006-06-06.http://www.sciencedaily.com/releases/2006/06/060607084030.htm

^ 長崎県原爆被爆者対策課発行 放射能Q&Ahttp://www.med.nagasaki-u.ac.jp/renew/information/interna_heal_j/a7.html

^a b c プルトニウムの人体影響 : 高等学校 : あとみん-原子力・エネルギー教育支援情報提供サイト

^ 相次ぐヨウ素やプルトニウム検出―我々の生活はどのぐらい危険か - ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

^a b 松岡理 「プルトニウム物語」

^a b c プルトニウムの毒性と取扱い (原子力百科事典 ATOMICA)

^a b c 京都大学 原子炉実験所 小出 裕章 プルトニウムという放射能とその被曝の特徴 2006年7月15日

^ Human Health Fact Sheet アルゴンヌ国立研究所 2001年10月

^ 原子力安全委員会資料 原子力安全白書

^ 20 years for liver and 50 years for skeleton アイダホ大学

^ 実効線量係数

^ 内部被ばくに関する線量換算係数 (財)原子力安全研究協会

^ プルトニウムの被ばく事故

^ あとみん (3)発がん性

^ Crooks, William J. (2002). Nuclear Criticality Safety Engineering Training Module 10 - Criticality Safety in Material Processing Operations, Part 1. Retrieved on 2006-02-15.

^ Matlack, George: A Plutonium Primer: An Introduction to Plutonium Chemistry and It's Radioactivity (LA-UR-02-6594)

^ National Academy of Sciences, Committee on International Security and Arms Control (1994). Management and Disposition of Excess Weapons Plutonium.

^ Eileen Welsome, The Plutonium Files: America's Secret Medical Experiments in the Cold War (邦訳 プルトニウムファイル〈上〉〈下〉)

関連項目[編集]

グリーンピース

原子爆弾

原子力電池

原子炉

グレン・シーボーグ

エミリオ・セグレ

転換炉

プルサーマル

爆縮レンズ

プルトニウム物語 頼れる仲間プルト君

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、プルトニウムに関連するメディアがあります。

原子力百科事典 ATOMICA トップページ(運営:財団法人 高度情報科学技術研究機構)

プルトニウム核種の生成 (原子力百科事典 ATOMICA)

プルトニウム燃料 (原子力百科事典 ATOMICA)

プルトニウム燃料の特徴 (原子力百科事典 ATOMICA)

プルトニウムの毒性と取扱い (原子力百科事典 ATOMICA)

プルトニウムの被ばく事故 (原子力百科事典 ATOMICA)

プルトニウムの放射能濃度測定 (原子力百科事典 ATOMICA)

原爆用と産業用プルトニウムとの組成の比較 (原子力百科事典 ATOMICA)

「Plutonium」-Encyclopedia of Earthにある「プルトニウム」についての項目(英語)。



クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ