2010/4/21

加害者側の保険会社からの最初の連絡  回想

事故翌日の診察後、会社に連絡を入れ、とりあえず1週間の休みをもらうこととなった。
正直仕事など出来る状態ではない。首は酷く痛み、左の小指と薬指から肘、肩の後ろに掛けてはずっと痺れている。日赤の医師が事故と関係ないと言った症状に苦しめられる。
左わき腹も痛いし、吐き気にも襲われる。医師の言葉が正しいならば、私は交通事故と無関係な症状に苦しめられているか、あるいは仮病なのだろうが、当然後者ではない。事実として、交通事故前には一度も起こったことが無く、交通事故後に初めて起きた症状だ。

だがそんな状態でもいろんな対応をしなければならない、会社への連絡だけでは済まないのだ。
その1つが加害者の任意保険からの連絡と、その後の対応についての話し合いだ。

その担当は開口一番、『最大でも90万円しか支払いませんから』と吐き捨てた。
続きを読む
2
タグ: 交通事故

2010/4/5

事故翌日の診察  回想

事故の翌日、前日救急車に運ばれた際に当直医に「専門ではないので明日専門医に診てもらうよう」と言われていたこともあり、日赤病院へと向かっていた。
午前9時過ぎに病院に着き受付に出向き、形成外科に行くようにと言われる。
形成外科で待っているとそこの受付に呼び出され「何でこんなところにきたの?」と言われて整形外科に回される。言われたままに来ただけなのにその言い様はないだろう。

仕方なく今度は整形外科の待合に、ここで昨日一緒に運ばれた被害者と再開。
「もう終わったの?」
と訊かれたので、
「形整回されて追い返されてまだ診てもらっていない」
と答える。すると、
「じゃあ頭とかも診てもらってないんだ?」
と返される。頭も何も、こちらは形成外科と言われ、そこでは整形外科だと言われただけなので…
「診てもらうように言った方がいいよ」
その言葉にただ頷いていた。
続きを読む
1
タグ: 交通事故

2010/3/29

ドライブレコーダーのススメ  経験則

この交通事故を経験して、全てのドライバーに言いたいことがある。
もし可能であるならば、ドライブレコーダーを導入して欲しい。

私が被った追突事故は、加害者に100%の責任がある事故だった。
6台への追突事故、また市内でも有数の交通量のある国道で、夕方近い時間帯だったこともあって目撃者も多く、加害者は言い逃れすら出来ない状況にあったと言える。

でももしあなたが交通事故に巻き込まれた時、他に誰も目撃者がいなかったとしたらどうであろう?
自分と相手だけで目撃者もいない事故だったとしたら、実際には相手が信号無視で追突してきたのだが相手がウソをついて「絶対おれの方が青信号だった」と言い張ったとしたら、あなたは自分が正しいとどうやって証明できるだろうか?

実はこれに関わる、恐ろしい話を私はネットで聞いたことがある。
交通事故にあう前、某掲示板でドライブレコーダーの話をした時のことだ。
続きを読む
2

2010/3/26

事故当日の診察  回想

救急車が病院に到着し、私と他2名が救急用の入口から中に入る。
看護師に連れられ、順にレントゲンを撮ることとなるが、その間廊下の長椅子でかなり待たされる。怪我のせいでそう感じたのかも知れない。ただただ首などの痛みに耐えるしかなかった。
レントゲンを待つ間、看護師から軽く質問をされ、体温計を渡される。ようやくレントゲン撮影を終えると、当直の医師の元へと通される。

医師に向かって痛い箇所や今までの症状を告げる。
いきなり衝撃があって、気がついたらシートが壊れて天井を向いていたこと。
首と右腕に酷い痛みがあり、救急車で運ばれる途中で吐き気を覚えたこと。
その後レントゲン写真の説明を受ける、見たところ異常はないとのこと。
だがその先生は外科は専門ではないとのことで、また交通事故は後日症状が出ることもあるから、必ず明日外科に見てもらいに来てくれ、とのことだった。また急に具合が悪くなったらいつでもすぐに病院に来いとも。
そして用心のためにと首にコルセットを巻かれた。苦しかったが、何かあっても首にはダメージがいかないという説明を受け、嫌々ながら装着した。
続きを読む
0
タグ: 交通事故

2010/3/20

病院へ  回想

最初にパトカーが到着したのは反対車線だったと記憶している。
事故現場は国道のT字路交差点の手前、1つ前の交差点からは300m以上はあるだろうか、それを埋め尽くすように車が並んでいた。
市内の主要道路の1つである国道45号線、午後4時を過ぎて交通量も多いからであろうこの渋滞、さらには途中の脇道に入る車などにより事故現場にたどり着けず、反対車線に停めざるを得なかったのだろう。

警官がきて加害者や被害者に事情を聞く。私にも。
私は「信号待ちで停止していたら突然衝撃があった」と答える。
前の車に追突したか聞かれたが分からないと答える、覚えていないのだ。
どうなったのかをこちらから聞き返すと、6台玉突き事故だと教えられた。

すぐに救急車がくると言われ、車中の荷物を取りだす。眼鏡も探してみるが見つからない。他にも見つからないモノが1つ2つある。
仕方がないので出ようとした時に、運転席のシートが倒れていたことに改めて気が付く。
それを何気なく戻そうとしたが止まらない、また後ろへと倒れていく。繋ぎ目か何かが壊れているようだ。
続きを読む
1
タグ: 交通事故



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ