アセンションは占いか!?  アセンション

『アセンションは占いですか??』

よく耳にする質問です。

もちろん答えは、

NOです。

アセンションは「神聖」という部分では占いと共通していますが、

非科学的な占いとは明らかに一線を画しています。


そもそも占いとは3つに分類されているのをご存知でしょうか?

『命』『卜』『相』の3つなのですが、

知らない方も多いと思いますのでご説明しましょう。

『命』とは、生年月日や生まれた時間から、

人間の運命や宿命を鑑定します。

占星術、四柱推命などが有名です。

『卜』は、人生における決断や選択に迷った時に、

ベストな答えを教えてくれるものです。

タロット占いが代表的な『卜』です。

『相』は、必ずしも非科学的とは言えないもので、

容姿や形態から様々な情報を読み取り、

統計学に基づいて判断していきます。

風水や手相、姓名判断がこれにあたります。


以上の3つなのですが、

お分かり頂けたでしょうか?

自分に必要な『占い』を知る事で、

より効果的な鑑定が受けられますので、

知っておくと良いでしょう。
0
タグ: 占い マヤ タロット

マヤ文明  アセンション

アセンション・フォトンベルトについてはご理解いただけたでしょうか?

アセンション、フォトンベルトと深い関わり合いを持つ、

マヤ文明についてお話します。

アマ文明は、考古学者にとって、もっとも魅力的な研究対象とされていて、

ロマンに満ちています。

「謎の古代文明」として認識されていて、現代科学をもってしてでも、

まだまだ解明されていない不可解な部分が多々あるのです。

そもそもマヤ文明とは時間の文明という意味で、

この数奇な文明は、メキシコ・グアテマラ先住民のマヤ族によって、

作り上げられました。

マヤ文明は、非常に稀有な文明なのですが、

研究対象とされ始めたのは、20世紀後半からで、

もともと内戦が絶えることのない、この地域においては、

研究が思うように進みませんでした。

そのため、研究がはかどらず、遅れをとってしまったのは、

言うまでもありません。

さらに、文明が栄えたメキシコからグアテマラ・ホンジュラス・サルバドール

などの一体は、熱帯性多雨気候という、発掘には適さない自然環境であったのも、

研究の遅れに拍車をかけたようです。

マヤ文明はアセンションを知る上では、欠かすことの出来ない、

非常に謎の多い文明です。

マヤ文明の謎を紐解くことで、アセンションへの理解も深まることでしょう。

0
タグ: 占い マヤ タロット

アセンションとマヤ文明  アセンション

みなさんは『アセンション』という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

マヤ暦が2012年12月21日の金曜日で終わり、

それ以降地球が5次元半の世界へと次元上昇することを『アセンション』と呼んでいます。

そもそも次元上昇というのは、宇宙的生命体には欠かす事の出来ない、宿命のようなもの。

この時期に突入すると、宇宙から受け取るエネルギー量が増し、地球そのものの振動数が上がり、

地球上の生命体のすべてが影響されていきます。

つまり我われ人間も振動数が上昇し、肉体も5次元半へと変化していきます。

今までの知識や経験などは不要となり、新しい世界での創造が始まるのです。

わかりやすく言うと、キリストが昇天し、釈迦が悟りを開いたような奇跡が、

我われにも起こる事になるのです。

ですが、そのためには今のうちからカルマを浄化させて準備を整えなければなりません。

少なくとも今もっているカルマを半分くらいにしておく必要があると言われています。

我われ個人での『アセンション』はカルマからの開放ということになりますので、

地球から離れていくものもありますし、新世界の創造のため残るものもいます。

つまりは『アセンション』とは、個人での解脱と言えるでしょう。

0
タグ: 占い マヤ タロット

消えたマヤの歴史  アセンション

世界最高水準の天文学で発展を遂げたマヤ文明ですが、突然、消失してしまいます。

1492年、アメリカ大陸をコロンブスが発見した時には、すでに、

マヤ文明は密林の中で消失した後だったのです。

その当時は、マヤ文明の影響を強く受けた、アステカ帝国が栄えていて、

ヨーロッパ大陸をしのぐほどの文明を誇っていました。

現在のメキシコシティには、湖の中の島に巨石を並べて作られた水上都市があり、

続々とヨーロッパから押し寄せる侵略者たちを驚かせていたようです。

これほどまでに高度な文明を持つアステカ帝国ですが、わずか150名のスペイン兵を

前に簡単に滅びてしまいます。

このことは今でも、大きな謎であり、考古学者にとってのロマンとなっているようです。

実は古代マヤの預言者たちは、すでに9世紀の時点で、600年以上後に起こる、

コロンブスのアメリカ大陸上陸と、その後のアステカ文明の崩壊を予言していました。

これにはさまざまな、証拠資料が存在し、考古学者の中では通説になっています。

そして、古代マヤの預言者は、

『この世界は西暦2012年12月21日金曜日に滅びる』

という恐ろしい予言を残しています。

全ての答えはマヤ文明の歴史そのものに隠されているのかもしれません。




0
タグ: 占い マヤ タロット

アセンションとは?  アセンション

みなさんは、マヤ暦をご存知でしょうか?

マヤ暦とは、簡単に言うと、マヤ人が使っていたカレンダーの事です。

マヤ暦は、1年を365.2420日としていて、

天体観測の技術が優れていたため、世界最高水準の暦とされています。

マヤ暦には深い意味があり、時間を案内するものという、

時間は刻むのではなく、一つのエネルギーとして考えられていたようです。

またこのころの、マヤ文明の民族は10種類もの暦を使っていたとされ、

一周期を260日とするツォルキンと、一年を365日とするハアブという暦は、

約52年で重なり合います。

マヤ暦のお正月は7月26日で、25日が大晦日になります。

また、現在の暦の「日」にあたるものとしましては、

『キン』があります。

ツォルキンは260日周期なのですが、13と20の組み合わせで出来ています。

月は太陽の周りを1年で13回まわりますので、月の満ち欠けの回数です。

さらに、月は28日で地球をまわります。

これらの高度な天体技術が用いられているのです。

月は、地球と生命のリズムで関わりあっています。

28日と13ヶ月をかけると、364日。

一年は365.2420日なので、13の月の暦を使用する場合は、

年末に1日を追加します。
0
タグ: 占い マヤ タロット




AutoPage最新お知らせ