手を抜くべし  

スラング(俗語)のような非正式な英語が聴き取れなくても、支障はありません。
したがって、スラングの勉強はしなくていいのです。


社会人は英語の勉強のほかにもやることがたくさんありますから、あらゆる英語を勉強するのは不可能。
目的を明確化することで、「どこに注力すべきか」と、「どこで手抜きができるか」を、まず見極めることが重要です。

とくに「聴く=リスニング」の訓練に集中すべきです。




AutoPage最新お知らせ