2013/5/9

(無題)  

大体は亀頭を女性器につけてさすれば自然と入っていきますが、近くにはアナルのもありますので間違えないようにしましょう。これは下手な体制で女性に負担をかけさせないのと、媚薬挿入しやすいためです。さらに男性の場合、ある程度力強くつくことで女性が感じてくるのですが、その顔を見ることでより男性は興奮して性欲が向上する効果もあります。

挿入は一気につかないで亀頭を入れて入口でじらします。最初はゆっくりついて徐々に激しく付いていきます。そして中ほどまで挿入して、愛液が馴染むまでゆっくりと出し入れをします。馴染んできたらいよいよ一気についていきます。子宮を突き上げるイメージで行ってください。
後背位なら深く挿入できる

セックスするとき、後背位ならかなり深く挿入できます。ペニスの先で彼女の子宮口も感じられるほどに。なによりペニスを満遍なく膣全体で包まれている感じが良いです。
0

2013/5/8

(無題)  


まぶたや顔にむくみがあり、カラダに熱を帯びる感じがする場合、『越脾加朮湯』が代表的。媚薬利水効果や発汗作用の高い麻黄や、消化器系の機能を整える白朮が配合されており、急性腎

炎に使われることもあります。何もしなくてもだらだらと汗をかき、いつもだるいようなタイプには、「防己黄耆湯」なども処方されます。これは上半身のむくみ解消の漢方です。
では、下半身のむくみ解消の漢方もあります。下半身からはじまるむくみでも、胃腸に水分がたまり、脾の機能が弱まっているタイプがあります。食あたりによる腹痛や下痢を

ともなう下痢には「胃苓湯」、日頃から手足が冷えて食欲不振だったり、疲れやすいタイプは「実脾飲」などが代表的。
また、とくに腰から下のむくみがひどく、指で押しても戻らないような場合、『真武湯』や、これに「六味丸」を加味することもあります。これらは利尿作用を高めると同時に

、腎を温める効果のある漢方です。目的は一緒でも、体質やそのときの体調によっておすすめできる漢方薬は異なります。漢方の専門家に相談してから購入しましょうね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ