タイトル(歴史)と記事(鉄道関係)が一致しないのは気にしないでください

2012/4/6

ひたちなか海浜鉄道  
釧路のホテルより。

せっかくコメントをいただいたので紹介しないのもどうかなと思いまして、今回行ったひたちなか海浜鉄道沿線での行動記録(?)を紹介することにしました。

出発は勝田駅から。
クリックすると元のサイズで表示します
新型車両だと思っていたキハ3710型。平成十年製だったんですね。もっと新しいかと思っておりました。
クリックすると元のサイズで表示します
とりあえず終点の阿字ヶ浦駅まで乗車。ここもレトロな駅舎でした。昔は更衣室代わりとして廃車体が置いてあったとのこと。見てみたかったなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します
折り返しまで少し時間があったので近くの阿字ヶ浦海水浴場まで行ってみました。もちろん泳いでいる人は居ませんでしたが、吹く風がとても気持ちよかったです。
クリックすると元のサイズで表示します
海水浴場から駅へ帰る途中に海のほうを振り返ると・・・。こんな景色大好きです。
クリックすると元のサイズで表示します
車両基地のある那珂湊に移動。隣のホームには三木鉄道から来たミキ300−103が留置中。
クリックすると元のサイズで表示します
首都圏色に戻されて保存(?)されているキハ203。
クリックすると元のサイズで表示します
日本初のステンレス製気動車のケハ601。よくこんな貴重な車体を残してくれた茨城交通とひたちなか海浜鉄道に感謝です。欲を言うと台車をはかしたい!ちなみに通りかかった方(応援団の方?)の話によると時々車内を公開しているとのこと。
クリックすると元のサイズで表示します
那珂湊駅に戻り来た列車がキハ205系。貴重な元国鉄キハ20系です。
クリックすると元のサイズで表示します
名残惜しいですがこの後の予定もありまして勝田駅で湊線の旅を終えることとしました。実はもともと湊線に乗る予定はなかったのですが、列車や勝田駅の駅名版を見ているうちに乗りたくなってしまいました。
今回は僅か2時間ほどの滞在でしたが次回また行くときは一日丸々つかって沿線をゆっくり回りたいと思っています。

ひたちなか海浜鉄道さんありがとうございました。

なんか色々間違ってそうだな・・・・

2012/4/8  11:04

はい、今度ごゆっくり。
お待ちしています。
(吉田)

http://www.hitachinaka-rail.co.jp/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ