2013/5/19

番組出演者と谷村仁司、ゆうぞうによる「サライ」の  

番組出演者と谷村仁司、ゆうぞうによる「サライ」の歌唱で25時間に及ぶ番組は締めくくられた

5月16〜17日、ももいろクローバーZのUstream特別番組「USTREAM大賞受賞記念 24時間いただきますっTV」が配信された

【その他の写真を見る】

16日20:00に配信がスタートすると、タオルで目隠しをされたももクロメンバーがスタッフに誘導されてスタジオに到着Ustream Asiaの中川具隆社長を招き、まずは24時間のタイムテーブルを発表したここでは番組の最後に都内某所でシークレットライブの開催が予定されていること、メンバーが配信を行う特設スタジオとは別の部屋にももクロのスタイリスト・寄森久美子が待機しており、24時間以内にシークレットライブのための衣装を5着制作するチャレンジ企画を行うことが明かされた

最初のコーナーは秘蔵VTRのお披露目企画佐々木彩夏や旧メンバー早見あかりがももクロに加入して初めてステージに立ったときの映像や、百田夏菜子、佐々木、玉井詩織が当時流行っていたお笑いコンビ・ジョイマンのネタをマネたラップ「ジョインマン」を披露する映像などをUstream視聴者とともに鑑賞する

22:00直前、18歳未満の佐々木と玉井が一旦退場すると、百田、有安杏果、高城れにのアダルトチームはレーベルスタッフとともに6月5日に発売されるももいろクローバー時代のベスト盤「入口のない出口」の全収録曲を公開インディーズデビュー曲「ももいろパンチ」やライブの定番曲「あの空へ向かって」などに加え、m.o.v.eの「words of the mind -brandnew journey-」やmihimaru GT「ツヨクツヨク」といったカバー曲、「ももいろパンチ」のカップリング「ラフスタイル」のももいろクローバーZバージョンが収録されることを発表した

23:00すぎ、川上アキラマネージャーの“天の声”に導かれて高城が都内の散策に出発するカメラマン、照明スタッフとともにワゴン車に揺られて高城が到着した先は東京・有楽町のニッポン放送高城は24:00に生放送をスタートしたばかりの「ミュ〜コミプラス」のスタジオに乱入し、パーソナリティである吉田尚記アナウンサーの前でゴボウとナスと唐辛子とカラシとメロンソーダをミキサーにかけ、ジョッキいっぱいのオリジナルミックスジュースを飲むよう強要した上に、吉田が買ったばかりだという私物のヘッドホンを強奪して、わずか10分足らずで有楽町をあとにした

25:00前からは4月13日に埼玉・西武ドームで行われた「ももいろクローバーZ 春の一大事 2013 西武ドーム大会〜星を継ぐもも vol.1 Peach for the Stars〜」の映像を配信アダルトチーム3人は曲にあわせてノリノリで歌い踊るだけでは飽き足らず、中川社長をスタジオに引っ張り込むなど、深夜ならではのテンションで盛り上がった

27:30からはコリオグラファー・石川ゆみら女性スタッフ陣を交えてトークを展開28:00には百田、有安、高城も17日に備えて就寝する予定だったが、入浴後、再びスタジオに現れ、古屋智美マネージャーに彼氏への電話を強要したり、別室で衣装作りをしていた寄森に彼氏への愛のメッセージを言わせたりと、アダルトチームならではのガールズトークを繰り広げた

女性スタッフとのトークが終わると百田、有安、高城もさすがに就寝川上と「スターダストで3番目に偉い」と自己紹介した“理事長”こと藤下リョウジ、私立恵比寿中学の藤井ユーイチマネージャー、チームしゃちほこの長谷川ミネヒコ店長(マネージャー)による「スターダストアイドルサミット」が行われたこのコーナーではももクロ、エビ中、しゃちほこの今後のスケジュールなどが明かされる中、藤井が解禁前のしゃちほこのライブ会場名をうっかり漏らしてしまうハプニングも発生した

5月17日のももクロの朝は号砲から始まったスタジオ裏手に用意された寝室で百田、有安、高城が寝ていると、チームしゃちほこの伊藤千由李、咲良菜緒、坂本遥奈がそれぞれの耳元でバズーカ砲を発射3人をムリヤリ叩き起こしてスタジオへと連行しようとするも、有安だけは布団の中から一向に出てこないしかし結局マネージャー陣から引きずり出され、百田、高城とともに眠い目をこすりながら、しゃちほこが歌う「首都移転計画」を、ムリヤリ手渡されたサイリウムを振りながら鑑賞した

その後佐々木と玉井が合流し、佐々木、高城の指導のもと、うろ覚えのラジオ体操を済ませた5人の前には社会学者の古市憲寿が登場古市による新聞朝刊の解説コーナーがスタートする古市は内閣官房参与・飯島勲を招いて行われた2月1日のイベント「ももクロ試練の七番勝負 episode.3」に、ももクロに政治の基礎知識を教えるアドバイザリースタッフとして参加していたが、今回24時間配信のスタジオで再会することとなった

従軍慰安婦問題など、アイドルの朝にはいささか不似合いなテーマについて学んだ5人はコーナーのエンディングで日本地図を描くことにすると百田が沖縄の場所を把握していないことが発覚し、スタジオは笑いに包まれた

その後は高城が原宿で買ってきた朝食を食べ、高校に登校した佐々木と玉井を除く3人がイントロクイズや漢字クイズを行い、動画配信サイト「GyaO!」のインタビューを受けたところで午前中のスケジュールは終了した

12:00すぎからは百田、有安、高城が所属事務所の女性スタッフとともに昼食のホットケーキ作りに挑戦した3人が牛乳や卵の分量を若干間違えながらもホットケーキを焼いていると下校してきた佐々木、玉井も昼食作りに参加焼けたホットケーキに、ももクロがCMキャラクターを務める「ロッテアイス 爽」などをトッピングして「おいしいね」「こういう企画って楽しいね」と口を揃えた

午後の配信には「ナタリー」、雑誌「B.L.T.」というももクロと縁のある2つのメディアのスタッフが登場ナタリーは自社の社歌の作詞をももクロに依頼し、B.L.T.は取材時に撮影したというももクロ結成3カ月の頃のライブ映像を披露した

14:30すぎからは5月27〜29日に神奈川・横浜アリーナで行われるファンクラブ限定ライブ5公演のステージ演出を手がける岡本裕次らとともに、このライブで披露する楽曲をももクロ自らチョイス1人ずつ1公演分のセットリストを考えることになったが、その内容はまだ非公開のため、2010年のももクロ主演映画「シロメ」をメイン画面で観せながら、ワイプ画面でセットリストを考える5人の姿を追うという不思議な映像が流れることとなった
 トヨタ自動車などと並んで「メイド・イン・ジャパン」の象徴だった家電大手のパナソニックとシャープが苦しんでいる

 円安・株高のアベノミクス効果による急速な業績回復に沸く自動車メーカーとはまったく別世界にいるまるで時流に置き去りにされてしまったかのようだ

■買収が「裏目」、2年連続で7000億円超の最終赤字

 パナソニックはとうとう、子会社である三洋電機の「解体」にまで追い込まれてしまった2013年5月18日付の日本経済新聞が「三洋電機、解体へ」の見出しで報じている

 2013年度中に本社の人員約1000人を配置転換や早期退職などで100人規模に減らす法務や知的財産の管理などを維持するうえで必要最低限の人員にするが、パナソニックとの一元化も検討する、という

 電子機器などの開発と販売を手がける子会社の三洋テクノソリューションズ鳥取(鳥取市)は売却米小売り大手ウォルマート・ストアーズ向けに供給しているテレビ事業も分離を検討この結果、本社以外で働く約1500人も3年後をめどに10分の1程度に減らす

 パナソニックは三洋電機を2011年に完全子会社化買収当時、三洋電機はリチウムイオン電池で世界シェアの4割を占め、太陽電池も発電効率の高い独自製品で先行パナソニックはこうしたエネルギー関連事業を本体に取り込む一方で、冷蔵庫や洗濯機、デジタルカメラなどの重複事業を中国のハイアールに売却することで成長戦略を描いたが、目算が大きく狂った

 調査会社のテクノ・システム・リサーチによると、パソコンや携帯電話などに使う小型リチウムイオン電池(最小単位「セル」)のメーカー別出荷シェアは2012年、サムスンSDIが前年比1.9ポイント上昇の25.1%と、初めてトップに立った前年首位のパナソニックは2.8ポイント低下の20.7%で2位に転落3位も韓国のLG化学(16.0%)が続き、劣勢は否めない

 太陽電池も、環境問題や原発事故以来の自然エネルギーへの期待から需要増が見込める半面、中国メーカーの台頭で価格が急落収益が上がらない事業になってしまった

 そこに薄型テレビなど、デジタル家電の不振が加わった

 リーマン・ショックや円高の影響はあったとはいえ、パナソニックにとって買収は、結果的に2年連続で7000億円を超える最終赤字を計上する一因となった佐々木彩夏や旧メンバー早見あかりがももクロに加入して初めてステージに立ったときの映像や、百田夏菜子、佐々木、玉井詩織が当時流行っていたお笑いコンビ・ジョイマンのネタをマネたラップ「ジョインマン」を披露する映像などをUstream視聴者とともに鑑賞する佐々木彩夏や旧メンバー早見あかりがももクロに加入して初めてステージに立ったときの映像や、百田夏菜子、佐々木、玉井詩織が当時流行っていたお笑いコンビ・ジョイマンのネタをマネたラップ「ジョインマン」を披露する映像などをUstream視聴者とともに鑑賞する財布 人気 女性佐々木彩夏や旧メンバー早見あかりがももクロに加入して初めてステージに立ったときの映像や、百田夏菜子、佐々木、玉井詩織が当時流行っていたお笑いコンビ・ジョイマンのネタをマネたラップ「ジョインマン」を披露する映像などをUstream視聴者とともに鑑賞するグッチ iPhone ケース佐々木彩夏や旧メンバー早見あかりがももクロに加入して初めてステージに立ったときの映像や、百田夏菜子、佐々木、玉井詩織が当時流行っていたお笑いコンビ・ジョイマンのネタをマネたラップ「ジョインマン」を披露する映像などをUstream視聴者とともに鑑賞するガガミラノ 人気佐々木彩夏や旧メンバー早見あかりがももクロに加入して初めてステージに立ったときの映像や、百田夏菜子、佐々木、玉井詩織が当時流行っていたお笑いコンビ・ジョイマンのネタをマネたラップ「ジョインマン」を披露する映像などをUstream視聴者とともに鑑賞するヴィトン 財布 スーパーコピー佐々木彩夏や旧メンバー早見あかりがももクロに加入して初めてステージに立ったときの映像や、百田夏菜子、佐々木、玉井詩織が当時流行っていたお笑いコンビ・ジョイマンのネタをマネたラップ「ジョインマン」を披露する映像などをUstream視聴者とともに鑑賞するヴィトン 財布 スーパーコピー
0

2013/5/19

 親子で医師のエリート一家に何があったのか家政  

 親子で医師のエリート一家に何があったのか家政婦付きの豪邸で、事件は起きた大阪府池田市で4月、住人の無職、榎木麗子さん(72)が首を絞められ、殺害された行方不明になっていた医師の長男(45)は電車に飛び込み、死亡した研究熱心の長男は榎木さんにとって自慢の息子−のはずだっただが、先代の夫が亡くなってから関係が悪化背景には相続をめぐる家族間のいさかいがあったとみられている思い通りの遺産が得られなかった長男は怒りもあらわに周囲に漏らしたという「病院もやって、母の面倒もみているのに!」

 ■2人の死者

 阪急宝塚線池田駅から約500メートルマンションと見まがうばかりの3階建ての建物が、事件の舞台となった

 1階は内科や小児科、アレルギー科を併設する「榎木医院」2、3階は榎木さんの居住スペースとなっている

 ゴールデンウイークも中盤の4月30日朝最初に異変に気づいたのは、通いの家政婦だった

 いつも午前8時15分に出勤する長男が来ない2階の榎木さん宅も施錠されていて、中に入ることができなかった困り果てた家政婦は、近所に住む榎木さんの次男(43)の電話を鳴らした

 「お母さんの姿が見えません」

 次男から通報を受けた大阪府警池田署員がガラス戸を割って室内へ榎木さんは風呂場でうつぶせに倒れ、すでに死亡していた

 榎木さんは衣服を身に着けたまま身体に打撲痕はない浴室での転倒など事故の可能性は消えた司法解剖の結果、首を絞められたことによる窒息死と判明した

 兵庫県西宮市に住む長男とはその後も連絡が取れず、家族が1日、県警西宮署に捜索願を提出そこで意外な事実が判明する4日前の4月27日夜、西宮市段上町の阪急今津線の踏切付近で電車にはねられ、死亡した身元不明の遺体が長男と特定されたのだ

 ■あこがれの家族

 榎木さんの知人や住民らによると、現在の場所に医院が開設されたのはおよそ10年前のことだ丁寧な診察で知られ、アレルギーや花粉症に悩む大勢の患者を抱えていた

 医師の夫と長男に加え、榎木さん自身も薬剤師だったという家政婦もいる裕福な一家は、周囲のあこがれでもあった

 ただ、何不自由ない家庭だったわけではない夫はがんを患い、数年前から闘病生活を送っていた榎木さん自身、約10年前から全身の筋肉が痛む難病に悩まされていたが、昨年末に夫が亡くなるまで献身的に介護を続けていたという

 榎木さんと40年来の付き合いという美容院の女性は「介護で本当に大変そうだったが、愚痴のひとつもこぼさない薬剤師としても医院をサポートし、分刻みのスケジュールをこなしていた」と振り返る

 榎木さんは事件直前の4月26日にもこの美容室を訪れた「夫が亡くなった後の手続きで大変だが、もうすぐ落ち着く」と話し、「のんびり九州にでも旅行に行きたい」と笑顔も見せていた

 夫の後を継ぎ、新しい院長となった長男もまた、母親譲りの穏やかな性格だったという榎木さんも「東洋医学を勉強していて、本当に研究熱心」と感心しきり母子の仲を疑う人はいなかった

 ■遺産トラブル

 榎木さんの遺体発見後、府警は殺人事件とみて捜査を開始周辺への聞き込みや防犯カメラ映像の解析から、長男が医院を後にしたのは4月27日午後であることが分かった

 この日、2人の間に何が起きたのか長男はこの日、定刻の午前8時15分から正午まで診察し、いったん外出一方の榎木さんは午後1時ごろから、院内応接室で次男や税理士とともに、亡夫の遺産相続について話し合っていた長男が医院に戻ったのは午後2時ごろ次男らが帰宅した夕刻からは榎木さんと長男の2人きりだった

 このため、府警は長男が事情を知っているとみて行方を追ったが、結果は電車への飛び込み自殺真相は闇の中に埋もれた

 「長男と榎木さんが最近亡くなった先代の遺産をめぐって険悪な関係になっていた」と明かすのは、ある捜査関係者医院を継いだ長男は当然、優先的な分配を受けられるものと思っていた「ところが遺産は次男、長女とも均等に分割することになり、長男はすっかり当てが外れてしまった」という

 長男が行方不明になったのは、榎木さんが税理士を交えて遺産について協議した直後だっただけに、分配をめぐって何らかの口論に発展した可能性も否定できない

 一方、別の捜査関係者は「遺産の問題があったのは事実だが、それぐらいで実の母親を殺すのだろうか以前から感情的な行き違いがあったのかもしれない」と慎重な見方だ

 長男が阪急西宮北口駅近くの閑静な住宅街に自宅を新築したのは約4年前のことだという近くの70代の男性は「いつもスマートな雰囲気で、家族関係で悩んでいたようには見えなかった」と驚いた

 良妻賢母だった榎木さんを襲った突然の悲劇知人女性は「これまで家族のために一生懸命尽くしてきて、やっと自分の時間を楽しめるころだったのに殺害された理由春季高校野球宮城県大会:仙台商8−4気仙沼>◇1回戦◇18日◇石巻市民球場

 仙台商が、初戦を突破した苦しい展開が続いていたが、8回に一挙7点を奪いって逆転し、2回戦に駒を進めた

 5回表、気仙沼の攻撃中だった午後2時48分ころ、石巻市で震度5強を観測した地震があり、会場の石巻市民球場も大きく揺れたマウンドにいた仙台商の武山祐太投手(3年)は「投げている途中で分からなかったけど、三塁塁審が「ドン」と大きな音がしたと言ってました」試合は一時中断2分後、大会本部が安全を確認した上で「津波の心配はありません」と場内アナウンスを流し、試合を再開予定していた3試合を完了した背景には相続をめぐる家族間のいさかいがあったとみられているルイヴィトン 新作 財布背景には相続をめぐる家族間のいさかいがあったとみられているローレックス腕時計背景には相続をめぐる家族間のいさかいがあったとみられている時計 レディース背景には相続をめぐる家族間のいさかいがあったとみられているipad2 ケース背景には相続をめぐる家族間のいさかいがあったとみられているガガミラノ 腕時計背景には相続をめぐる家族間のいさかいがあったとみられているグッチ iPhone ケース
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ