2013/4/5

下半身太り  

 植物たちのなかには一本のしゅろがあって、背たけも一ばん高く、美しさもひときわ立ちまさっておりました。研究室にすわっている園長は、この木をラテン語でアッタレーアと名づけていました。しかしこれは彼女が生まれ故郷で呼ばれていた名ではなくて、植物学者が考えだした名でありました。産地でついていた名を植物学者は知りませんでしたので、しゅろの幹のところに打ちつけてある白い板には、その名は墨で書いてはありませんでした。あるときそのしゅろの木の育った暑い国からはるばる海をわたって来た旅人が、植物園の参観に来たことがありました。その旅人は彼女を見かけるとにっこり笑いました。故郷のことが思い出されたからでありました。
「おや!」と旅人は言いました、「私はこの木を知っている。」――そうして産地にいたころの彼女の名を呼びました。
「失礼ですが」と、ちょうどそのとき何かの草の茎を、一心にメスの刃で切りこまざいていた園長が、例の研究室のなかから呼びかけました、「あなたは思い違いをしておいでです。今あなたがおっしゃったような木なんか、この世の中にありはしません。それはブラジル産で、アッタレーア・プリンケプスというのです。」


下半身太り サプリ
0

2013/3/17

ストロンリグで若々しく  

 王様もお妃様もおしゃべり姫のオシャベリに呆れておいでになるところへ、姫のお付きの女中が二人揃って姫の前に来て頭を下げて、
「お姫様、お化粧のお手伝いを致しにまいりました。もうじき御飯になりますから」
 とお辞儀をしました。
 お妃様はそれを見て、
「オオ。お前達は昨夜
ゆうべ
姫からおもしろい夢のお話をきいたそうだね」
 と云われました。
 王様からこう尋ねられますと、女中は吃驚
びっくり
したような顔をして顔を見合わせました。そうして二人一時にこう答えました。
「いいえ。お嬢様は夢のお話など一つも私達になさいません」
「えっ……お前達は姫から夢の話を一つもきかないのか」
 と王様はこわい顔をしてお睨みになりました。
エイジング サプリ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ