年男  F1

この時期になるとゴタゴタが身辺に起きやすく、パソコンを開くのも慎重になってしまう。特に今年は契約も切れるし、予期しないニュースが飛び込んで来そうで気を揉んでいる。今のところ正式発表などはなく、静かに夏休みを迎えられそうだけど…。今日一日は何事もないことを願って、お誕生日おめでとう。
0

イギリスGP:持ってる?  F1

引きの強さという意味ではライコネンやマッサにも劣るんじゃないかと…今マクラーレン・ホンダで腐ってるから余計そう感じるのかも。持ってる人だったら2006年のハンガリーで勝てたはずだし、フェラーリでも1つぐらいタイトル獲れたでしょう。パーマーみたいに母国GPのフォーメーションラップで止まったことはさすがにないけど、ヴァレンシアで1周目リタイアならある。

ストロールの2秒ぐらい前をキープしていたのが、突然DRS圏内に入られてあっという間にポジションダウン。どこかでミスった?と一瞬疑ったもののペースが回復する様子もなくズルズルと後退。川井さんからもパワーがないという無線情報が。また入賞の芽がなくなったからレースを投げたとか言われるよ…。第1スティントはストロールにつかまり、ピットでアンダーカットに成功したと思ったらこれだ。

Q1のラストラップ。ギリギリのタイミングを狙ったにしてもきわど過ぎる。インターのもちが非常に悪い→レースに備えてインターを温存したい→Q1でインターの周回数を抑えたい→雨が止んだからギリギリまで出ない→走ってみたらドライで行けそう→綱渡り状態。インターのままでもQ1突破できるタイムが出そうだったのに!なぜピットに入る!おかげで計測ラップに入れるか固唾をのんで見守る羽目に…。最後尾スタートの人がこんなところで運を使い果たしてどうするのとぼやきつつも、やはりセクタータイムのマイナス表示に胸躍る。思いがけないP1に沸く観客席やガレージの様子を目にすると、解説陣も言うように、やるだけの価値は確かにあった。お約束のようにQ2でズッコケたけど。
0

オーストリアGP:7/9  F1

アゼルバイジャンGPの金曜にアロンソが使った、スペック3エンジンを今回2台とも搭載。初日を終えドライバーからポジティブなコメントが出ているという情報に続けて、MGU−Hに問題があったためアロンソは旧型に戻すらしい、と。またMGU−Hですか。対策できたって言ってませんでした?予選はなんとかチームメイトの前だけど嬉しくない偶数列。ヴァルセッキのハイテンションで少し和む。

…あー、いない。1コーナーでスピンしてる姿がちらっと見えた後、隊列に合流した様子もないし、どこかで止まってるんだろうか。順位が17番手まで表示されるもその中にアロンソの名前はなく…。スローダウンしているフェルスタッペン。どうやらリタイアしそう。すると下にアロンソ、ピットインの文字情報。20秒過ぎ、30秒過ぎ…。ピットレーンの映像に切り替わるとマシンを降りるアロンソの姿が。これまで散々マシントラブルでリタイアしてきて、今度はアクシデント。今年まだ2回しかチェッカー受けてないよ…。スタートのリプレイを見るとサインツとヒュルケンベルグが揃って出遅れ、それをマクラーレン勢がかわしていく。問題の1コーナー。前方はオコン、左前にはフェルスタッペン。あぁ〜クビアトがタイヤロックさせて突っ込んできたのか。そしてポジションを落としていたフェルスタッペンが巻き添えに。ごめんよ、フェルスタッペンもリタイア多いのに。しかしルノーユーザーが3台も同じようにスタート失敗って偶然じゃなさそうな。

心配されていた雨は結局降らず。ボッタスがヒヤヒヤさせられるポールトゥウィン。フォースインディア勢やウィリアムズ勢より上の6位なのに全然映らなかったグロージャン。周回遅れにされた人たちの方がたくさん映ってたぐらい。スタート出遅れ組はトラブルを抱えていたのかサインツもレース終盤リタイアし、ヒュルケンベルグは終始ペースが上がらずチームメイトの後塵を拝してしまう。ヴァンドーンはずっとそのパーマーを抜きあぐね、バトルに熱中し過ぎたのか青旗無視でペナルティ。青旗無視でドライブスルーって厳しくありません?前からそうだったっけ。
0

アゼルバイジャンGP:SCがSCを呼ぶ  F1

8戦目にしてようやく今シーズン初入賞。しかし9位2ポイントというのは微妙。あれだけ上位勢が脱落してもこの位置までしか来れないのか。今季ワーストグリッドからべストリザルトというのも皮肉なもの。

サーキットは記憶にあるけど、去年のレースが全く思い出せない…。トワイライトレースのため予選・決勝はどんどん路面温度が下がるというのに、55℃を超える日中でも各車タイヤの熱入れに苦労している様子。そのせいか大量の黄旗と2度の赤旗が出た金曜。先が思いやられるな〜と思ったら、途端に静かになった土曜。やたらうるさい人もいましたが…ミスって久々のQ1敗退。元々40グリッド降格があるのでダメージなし。Q3ではリカルドが壁にヒットで赤旗。

予選出走できなかったパーマーが最後尾のため、アロンソはP19からスタート。フォーメーションラップで出遅れ不安がよぎる。スタート直後にボッタスとライコネンの接触やサインツのスピンがあり、なかなかアロンソの位置を把握できず。やっと順位が出ると、スロー走行しているはずのボッタスやスピンしたサインツの後ろ、20番手。なんで?誰かと接触した??全然映らないし…!スタートのリプレイが流れ、アロンソが1コーナーの手前で失速し、周りから遅れをとったことがわかる。これで最後尾になったのか。早目にブレーキ踏んだだけならいいけど、フォーメーションラップの件もあって気になる。画面上はマクラーレン2台が連なっていて、アロンソはヴァンドーンのすぐ後ろ。いつの間にか挽回してる…それともあの順位表がおかしかっただけ?SSスタートのアロンソはソフト選択のエリクソン、ヴァンドーン、グロージャンの隊列の中。エリクソンに詰まっていたヴァンドーンが早々にピットインしたことで1つ順位が上がる。ザウバーの攻略に手間取るも9周目になんとか前へ、と思ったらピットストップで順位を落としていたリカルドに抜かれ順位は変わらず。クビアトがコース脇にマシンを止めたことで12周目にSC。ここでまだ入っていなかったSS勢がこぞってピットへ。スローダウンしていたフェルスタッペンもピットでリタイア。この時点でアロンソはP11。SCではなくVSCを導入すべきと無線で訴えるハミルトン。ボッタスがラップダウンを取り戻し、17周目にリスタート。直後のホームストレートでパーツが飛び散る。マグヌッセンが一気に順位表で下がっているけど、画面上は普通に走ってます。そしてまたSC。さっき飛び散ったのはライコネンのバージボードだった模様。アロンソは順位変わらず、マグヌッセンとサインツの間。リスタート直前の19周目にハミルトンとベッテルが接触?おまけにレース再開後のターン2ではフォースインディアの2台が絡んで後退。パーツが飛び散り、またしてもSC。デブリを踏んだライコネンがパンク。アロンソは一気に繰り上がりP8。ペレスとライコネンはリタイア。19周目のリプレイでは、ベッテルがハミルトンに追突したと思ったら横に並んで体当たり…何それ。当然審議。あちこちにデブリが散らばっているためアロンソは赤旗にした方がいいと主張。22周目には赤旗が表示され全車ピットレーンへ。50周レースのまだ半分にも届いていない。各車マシン修復とタイヤ交換。これで全員SS。ガレージからペレスとライコネンのマシンが押し出され、隊列の先頭へ。ラップを取り戻すため先にピットアウト。23分間の中断を経て、SC先導でレース再開。24周目のリスタートでマッサが失速。アロンソもストレートでサインツに抜かれるもすぐに順位を取り戻す。トラブルを抱えたマッサを抜いてP7。すると前にいたヒュルケンベルグが突然スローダウン。右フロントが曲がってる。壁に当てた?これでアロンソはP6。ファストレーン以外でマシンの修復作業を行ったことでライコネンとペレスが審議。マグヌッセンを追いかけるアロンソの後ろではサインツが頑張ってオコンとボッタスを抑えてる。その二人に来られたらアロンソは防ぎようもないだろうなぁ…。先頭のハミルトンのオンボード、ヘッドレストが浮いちゃってる。チームから手で押さえてって言われてるけど、すぐにまた外れてくる。このまま走り続けたら…やっぱり注意された。というわけでハミルトンが緊急ピットイン。そしてこのタイミングでベッテルには10秒ストップ&ゴーペナルティ。ハミルトンがヴァンドーンの後ろまで順位を落としたことでアロンソP5。追いついて何周かマグヌッセンのDRS圏内にいたのが徐々に離されてる。ベッテルがペナルティ消化中にアロンソはオコンに抜かれ、後ろはボッタス、ベッテル、ハミルトン。…なんで貴方達が後ろにいるの?という面子ばかり。少し抵抗してみてもあっさり抜かれてしまう。隊列が通り過ぎるとほとんどアロンソは映らなくなり、いつの間にかサインツにも抜かれてる…。でもまだポイント圏内。なんとかチェッカーまでたどり着いておくれー。ボッタスが最終ラップで2位を奪取し、アロンソは無事9位入賞。

レース展開によって今回のように5位まで上がっても、落ちるのは時間の問題で踏み止まれる気配すらないというのが辛いところ。アロンソがFP2で止まったのはエンジンではなくギヤボックストラブルだと川井さんは強調していたけど、マクラーレンのせいとは言い切れないんじゃないかなぁ。ただ、なんでもかんでもホンダのせいにするのはおかしいでしょ、という意味では同感。マシンが止まる度に「エンジン、エンジンプロブレム」しか言わないんじゃ、さすがに疑いの目を向けてしまう…本人は本気でエンジンの問題と捉えているのだとしても。
0

カナダGP:あと2周  F1

…もしやガス欠?ずっとストロールのDRS圏内にいたけど、それじゃ足りなかったのかも。ヴァンドーンに比べてペース速かったし。

予選後の明るい表情と、1周目の混乱を切り抜けて入賞圏内走ってるのを見たら、やっとターニングポイントを迎えられたのかも…って思ったのになぁ。マシン降りてからの過剰なファンサービスはインディカーの影響?それとも来年戻ってこないかもしれないから?
0




AutoPage最新お知らせ