2014/6/27 | 投稿者: 枝毛





地震による原発の臨界事件により放射能とヨードの関係に対して興味をもった人は多いことでしょう。

放射能を被爆すると癌をになる危険性が高いと言われています。

ですから、多くの人は被爆と聞いた瞬間に危険察知しているのです。

厳密にいうと被爆すると「甲状腺がん」になる危険性があります。

チェルノブイリ(ウクライナ)で起こった原発事故でも被爆した子供たちの多くは甲状腺がんになっています。

原発事故によって放出される放射性ヨウ素(131I)

被爆者とはこの放射性ヨウ素(ヨード)が体内に入って甲状腺に蓄積された状態の人です。

その蓄積された放射性ヨウ素が放つ放射線により甲状腺が癌になると言われます。

ここで注目されたのがヨード(ヨウ素)です。

ちなみに、ヨウ素とヨードは同義語です。

ヨードは摂取すると甲状腺に蓄積されます。

それは悪質なヨードであれ、体に害のないヨードであれ同じです。

この特性を生かしたのが対策が「ヨードの摂取する事」なのです。

放射線を放つヨードが蓄積される前に、放射線を放たないヨードで甲状腺をいっぱいにしておけば、

放射性ヨウ素が入る隙がありませんから、体内に残る危険性が極めて少ないのです。

甲状腺に入れなかったヨードは、尿や便で排出されますから、被爆による発癌を軽減できるのです。

ヨードは海藻に多く含まれていますが、毎日食べるのは困難な人が多いかと思います。

ですから、ヨードサプリメントがおすすめですよ!!

青森 介護施設




0

2013/4/16 | 投稿者: ricardoh87@excite.co.jp

グルコサミンは高齢者に対してオススメできるという記述をいくつか発見するに至った。

確かに、関節痛などを通じた話として全くおすすめできないわけではないのだが

ヒアルロン酸との併用摂取でなければ効果が見受けられないケースが大半である。

主に65〜上限なしで定年退職後のセカンドライフ世代と言われている方々

を今回の老人として選定させていただきました。


まず、老化において一番懸念するべきことは何かわかりますか?


自分の場合でしたらいわゆる”ボケ”古い言い方ですと”痴呆症”という

風に言われてきた認知症に対して懸念を強める事になりました。


そこで、今回はこの認知症に対して効果的とされているビタミンについて調べてみました。


それは、実は「ビタミンB・E」が有効だとされていますねす。


まず、ビタミンBは脳神経のシナプス、つまり、脳神経に対して

情報を行き来させる働きを円滑に行う働きがあります。

腰痛に悩まされている人は年齢、性別にかかわらず一定数存在するものと思われます。


今回、そんな人々に活用していただきたい成分について調べてみました。

まず、腰痛だけではなく、関節痛の原因として

関節の接着点に存在する関節軟骨が摩耗して炎症を起こすことが主に原因として取り上げられます。




0




AutoPage最新お知らせ