tonkyonデジデジ アサクサとスロー  

tonkyonデジデジ アサクサの6つ目の画像だよー
tonkyonデジデジ アサクサ
tonkyonデジデジ アサクサ 明らかに得点可能な時に守備側の反則で得点機会を防がれた時、あるいは守備側がライン内防御を行った時に攻撃側に与えられる。7mスローは、ゴールから7mのところに書いてあるラインより後方1mまでの範囲で、ラインを踏まずに行われるスロー。7mスローを行う選手は、7mラインを踏まず、リリースするまで軸足の接地点をずらしたり、離してはならない。7mスローを行う線はゴールから7mのところに引いてあるので、7mラインともいう。
守備側はフリースローラインから出て、7mスローを行う選手から3m以上離れなければならない。キーパーはシュートコースを減らすため前に出がちになるため、ループシュートも有効である。
0

tonkyonデジデジ アサクサと得点不可能  

tonkyonデジデジ アサクサの5つ目の画像だよー
tonkyonデジデジ アサクサ
tonkyonデジデジ アサクサ ゴール前方6mのところに引かれる実線。ゴールから6mのところに引いてあるので6mラインもしくは単に6mともいう。(明らかに得点不可能でも)この中で守備側が守った(エリア内防御をした)場合は、攻撃側にペナルティースロー(7mスロー)が与えられる。また、攻撃側がボールを持って中に入ると守備側のゴールスローになる。
ゴールエリア
ゴールエリアライン上とその内側。味方のゴールキーパーだけがこの中でプレーすることができる。他の選手はオフェンス、ディフェンスを問わず、この中でプレーすると反則となる(足を着かずに空中のプレーであれば可)。ゴールキーパーはボールを持っていても、この中であれば制限なく歩くことができ、脚を使って相手のシュートを防ぐことができる(あくまでも止めるだけでありボールを蹴るのは反則)。
0

主な車輛専用道  

ヴォワ・エスプレス
河岸沿いの一部は、パリを横断する一方通行専用の高速バイパス道路となっている。なお、日曜日の昼間時には歩行者・自転車用に開放され、自動車の通行ができなくなる。
ブルヴァール・デ・マレショー
パリ市内最外周部を囲んで走る道路のうち、一般道をまとめてこう呼ぶ。ティエールの城壁の後に作られたブルヴァール。ペリフェリックより少し内側に位置する。
ペリフェリック
パリ市内最外周部を囲んでいる環状高速道路で、現在はこれがパリ市の境界となっている。(ブローニュの森、ヴァンセンヌの森など一部の区間を除く。これらの区間は地下化されている)
0

tonkyonデジデジ アキバ  

tonkyonデジデジ アキバ



クリックすると元のサイズで表示します

tonkyonデジデジ アキバ



なお、指定都市の制度により、大都市に関する2つの旧制度が置き換えられた[3]。一つは、五大都市行政監督ニ関スル法律[5]を根拠とした制度で、対象は京都市、大阪市、名古屋市、神戸市、横浜市であった(この5市は最初の指定都市)。もう一つは、地方自治法を根拠に1947年(昭和22年)以降、法令上、存在していた特別市の制度で、人口50万以上の市を法律で指定するものだったが、実際には一市も指定されなかった。→#沿革も参照。

2010年4月1日現在、全19指定都市の人口は約2,620万人であり、国民の5人に1人は、指定都市に在住していることになる。


0

tonkyonデジデジ アキバ  

tonkyonデジデジ アキバ



クリックすると元のサイズで表示します

tonkyonデジデジ アキバ



指定都市は、条例で区を設けるものとされている(第252条の20第1項[2])。この区は、東京都の特別区などと区別して、「行政区」と通称される。→#組織も参照。

指定都市の制度は、地方自治法の1956年(昭和31年)の一部改正(昭和31年法律第147号)に含まれる形で、同年9月1日から実施された。同日から、指定都市を指定する政令[1]が施行されて5市が指定都市に移行。以後、この政令の一部改正で新たに市が指定され、その施行日から指定都市に移行している[1][4]。


0

tonkyonデジデジ シブヤ  

tonkyonデジデジ シブヤ



クリックすると元のサイズで表示します

tonkyonデジデジ シブヤ



指定都市の制度は、日本の大都市等に関する3つの特例制度の一つであり、1956年(昭和31年)に運用が開始された[3]。地方自治法[2]第2編第12章第1節「大都市に関する特例」に、指定都市に関する、特例を中心とした規定がある。指定都市は「人口50万以上の市」とされている(第252条の19第1項)。特例制度の他の2つは、第2節に規定がある中核市の制度(人口30万以上、1995年開始)、第3節に規定がある特例市の制度(人口20万以上、2000年開始)である[2][3]。→#指定都市の権能、#人口要件も参照。

0

tonkyonデジデジ シブヤ  

tonkyonデジデジ シブヤ



クリックすると元のサイズで表示します

tonkyonデジデジ シブヤ




政令指定都市(せいれいしていとし)とは、政令[1]で指定する人口(法定人口)50万以上の市のこと。地方自治法[2]第252条の19以下に定められた日本の大都市制度の一つ。法令上は「指定都市」(同法など)または「指定市」(警察法、道路法など)と表記される。略称は政令市。2010年(平成22年)4月1日現在、全国に19市ある。

0

tonkyonデジデジ ダイバ  

tonkyonデジデジ ダイバ



クリックすると元のサイズで表示します


tonkyonデジデジ ダイバ



1. ^ 北海道地歴の豆知識(北海道雑学百科)
2. ^ 北海道農業研究センター(北海道農業研究センター気象観測露場における観測値)
3. ^ さっぽろお天気ネット(データで見る札幌の気象12)
4. ^ 気象庁(札幌市の観測史上1〜10位の値)
5. ^ “平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2010-2-22閲覧。
6. ^ “観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2010-2-22閲覧。
7. ^ 政令指定都市総合ランキング(情報公開市民センター)
8. ^ 政令指定都市総合ランキング(情報公開市民センター)
9. ^ 政令指定都市総合ランキング(情報公開市民センター)
10. ^ 札幌市議会公式サイト
11. ^ 札幌市民憲章(札幌市)

0

tonkyonデジデジ ダイバ  

tonkyonデジデジ ダイバ



クリックすると元のサイズで表示します

tonkyonデジデジ ダイバ



札幌市民憲章は、昭和38年11月3日に市民の総意として制定されている。[11]

わたしたちは、時計台の鐘がなる札幌の市民です。

* 元気ではたらき、豊かなまちにしましょう。
* 空も道路も草木も水も、きれいなまちにしましょう。
* きまりをよくまもり、住みよいまちにしましょう。
* 未来をつくる子どものしあわせなまちにしましょう。
* 世界とむすぶ高い文化のまちにしましょう。



0

tonkyonデジデジ アサクサ  

tonkyonデジデジ アサクサ



クリックすると元のサイズで表示します

tonkyonデジデジ アサクサ



* さっぽろ・ふるさと文化百選
* 日本の道百選:札幌大通
* 日本の音風景100選:時計台の鐘
* 栄誉(名誉)市民
o 宮部金吾(明治大正期の学者)
o 橋本正治(昭和初期の札幌市長)
o 高岡熊雄(昭和初期の農学者)
o 板垣武四(昭和後期の札幌市長)
+ 平岸霊園内の栄誉市民霊域には、橋本、高岡、板垣の墓所がある。
* 市外局番は市内全域「011」(札幌市周辺の江別市なども同じく011)


0

tonkyonデジデジ アサクサ  

tonkyonデジデジ アサクサ



クリックすると元のサイズで表示します

tonkyonデジデジ アサクサ



# 藤澤ノリマサ(歌手)
# 二間瀬敏史(宇宙物理学者)
# 町村金五(町村信孝衆議院議員の父・元自治大臣・元北海道知事)
# 松岡昌宏(歌手、俳優・TOKIO)
# 三岸好太郎(洋画家、本籍は厚田村(現石狩市))
# 水橋かおり(声優)
# 森田美由紀(NHKアナウンサー)
# 山瀬功治(サッカー選手・横浜F・マリノス)
# 横路孝弘(衆議院議員・元北海道知事)
# 和田寿郎(医学者)

0

tonkyonデジデジ  

tonkyonデジデジ



クリックすると元のサイズで表示します

tonkyonデジデジ



コントローラII(通称IIコン、ツーコン)にはマイクを搭載しており、ある一定以上の大きさの音声が入力されているかどうかをソフト側で判別できた。この機能を利用した主なゲームには『バンゲリングベイ』、『スターラスター』、『たけしの挑戦状』、『ゼルダの伝説』、『ドラえもん(ハドソン版)』、『スターソルジャー』、およびファミリーベーシックなどがある。しかし、これも故障の原因となることがあった。また、本体の製造時期によってON・OFFの判別が逆にされたため、ゲームに有効な形でこの機能を利用するのは困難だったといわれる。後に発売されたAV仕様ファミリーコンピュータでは、この機能は削除され、セレクトボタンなどで代用されるようになった。

2005年9月13日に任天堂より発売された携帯ゲーム機、『ゲームボーイミクロ』のカラーバリエーションの一つである『ファミコンバージョン』は、このコントローラーのデザインが元になっている。また、クラブニンテンドー会員専用景品としてIIコンバージョンのフェイスプレートも存在する。これをファミコンバージョンに装着すればIIコンバージョンとなる。

コントローラーのボタンの数は十字キーを4キー分として8キーである。現行のゲーム機のコントローラと比較して決して多くないが、当時、これらの数のボタンをテレビ画面を見ながら一度にどうやって操作するのかという論争が一部のゲーム専門誌の中にあった。

0

tonkyonデジデジ  

tonkyonデジデジ



クリックすると元のサイズで表示します

tonkyonデジデジ



十字ボタン、A/Bボタン、START、SELECTボタンをそなえたコントローラを、本体に直接接続した形で2つ持つ。横長の板状で左に十字キー、右にボタンを複数個配置した形態は、その後のゲーム機のコントローラの標準的な形となった。初期に製造されたコントローラーはABボタンが四角いシリコン樹脂(シリコンゴム)製だったため連打がきかず、ボタンを酷使するとシリコンゴムがちぎれてボタンが抜ける問題があり、後に丸いプラスチック製のものへと改良がなされた[2]。また、この四角ボタンの最初期の出荷分(発売日から半年分)に関してはコントローラのケーブルが灰色になっている。RFスイッチは黒いままである。コントローラをはじめとして、赤と白を基調とした本体のカラー配置の基準は、当時最も安価な部材の色が赤と白だったことに由来する。コントローラは本体に直接接続されているが、交換用に店頭で販売もしており、本体を分解すれば自分で交換することもできる。ボタンを含むコントローラの外装パーツのみでの販売もあった。



0

tonkyonデジデジ  

tonkyonデジデジ



クリックすると元のサイズで表示します

tonkyonデジデジ



# ACアダプタ端子、RF出力端子

* コンポジットビデオ端子は発売当時は装備していたテレビが少数だったこともあり、搭載されなかった。基板から出る映像信号にアンプ回路を組み込み配線を引き出すことで、容易にコンポジット映像信号を出力させることが出来る。
* RGBは出力していない(PPUをRGB出力を持つRP2C03、RP2C05へ交換した上で配線を引き出すなどの改造が必要)。

# 1ch/2chチャンネルセレクトスイッチ(RF出力先)、ゲーム/テレビ切り替えスイッチ
# 初期にはなかったが、後にこれらの機能を説明するための漫画「これがファミリーコンピュータだ!! ファミリーコンピュータ編」が同梱されるようになった。
# 15ピン拡張コネクタ - ジョイスティック、キーボード、光線銃などが接続可能、独自規格。初期を除きカバーが付属。
# カートリッジイジェクトスイッチ、電源スイッチ(スライド式)、リセットボタン、コントローラ×2(本体筐体内コネクタにて接続)

0

tonkyonデジデジ  

tonkyonデジデジ



クリックすると元のサイズで表示します

tonkyonデジデジ



# 前述の制約から、カートリッジ側での拡張機能を使わずに、上下左右にスクロールするゲームは、ミラーされている方向へのスクロールの際は、画面端でBGキャラクターの描き換えがチラついて見える。
# PPUの制約から、テレビへの信号出力とBG面の描き換えを同時に行えない。このため、通常はVSYNC期間中にBG面の描き換えを行うが、一度のVSYNC割り込み期間内で描き換えられるのは32キャラクターに制限されている。このため、『ウィザードリィ』のような、画面全体のキャラクター描き換えによる擬似3D視点タイプのゲームでは、テレビへの信号出力を止め(ブランクの信号を出力)、その間に画面全体を描き換える。このため、画面を描き換える度に、画面全体がチラつく。なお、描き換え時にティアリングが発生しても問題ない場合は、この限りではない。
0




AutoPage最新お知らせ