わたしの知識のもと  

有名人って、結構ブログをしてる人が多いと思うんです〜〜☆わたしはその人たちのブログを読むのがすきで、更新
されたら携帯に「○○さんのブログが更新されました」っていうお知らせが届くようにしてるんですけど、最近では
あまりに多くの人のブログを読んでるからかなり更新通知も多いんですよ(笑)携帯はずっと鳴りっぱなしです(笑)
いや、わたしがこうやって芸能人のブログにはまるのにはちょっとした訳があるんです♪芸能人ってかなり綺麗で
スタイルもいい人が多いじゃないですか??そういう人たちのブログを読んでると綺麗になれる秘訣がわかるって
いうか、実際どういう化粧品を使ってるかっていうのもブログを読んでると載ってることがありますからね♪♪♪
「この化粧品を買いました」とか「わたしのオススメのダイエット方法はこれです!」なんて載ってあるとすぐに試し
たくなりますよね☆実際ちょっとオススメされてたダイエットをしてみたことがあるんですけど、ほんとにすぐに
痩せれましたからね♪なによりブログを読むだけでこんなにお得な情報が満載なわけだから、お金がかからないって
いうのがいいです☆ただあの更新通知だけはどうにかしないと・・・(笑)大切なメールにすら気付かなくなっちゃい
そうですからね(笑)
0

高く高??く空から  

静岡県に空港が出来て、飛行機で福岡までは90分なのらしいです。
オォー!!(゜д゜屮)屮

まぁその、通勤中に窓の向こうに看板がありまして私もそれを知る事になったんですが…本当に福岡まで90分は早いです★

新幹線でも名古屋もしくは東京まで位しか行けませんもの。
やはり空からは早いんですねぇ…。

し・か・し!
実を言うと静岡の、しかも静岡市に住んでおきながら、私はまだなんと静岡空港に行った事がないんですよ。
ただの一度も。

興味はあるんですが、なんか用事がないので視界に入らないのか、興味が無いのか分かりませんが、『静岡空港を見に行ってみようよ☆』という流れにもなりません。

うーん、韓国とかは興味がメチャクチャあるんですよ。
韓国へ向かう便は出てますからねぇ…。
空港が自分達の近くで何となく行かないという理由なのなら、せめてGoogle先生に静岡空港について教えてもーらおっと。

そうしよーっと。
(゜д゜)(。_。)(゜д゜)(。_。)
0

妻の愛情ですか?  

最近、イライラとする日々です。原因は、こいつ→→って誰かと言いますと。旦那です。今の仕事を辞めたいとウジウジしている。幸いうちには、子供もいないし私もパートに出ているから旦那が辞めても節約してケチケチすれば1ヶ月くらいなら生活できる。だから良妻の私は、笑顔で
「嫌なら辞めて違う仕事探せばいいよ」(o^∀^o)って言ってるのに新しい仕事なんて簡単に見つからないとかまた一から始めるなんて大変だし云々が永遠と続く自分で探せないなら私が探してあげようと良妻は、思いネットや情報誌を調べて旦那の希望の仕事がないか探したのに
「え--やだ!重い物持てないし」
「え--やだ!遠いし」
「え--やだ!やった事ないし」ってやだやだ!の嵐にイライラもそろそろ限界状態になってきて
「じゃあ主夫になれば私がフルタイムで働いて稼ぐから家の事してよ」
「やだ!絶対にやだ!男のプライドが許さない」ってこんな時に都合良く登場させないでくださいよくだらないプライドを(`´)プンプンだったら最初からグチグチ言わないで男らしく辞めて次の仕事にチャレンジしてほしいものです。
「普通なら働かない亭主なんて離婚ものだよ」とポツリ呟いて少しプレッシャーを与えてみる。これも妻の愛情なんだよ(笑)
0

身だしなみは大事  

男性であっても、身だしなみには気を使ってほしいと思うのは当然のことです
しかし、女性からしてみればあまりに自分の姿や格好に気を使いすぎている男性を見ると、逆に幻滅してしまうこともあるんです
たとえば街を歩いていても、ちょっとした鏡に映った自分の姿を見て
髪の毛を整えていたり、食事中にも関わらずずっとネクタイを気にしたり
髪型を気にしたりされるとやはり「この人はナルシストなんだ」というあまり良くないイメージを
抱く女性も多いんです
たとえ本当に外見がかっこいい男性であっても、そういう事をする男性をスキになる女性って
あまりいないような気がします
だからといってもちろん、身だしなみを全く気にしないというのはNGですが
ナルシストの男性には、男らしさをあまり感じないというか、女々しく感じてしまうんでしょうね
度を過ぎたものは慎むべきなんでしょう
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ