宝塚歌劇団の月組  




Powered by Ayapon RSS! オススメ ブランドパラダイス 葬式・葬儀




宝塚歌劇団の全体は5つの組から構成されています。
その中で2番目の月組を紹介しましょう。
1921年に団員の増加によって二つに分かれてできた組です。
組の名前は「雪月花」にちなんでつけられており、第1部を花組、第2部を月組としたのです。
月組の特長はナチュラル志向の芸が持ち味です。
月組は芝居に強いトップスターや助演者を数多く輩出しているのです。
退団後も女優として活動している人が多いようです。
また、宝塚歌劇団を代表する作品である、「ベルサイユのばら」「風と共に去りぬ」が初演された組でもあるのです。
歴代の主演男役の中でも著名な人を紹介しましょう。
初代の組長は初瀬音羽子です。
1928年に退団しています。
それから、1928年から1933年までは天津乙女です。
1980年に団員のまま死去しています。
1982年のトップスターは大地真央です。
1985年まで務めています。
彼女はテレビドラマなどでもよく見かけますよね。
それから、天海祐希です。
1993年から1995年までのトップスターです。
久世星佳は1995年から1997年までです。
どのトップスターも堂々たるものです。
宝塚歌劇団は新人の育成から始まり、トップスターを中心とした、公演によって人気を集めています。
組によって雰囲気は違いますが、多くのファンがいることには間違いありません。
若い人から中高年まで楽しめる劇団として日本を代表するのではないでしょうか。
女性だけの劇団と言う特殊性がよい方向に働いているのです。
トップスターになると、数年で退団することになりますが、その後も劇を通して活躍している人が多いのです。






----------------------------------------------------------------------------------
宝塚歌劇団の情報
----------------------------------------------------------------------------------

宝塚歌劇団の情報はいろいろなところにあります。
もちろん、公式ホームページもありますし、ファンの人が作っているブログなどがたくさんあるのです。
インターネットの普及によって、宝塚歌劇団の情報が入手しやすくなりました。
公演の情報はもちろんですが、主演男役、娘役などの生徒の情報もあります。
宝塚歌劇団の生徒一人ずつのファンクラブがありますし、それぞれのサイトもあるようです。
また、舞台を見た人の感想が書かれたブログも多いようです。
それらの感想を見ていると、感じ方は人それぞれだと思います。
同じ舞台を見ているのに、つまらないと感じている人や素晴らしいと感じている人がいるからです。
もちろん、どちらも本当の気持ちでしょう。
実際のところは自分がどのように感じるかと言うことです。
あなたは宝塚歌劇団の舞台を見たことがありますか。
ファンではないならば見たことはないでしょうし、これからも見ることはないかもしれません。
しかし、ベルサイユのばらのことは知っているでしょう。
漫画でも有名ですが宝塚歌劇団の舞台にはたくさんの人が観に来るのです。
あなたもチャンスがあれば、一度宝塚を見てみましょう。
感激で涙するかもしれませんよ。
オーケストラの生演奏や照明の素晴らしさ、舞台の華やかさだけでも観る価値はあるのかもしれません。
地方の人ならば劇場まで足を運ぶことも難しいでしょう。
DVDも販売されていますし、インターネットを使ったオンデマンド配信も行われています。
宝塚歌劇団が身近になったのです。






----------------------------------------------------------------------------------
宝塚歌劇団の星組
----------------------------------------------------------------------------------

星組は宝塚歌劇団の第4番目の組です。
イメージカラーは青です。
宝塚歌劇団ではそれぞれの組にカラーを割り当てているのです。
1933年に創設されましたが、戦中は廃止されており、終戦後に復活した組です。
長身の男役が多く、コスチューム・プレイが特徴となっています。
宝塚歌劇団初の1本立て作品である「虞美人」初演を皮切りに本公演での1本立て作品をたくさん上演しています。
歴代の主演男役の主な人を紹介しましょう。
もちろん、宝塚ファンなら知っていることかもしれませんね。
初代は春日野八千代です。
1933年から1936年まで務めています。
それから、水原節子は1951年から1952年です。
鳳蘭と安奈淳は1970年から1974年までです。
1974年に安奈淳が花組へ移動してからも鳳蘭は1979年まで男役を務めています。
それから、紫苑ゆう、麻路さき、稔幸、香寿たつきなどがいます。
また、主演娘役は遥くららが1977年から1979年まで務めていて、雪組トップ娘役に異動しています。
柚木礼音が2011年の男役です。
いずれも長身の男役ですね。
宝塚歌劇団で一番人気なのは主演男役です。
トップスターと呼ばれています。
トップスターを中心として、すべての公演が進められているのです。
あなたは宝塚歌劇団の演劇を見たことがありますか。
どの組の上演でも素晴らしいものです。
戦前から多くの人を魅了してきた劇団です。
未婚の女性ばかりの劇団ですから、男役も女性がします。
そこがまた、ファンにとっては憧れなのかもしれませんね。
実はあなたも若いときはタカラジェンヌに憧れていたのではないですか。



0




AutoPage最新お知らせ