2011/2/8 | 投稿者: masp1027



「そんなことは、もちろん困りますよ」すると相手は、
待ってましたとばかりに次の攻撃を開始する。


保険加入へと一歩一歩追い込むような質問を連発するのだ。


たとえば、「子どもさんは大切でしょう? 保険料はほんの少しでいいんですよ」
などと言ってくる。


こういうセリフを聞くと、
わたしたちの心に言われなき罪悪感が芽生えてくる。


父親らしいことをしてやりたいという気になってくる。


子供の名前を占う


そして、こう答えてしまうのだ。


「たしかにそうですね。
保険をかけることにしましょう。
わが子にはできるだけのことはしてやりたいですからね」
こうして会話は、勧誘員の圧倒的勝利に終わる。


では、あなたが「人生を自分の考えどおりに送りたい」と思っているとしたら、
保険の勧誘を受けた時に、どう反応したらいいのだろうか?


「子どもさんは大切でしょう? 
保険料はほんの少しでいいんですよ」と言われた時の対応の仕方は二つある。




  1. 勧誘員のやる気を失わせる

  2. 逆にこちらから、しつこく質問を浴びせる



やずやの香酢
0




AutoPage最新お知らせ