ブランドで地域振興  地域ブランド

 まず、現在日本では、都市の人口が増える一方で、地方の人口が年々減少し、過疎化が進む地域が増えています。実際に東京都、神奈川県、大阪府、愛知県などの都市部では人口が増えているのに対し、北海道、秋田県、青森県、高知県などの地方では、人口が年々減少しています。また、若者が地方を出て都市に移住し、地方の高齢化も進んでいます。そのことにより、経済活動が都市部に集中してしまうという事態が起こっているのです。

 そこで、何とか地域振興をしようと各自治体で様々な活動が行われています。地域振興というと、どのようなことを思い浮かべるでしょうか。伝統的なお祭りで大きなイベントを開催したり、テレビや映画のロケ地としてアピールしたりと、その手法は様々ですが、今回は地域ブランドの食品やサービスで地域振興をするという手法に注目したいと思います。地域ブランドでの地域振興の事例で有名なのが宮崎県。宮崎マンゴーや宮崎地鶏など、様々な宮崎ブランドの商品がヒットし、元知事の東国原氏の影響もあって、大きな宮崎ブームとなりました。商品がヒットしたことで、観光客も増加し、メディアでも頻繁に取り上げられたことで、観光都市としての宮崎が広く知られることになりました。

 最近では、旅行会社が、地域に対して観光プロモーションや地域資源の掘り起こしのアドバイスをし、地域ブランド育成に協力をするといったサービスも存在するそう。私たちにとっては、今まで知らなかった地域ブランドの商品やサービスを知ることができ、その上地域の振興に繋がるというのは、とても嬉しいことですよね。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ