地域で協力した取り組み  

 地域ブランド育成の取り組みは、地域ごとに単体で行われているだけではありません。何かメディアで注目されるようなイベントや商品を出したいと思っていても、小さな地方自治体が単独でやるのはなかなか難しいのです。そこで、全国各地の地域がそれぞれ協力し合い、様々な地域ブランドを紹介するイベントを開催するのです。

 地域ブランドが集まるイベントとして最近注目を集めているものと言えば、やはりB-1グランプリでしょう。このイベントは、その地域で愛されている、安くて美味しいB級グルメを一同に集めたイベントで、全国各地の美味しい料理が食べられるとあって人気を集めています。また、来場者は自分が美味しいと思った団体に投票することができ、来場者の評価によって優勝チームも決まります。イベント開始当初の2006年は1万7000人程度だった来場者数も、昨年2010年は過去最高の43万5000人を記録。メディアでも大きく取り上げられ、定番のイベントとなりました。

 B‐1グランプリ第一回、第二回大会優勝の静岡県富士宮市の富士宮やきそばは地域ブランドの成功例と言えるでしょう。B-1グランプリでの優勝により、富士宮やきそばの知名度は急上昇し、観光客も増加し、大きな経済効果をもたらしました。

 B-1グランプリは、地域ブランドのB級グルメの認知を広げることができる上、観光客の誘致にもむすびつく地域振興のイベントとなっています。今後もB級グルメだけでなく、他の業界でもこのような全国の地域が協力して地域振興を行なうイベントが増えていくでしょう。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ