キャラクターによる地域振興  新たな取り組み

 地域ブランドや地域振興関連で、ここ数年人気を集めているのが‘ゆるキャラ’と呼ばれるご当地キャラクターです。以前から観光協会や自治体がキャラクターを造り、きぐるみショーやグッズ販売などをすることはありましたが、2007年にひこにゃんが登場したことにより、ゆるキャラブームに火がつきました。

 ひこにゃんは彦根市で開催された「国宝・彦根城400年祭」のイメージキャラクターとして作成されたキャラクターで、「ひこにゃん」という親しみやすい名前と、その風貌のゆるっとした可愛さで子供から大人まで大きな人気を集め、人気自治体キャラクターでも常に1位にランクインしています。これまでのひこにゃんのグッズ売上高は述べ10億円以上にものぼるそう。また、連日多くのメディアに登場することで、彦根市の地域ブランド向上と知名度アップにも大きく貢献しました。ひこにゃんが登場する彦根城でのイベントも大盛況。これら全ての経済効果は数百億円以上にものぼります。注目したいのが、イベントの盛況によって観光客が増えたということです。まさに地域ブランドによる地域振興の成功例と言えるでしょう。

 ひこにゃんに倣って他の地域自治体もゆるキャラでの地域振興を試みています。福島県のきびたん君や京都府のたわわちゃんなど、地域ブランドの名産品や観光地をイメージしたゆるキャラが全国各地に誕生しています。全国各地のゆるキャラが集まる‘ゆるキャラサミット’も開催され、地域ブランドの育成に大きく貢献しているようです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ