軌道  

いい案とかいい生活パターンをいくら考えてもなかなか軌道に乗らない。

だから普通の人だととっくに成功してるはずの事がいつまで経っても同じ失敗を繰り返してしまう。効率良くとかなかなかうまくやりこなせない。

その原因の一つに、色々な事をやりたがるということもある。興味があると全部に手を出してしまう。

でもチャレンジは必要だし、どっちに転ぶかという感じですかねえ。
0

日本人は変わる  

ある事を予感した。


日本人は変わる。

社会全ての合理化。平等社会への徹底。精神世界への理解。…そして、世界各国との繋がりの強化。


つまり、かつて無い程の、欧米に近い考えの受け入れ、民主主義の更なる推進、社会生活全体の革命…


難題山積みの今年度の幕閉め…来年度は最初から現実に振り回れ対処にあたふたするような気がする。


機械や機能や社会の良いところだけをピックアップして住み良い、生活し易い日常を目指す。


確かに便利で良い事だ。

だけど、便利さを追求し過ぎたために、人間本来の病気に対する自然治癒力や脳内モルヒネ、ドーパミン、自然なチームワーク、思いやり、などが壊されて感情もパワーも生命力もない機械人間をどんどん作り出していないだろうか。


そして無駄に残った野心や感情やジレンマ、葛藤…それらが様々な病気や事件や事故をも引き起こしている。


いや、それは表に見える部分だけで、本当は見えないだけで、クリアーで夢のある世界が、強い負の感情ですっぽりと覆われ、それが原因不明の病気や致命的な事故を誘発しているのではないかと思う。


必要以上に人を憎んではいけないし、必要以上に自分一人だけの幸せを願ってもいけないと思う。

私が思うに人の感情と言うものは思っている以上に物や人や社会を動かす力があると思う。


だからこそ、時代にあった規律や人間関係や社会生活や経済について、建て直していかなくてはいけないと思う。


元から、今、バブル期に出来た事を望んでも不可能だし、家族観、ストレス、学習、健康維持、医療、…全てが変わってきているのだから、それに合わせてより良いものを考え出していかなくてはいけないと思います。


良く、日本人は、ビジネスや感情表現などを、欧米の真似をしたがりますが、彼等の宗教や合理性、意思決断、などは、かなり目的意識を持ってはっきりしています。


日本人も今、生活形態や経済、社会の変化に合わせて、諸々なものを変えていかなくてはいけないし、価値観や目的も変えていかなくてはいけないと思います。…又、自然に変わっていくと思います。
0

de  

いきなり凄いことは出来ない。

いきなり良い人間にも全て非の打ちどころもない人間になるもことも出来ない。

変わったように見えても人間、そう変われるものではない。

ただ、何かを徹底的にやってみることとか、チャンスや状況を生かしていくことは、意外と努力すれば誰でも出来ることかもしれない。

又、何かがうまくいった時に携わった方々に感謝したり、反省して振り返ってみること、そんな、心がけとか指針について考え直してみることも、努力することと一緒に、凄く必要な事だと思う。

0

今晩は  

なあんか最近ショックな事多いよねえ。

いきなり凄い地震が起きたと思ったら原発問題にまで発展して・・・、その後田中好子さんが病死して、ホリエモンが何と入獄決定・・・、それから田中実さんが自殺して、そうこうしてるうちにビンラディン殺害で反逆の恐れあり、と何と物騒な・・・、で、たまたまブログ読んだ子が翌日自殺しちゃうし・・・、そ、上原美憂ちゃん、かと思えば、原発、結局メルトダウンしてたという。・・そんな感じしてたんだあ。で、その後、何と史上最高額の強盗事件、六億だって・・・。

世の中どうなっちゃってるの?

何か、これでもか、これでもか、と予想もつかない方向に向かっちゃっている。

世の中がどうであれ自分がちゃんとすればいいことなんだけど、予測つかない方向に世界が向かっていることは確かだよねえ。

頑張ればどうにかなることとそうでないこととある。

個人的に、それ程何でもうまくはいってるわけではないしそんなに余裕のある暮らししている訳では無いけど、頑張って頑張って頑張りすぎて一杯一杯で空回りしてる人達の事を考えると、何か辛いねえ。

家畜や作物、命かけて守ってきた人達からそれらを奪ってしまった地震、あるいは原発、あの人達も流しきれない程の涙を胸に抱え込んで、一生を送らなくてはいけないんですね。・・・
0

人の心  

人の心を動かせるとは思わない。

だけど、人を裏切りたくないとか人に憎まれたくないとか争いたくないという気持ちはある。

私は

最近特に、人の信用の大切さとか人を思う気持ちの大きさとかを考えるようになった。

自分が困難にぶつかったり追い込まれないと分からないこともあるのだな、とつくづく思った。

自分の親やそれ以前の人は偉かったと思う。…いや、時代性もあるんだろうけど、昔の人は本当に自分よりまず人を考えてるね。

今現代みたいな損得勘定はなかったみたいだね。

昔、楽器を教え始めた学生時代、教えに各ご家庭を回った時に、何で家庭のお父さんお母さんて暖かいのかな、て考えたことがあった。


若いうちの恋愛や遊びの段階を乗り越えて、相手を思いやること、譲り合うことが出来るようになるからなんだねえ。


美味しい、楽しい、嬉しい、は誰でも快感だけど、思いやりをお互いに持って様々の壁を乗り越えた時の充実感の方が遥かに大きいのだと思う。
0




AutoPage最新お知らせ