2013/3/6

 2月23日、皇太子さまが53才の  

 2月23日、皇太子さまが53才の誕生日を迎えられたその直前、『新潮45』3月号に衝撃的な見出しが躍った

<皇太子殿下、ご退位なさいませ>

 これは宗教学者の山折哲雄氏が書いた論文のタイトル山折氏は、小泉純一郎元首相(71才)時代に設けられた「皇室典範に関する有識者会議」のヒアリングで、実際に意見を述べたこともある人物だが、その山折氏が皇太子さまにご退位をすすめるという衝撃的な提言に大きな波紋が広がっている

 さらに同氏は、弟の秋篠宮さまに「譲位」してはどうかとも綴っている

 山折氏の主張に異を唱えるのは皇室ジャーナリストの神田秀一氏だ

「皇太子さまが大病をなさっていたり、公務ができない状況であられれば、秋篠宮さまに皇位を譲位するということは法でも認められていますし、理解できますしかし、いまは皇太子さまがご健在であり、そういった状況ではないなかで、無責任に“譲位”を語るのは疑問を感じずにはいられません」

 皇室典範第3条には、こう規定されている

<皇嗣(皇位継承第1位の者)に、精神若しくは身体の不治の重患があり、又は重大な事故があるときは、皇室会議の議により、前条に定める順序に従つて、皇位継承の順序を変えることができる>

 神田氏は、この規定に一切触れずに“譲位”を語った山折氏を批判する

「山折さんの主張は、現実的には憲法、そして皇室典範を改正した上でなければありえない話です仮に改正するとしても、何年も時間を要しますし、女性宮家創設ですら簡単に頓挫するのに、ましてや皇位継承に触れる部分ですから、現実的に不可能なわけです」(神田氏)

 さらに神田氏は、その憲法も簡単に改正してはいけないと主張し、こう提言した

「憲法第1条には天皇が<日本国民統合の象徴>という記載がありますが、これは70年近い年月をかけて昭和天皇、そして陛下が確立してきたものですこれを守られてきたからこそ、戦争のない平和な時代を迎えたとも言えます

 そのことをいちばん理解されているのが陛下であり、即位礼正殿の儀で“憲法を守ります”と宣言されているのですから、いたずらに改正してはならないのです結局、今回のような記事が出てしまうのは、雅子さまが皇太子妃としての役割を果たされていないことが原因だからでしょうですから、いま皇太子さまは雅子さまのご病気を全快させることに全力を尽くされるべきだと思います」

 これまで雅子さまの治療を担当してきたのは東宮職医師団だしかし、最近では長引く療養生活に、“主治医以外のセカンドオピニオンの必要性があるのでは”という報道も多くなっているまた昨年、前皇室医務主管の金澤一郎氏が、雅子さまの主治医である大野裕氏の治療方針に疑問を投げかけたことも大きな話題を呼んだ

 そんななか、誕生日会見で、記者から“セカンドオピニオンを用いる考えはないのか”という質問が出たのだが、皇太子さまは、

「東宮職医師団がたいへんによくやってきていただいていますし、今のところセカンドオピニオンという考え方はございません」

 ときっぱり述べられたのだったこれには神田氏も首を傾げる

「これだけ雅子さまのご病気が長引いているわけですから、あらゆる手段を用いてでも、皇太子さまは雅子さまを全快させるべきですそれなのに東宮職医師団がよくやっているという理由だけで、セカンドオピニオンは必要ないというのは、国民が納得しません正直、医師団は何の結果も残していないのですから

 さらに同氏は、弟の秋篠宮さまに「譲位」してはどうかとも綴っているシャネル ショルダーバッグ 新作

 さらに同氏は、弟の秋篠宮さまに「譲位」してはどうかとも綴っているルイヴィトン 財布 コピー

 さらに同氏は、弟の秋篠宮さまに「譲位」してはどうかとも綴っている財布 ヴィトン
0

2013/3/6

体をチェックしておくほうがいい」という西城秀樹さん  

「健康に自信がある人ほど、もう一度自分の生活や体をチェックしておくほうがいい」という西城秀樹さん
「ヒデキ、脳梗塞で入院!」―2003年に流れたこのニュースは衝撃的だった自他ともに認める“ヤングマン”の「健康な肉体」が、なぜ40代にして突然の病魔に襲われてしまったのか? 壮絶な闘病と若い読者へのアドバイスを、今も再発と闘う西城秀樹さんが熱く語ってくれた

■体形維持のための食生活が逆効果に?

「あれ、まだ夕方なのに、なんでこんなに眠いんだろう?」

脳梗塞の始まりは、強烈な眠気とだるさだった知り合いの医師に電話で症状を伝えると、思ってもいない言葉が返ってきた

「脳梗塞かもしれない」

「えっ、脳梗塞? まさか……」

そう思ったけど、病院の検査によって病名が確実になり、闘病生活が始まった

入院後、症状は重くなり、ろれつが回らなくなっていく……

幸いこのときは短期間で仕事に復帰できたけど、それにしても、なぜ僕が脳梗塞に、と思わずにはいられなかった

最初の発症は48歳のときだけど、それまで僕は健康に関して人一倍自信を持っていた

特に40代からは68kgの体重を保つため、野菜料理を中心に栄養バランスに気を配り、トレーニングも真剣に行なっていた

ところが、そこに落とし穴があった水分を極力控えていたことが血液の成分を濃くして、脳梗塞の引き金になってしまった

僕の病気は脳の細い血管が詰まる「ラクナ梗塞」で、若い人でも発症しやすい脳梗塞はオヤジだけの病気じゃないんだ
■リハビリ過程で陥る“うつ状態”にも要注意

仕事に復帰してからはさらに栄養バランスに気をつけ、たばこはやめ、お酒も極力控えていた

それでも一昨年、脳梗塞が再発してしまった実は再発しやすいのも、この病気の怖いところなんだ

今度も最初の症状は足がふらつく程度だったのが、やはり入院後に重くなった再発すると症状が重くなるのが一般的らしい僕も体が動かせなくなってしまった

「このまま死ぬんだろうか?」

恐怖感もショックも1度目より格段に大きく、しかも復帰のためのリハビリがまた地獄!

発声練習や、おはじきを指でひとつひとつ分けていく作業がいつまでたってもうまくできず、一時はうつ状態に陥った

そう、脳梗塞は治療の過程で多くの人がうつ状態になるこれもこの病気のやっかいな点だ

ただ、ひとつだけいいこともあった回復してから外を散歩したら、それまでとは景色が変わって見えた満開の桜を見て「桜ってこんなにきれいだったんだ!」と感激した日のことは忘れられない

僕を支えてくれた家族や友人たちへの感謝も一層強くなって、脳梗塞のおかげで人間的にはひと回り成長できたかなと思う

でも、病気にならずに成長できるほうがずっといいよねそれには自分の体を日頃から知っておくことが大事だと思う自己流の「健康法」や「運動法」は危険かもしれない健康に自信がある人ほど、もう一度自分の生活や体をチェックしておくほうがいい自分の体は自分で守りたいよね!

●西城秀樹(さいじょう・ひでき)
1955年生まれ、広島県出身1972年にデビュー後、『傷だらけのローラ』『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』などヒット曲を連発2003年、11年に脳梗塞で休養するも、不屈の精神で復帰を果たす近著『ありのままに』(廣済堂出版)には、秀樹流の生き方が描かれている

【関連記事】政府の産業競争力会議の民間議員を務める竹中平蔵慶大教授は2日、東京都内で開催されたシンポジウムで、成長戦略の要である規制緩和に関連し、実現性の高い政策について「まだ何もない」と述べ、作業の遅れに懸念を示した

■体形維持のための食生活が逆効果に?

「あれ、まだ夕方なのに、なんでこんなに眠いんだろう?」

脳梗塞の始まりは、強烈な眠気とだるさだった新作シャネルバッグ

■体形維持のための食生活が逆効果に?

「あれ、まだ夕方なのに、なんでこんなに眠いんだろう?」

脳梗塞の始まりは、強烈な眠気とだるさだったャネル カバン

■体形維持のための食生活が逆効果に?

「あれ、まだ夕方なのに、なんでこんなに眠いんだろう?」

脳梗塞の始まりは、強烈な眠気とだるさだったシャネル 財布バッグ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ