2009/8/16

バリに来るきっかけ  

初めてバリに来たのは10年以上も前
妹と一緒に遊びに来ました。
今思えばその時のバリが一番きれいで、一番観光し楽しかったなって思います。
妹とツアー最後の日にマリンスポーツに行ってなければ今私はバリにいなかったと思います。
マリンスポーツのお店でダイビングをした私たちは、ダイビングインストラクターの人と友達になり、妹は日本の電話番号を教えてしまいました。
ま、日本まで電話してくるわけないと思ったんだと思います。
しかし、コレクトコールで彼らは電話をしてきました。
4月にバリに行き6月には2度目のバリ
バリに到着したら、バリ人の子と私達とで遊び、普通のツアーでは行けないような所に案内してもらい、とっても楽しかったです。

私は日本に帰ってから、インドネシア語教室に通うことにしました。
私は交通事故で脳内出血、鎖骨骨折で後遺症として記憶障害が残ってしまいました。
そのリハビリの一環として、何か言葉を習いたいと思っていたんですが、英語は無理、じゃ一番簡単な外国語は?と聞いたらインドネシア語といわれたんです。

先生はジャカルタの人で東北大学に留学していた男性
私より漢字を知っている頭のいい人でした。
1クラス5人で、私が一番おばか。
その時に覚えて今でも役に立っているのは数字。
0

2009/8/3

妹  

妹は3つ下で小さいころは可愛かったのを覚えています。
妹は16歳の時にグレ初めて、中学は仙台の私立に入って、高校もストレートで入れたのに中退。
15歳で妊娠、16歳で出産。
妊娠がわかって親は結婚を勧めた。
妹の相手はそのときの私と同じ歳の20歳。
自動車会社に勤める営業の人。
私の成人式の日の1日前の1月14日に子供が生まれた。
しかし、この結婚は妹が20歳になるときに終わった。

姪っ子はうちで引き取っていたんだけれど、妹の相手の人に無理やり連れて行かれた。
3歳のときに離れて、2年後の5歳のときに、妹の相手の人の新しい奥さんと言う人が電話をよこした。姪っ子を引き取りに来て欲しいというものだった。

うちの母親は、孫に会えるかもしれないからと免許を取得して待っていたから、すぐに引き取りに出かけた。
そこの家に入って行った時に私の名前が呼ばれてビックリ!
その女性を見たら会社の同期の女性。他の人と結婚すると言って退職した人。

姪っ子はそこでひどい仕打ちを受けていたみたい。
弟が生まれたが、両親はその幼い子を置いてディスコ通い。
満足に食事も与えてもらっていなかった。

姪っ子を引き取って大変だったのは精神面。
いつでも食事があるし、それは全部あなたのなんだよと言っても理解できない。
今食べなければ死んじゃうみたいにたくさん食べてしまう。
どんどん太っていき、高校入学時には19号だった。
私が知っている姪っ子は高校入学時が最後。
0

2009/7/30

学生時代  

私の学生時代は本当におとなしくって、両隣の男の子達からのいじめがひどかった。
毎日毎日泣かされて帰ったものです。
中学と高校は仙台の私立の女学校へ。
高校卒業後は頭の悪かった私はドレスメーカー専門学校へ進んだ。
3年間の学生生活で自分でちゃんと製作したのって少ないかも。
母親に手伝ってもらっていたような気がする。

突然ですが、私を大事に育ててくれた祖父母は私が中学と高校のときに亡くなった。
祖父母が亡くなってから、両親と妹とどう接していいのかがわからなくなった。
両親も同じ気持ちだったみたいだ。

私の妹は3歳違いなんだけど、私より大人。
16歳の時に妊娠して高校を中退して出産。
20歳のときに離婚。水商売の道に進んで右翼の人とか、会社の社長さんや役職の方との不倫。
私が学生の時には妹が高校を中退して夜学に通っていたので毎日送り迎えをしていた。
その為に免許を取らされた。
0

2009/7/25

(無題)  

1960年7月19日宮城県の仙台市に生まれました。
私にとって日本の思い出はいい思い出は少ないかも知れません。

私の家庭は複雑でした。
物心ついたときには私はお祖父ちゃん、お祖母ちゃんといつも一緒。
妹はいつも両親と一緒。
何で私は両親と別なんだろうと思っていました。

祖父母には子供ができなかったために、祖母の姪である母を養女にしたそうで、そこに父が養子に入っています。

小さい時の記憶は、両親が毎日のように祖父母から怒られているというものでした。
父親はよっぽどストレスがあったのか、遠慮していたのかおならがブーっと出来ず、ピーという音だったのですが、祖父母が亡くなったら普通の音になっていました。



0

2009/7/24

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ