ちょっと意外なめがねの時間  大阪 ホテヘル

雑誌の4月6日の号はアラブ目ざめの上でカバーストーリーを持っています。

そのページの上にそのエコノミストそれによっての準備ができているそれのための住宅広告は、あります。

結局、波がそれの下に移動させる偉人が、それが以上までにそれから切り離されることを示唆するために、まったく愚かであるというわけではありません。

アラブ通りを照らした怒りは、今はるかにより長く、皮膚の下で、そして、少なくともの間の心の中に、そして、多くのケースで燃えていました。

実際めがね彼らが彼ら自身の貪欲、うぬぼれと狂人(緊要性の感覚)のその最終的な罪に夢中になっていた時から、ヒューズの長さは専制君主が補正行動をしなければならなかったが、何もしなかった時の証拠です。

そのカダフィ音はめがねリビア人は彼が欲しいという考えと彼らの命から彼の家族を設立する不気味なペストで本当に痛みました。

我々の残りはカダフィが彼自身をエリザベス女王と比較したとき、笑うべきであるか、泣くべきかどうか、わかりませんでした、しかし、彼は本当に困惑しました。

彼は、リビアから君主制を除いたもはやそれ才の陸軍士官でありませんでした。彼は、あらゆるリビア人が永遠に感謝しなければならなかった王朝の創設者になりました。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ