2013/8/22

ビタミンCは  

がんの抑制効果も期待されています。カリフラワーはビタミンCを豊富に含んでおり、その量はミカンの倍以上。しかも蕾部分が固く締まっている為、調理時のビタミンCの損失が少ないという利点もあります。

ビタミンB1は疲労回復、ビタミンB2は目や肌の健康を保つ効果があります。カリフラワーにはそのほか、ビタミンB1やビタミンB2も多く含まれています。ビタミンCはコラーゲンの合成に欠かせない成分で、肌を健康に保つほか、免疫能を高めることからがんの抑制にも効果があると言われています。

カリフラワーはミカンの倍以上のビタミンCを含み、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄なども豊富です。特に肺や肝臓、食道、大腸のがんへの効果が期待されているそうです。

日本人の死因の第一位と言われるがん予防の為にも、お勧めの野菜です。また、カリフラワーに含まれるイソチオシアネートという成分は、免疫能を高めてくれると言われています。

ミルキーカラー
0

2013/2/17

nanndo  

皮ふの奥底で作り出された肌細胞はじわじわと時間をかけて皮ふの表層へと移動し、最終的にはお肌の表面の角質層となって、約4週間後に剥がれていきます。これこそが新陳代謝の正体です。
デトックスというのは、身体の内側に澱のように溜まっている色々な毒素を体外に出すという新しい概念の健康法で民間療法や代替療法に区分けされている。「取り除く」という意味を持つ「detoxification(ディトクシフィケーション)」の短縮形だということはあまり知られていない。
「デトックス」法にはリスクや問題は本当にないのだろうか。第一、体内に溜まっていく「毒物」というのは一体どんなもので、その毒素は果たして「デトックス」で流せるのか?
深夜残業、終電帰りの飲み会、どうしても見たくなる深夜のスポーツ中継・翌日の子どものお弁当や朝食の支度…。皮膚に悪いというのを分かっていても、日常に置いては十分に睡眠時間を確保できない方が大半を占めると思われます。
むくみの理由は色々ですが、季節の作用も少なからずあることをご存知ですか。気温が高くなりたくさん汗をかく、この期間に浮腫みになる原因が内在するのです。
ドライ肌とは、皮ふのセラミドと皮脂分泌の量が水準値よりも下落することで、肌(表皮)から潤いが蒸発し、肌がカサカサになる状態を言い表しています。
20代、30代になってから発症する、治りにくい“大人ニキビ”の症例が増えているようだ。10年もの間こうした大人のニキビに悩み続けている女性が評判の良いクリニックの門をたたいている。
本来、健康な皮膚のターンオーバーは4週間周期になっており、日々肌細胞が作られ、一日毎に剥がれているのです。こうした「日々の生まれ変わり」によって私たちの肌は若々しさをキープしています。
バレーボール使い
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ