依存度が少なく  

EUの中でユーロを採用していないイギリスの通貨「英ポンド(GBP)」についての紹介
第二次世界大戦以前には基軸通貨だった「英ポンド」ですが、現在の基軸通貨の米ドルとは異なる値動きをします。また、他の貨幣に比べ、金利が高く、変動幅が大きいことなども特徴のひとつと言えます。
その理由として、日本やアメリカなどとは異なり、貿易に対する依存度が少なく、金融や不動産などの第3次産業が盛んなこと、主要通貨のなかでは流動性が比較的少ないこと、取引の参加者がイギリス中心に限られている割に、投機的な大口取引が多いこと、などがあると言われています。
貿易に関しては、イギリスは日本と同じく加工貿易が主体となっていますが、北海油田を保有していることから、原油輸出国でもあります。
オーディエンス
至って居なくても
確かな感動
切っても
切れないんだ
いい加減
そろそろわかってよ
0

借金が目減り  

しかし、ここで重要なのは、流入される多額の資金の多くは「米ドル」だということです。これは、アメリカが米ドルで借金を抱え、各国(特に日本)の投資家が米ドルを保有していることになります。
この為、米ドルが安くなると、アメリカは借金が目減りし、米ドルを保有している投資家の資産も目減りしてしまいます。その結果、自国の資産を守る為には、米ドルが値下がりしないように、更にアメリカに融資をすることになるのです。
●ユーロへの移行
EUで採用されている統一通貨のユーロも、米ドルと同じく世界の基軸通貨です。
アメリカの赤字拡大もあり、発足時より、米ドルに変わる世界基軸通貨になるとの期待から、年々「ドル建て」から「ユーロ建て」に通貨の比重が変わってきました。
松屋値下げで吉野家の出方は - 4億円出所、供述変遷を否定
内柴被告の指導者登録を抹消 - 401k、元本割れ6割の深刻
藤森慎吾、チャラ男3か月延長 - インド 外国人の株式投資解禁
イラン、「米スパイ」に死刑 - 110番 スマホ位置特定できず
内柴容疑者の指導者登録停止 - XQDメモリーカード初の商品化
球児、整頓しない若虎に苦言 - 13年卒採用「増やす」企業1割
有明海ノリ不作 00年冬以来か - 米でアメリカン航空争奪戦か
佐々木監督 FIFA最優秀監督に - エディオンに課徴金命令へ
米デーリー首席補佐官が辞任 - キーコーヒー アマンドを買収
「八甲田丸」存続か廃船か - フジロックにRADIOHEAD出演
0




AutoPage最新お知らせ