2012/7/19 | 投稿者: 望月 大和

こんにちは、

望月です。

「わしゃもうだめだ…どうやらお迎えが来たようだ…」

映画やテレビでよく出てきそうな台詞です。

私達はそれを聞いて

「あー幻覚までみて…かわいそうに…」

そう感じるかもしれませんが、
いわゆるこれらの「お迎え」体験に
ある興味深い事実がわかったそうです。

人は亡くなる前にある不思議な体験をするそうです。

自宅でみとられた患者の約4割が、亡くなる前、
すでにいない親の姿を見たと語るなど、

いわゆる「お迎え」体験を持ち、それが穏やかなみとりに
つながっているとの調査研究を、宮城県などで在宅医療を
行っている医師らのグループがまとめたそうです。

「患者が、他人には見えない人の存在や風景について語った。
あるいは、見えている、聞こえている、感じているようだった」

かを尋ねたそうです。

そして回答者541人のうち、226人(42%)が
「経験した」と答えました。

つまり、おそよ半分の人が、
何かしらの「お迎え」の体験をしているそうです。

「お迎え」体験の内容としては
親など「すでに死去していた人物」が最も多かったそうです。

その場にいないはずの人や仏が見えたりもするそうです。

そして不思議なことに「お迎え」を体験した後、
患者は死に対する不安が和らぐ傾向があるそうです。

続きは本ブログをご覧下さい。
●「脳の最後の一仕事」
http://mochiduki1213.blog122.fc2.com/blog-entry-123.html

望月 大和
0

2012/7/17 | 投稿者: 望月 大和

こんにちは、

望月です。

「彼女はあることに気がついてしまいました…」

彼女はオーストラリアで緩和ケアとして働いています。

緩和ケアとは、生命の危機にに直面する
患者とその家族に対して、苦痛を予防したり和らげて
あげる人たちのことです。

そんな彼女は人生最後の時を過ごす患者たちと
毎日過ごしているうちにあることに気がつきます。

彼女によると、死の間際に人間はしっかり
自分の人生を振り返るのだそうです。

そして彼らが人生を振り返って
いろんな後悔を口にするそうなんですが

患者たちが語る後悔はほとんど同だそうです。

毎日患者から聞かされる彼女が気がついた
死の間際の後悔トップ5というものがあるそうです。

以下、転載して紹介しますね。

------------------------------------------------

5位. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」

4位. 「友人関係を続けていれば良かった」

3位. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」

2位. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」

1位.○○

続きは本ブログをご覧下さい。
●「死ぬ前の5つの後悔」
http://mochiduki1213.blog122.fc2.com/blog-entry-122.html

望月 大和
0

2012/7/14 | 投稿者: 望月 大和

こんにちは、

望月です。

こんなお話があります。

ある病院に脳腫瘍をわずらっている少年がいました。

その少年の名前は「りょう」君といいます。

脳腫瘍はすでに手術することが出来ない
手遅れの状態でした。

りょう君はそんなつらい状況にあるとは
思えないほどいつも明るく振舞っていました。

しかし、無常にも病状は日々悪化してしまいます。

ある時、彼は斜視になってしまいました。
※斜視(しゃし)とは、片方の目はまっすぐ目的の方向を向いていますが、
もう片方の目が内側や外側、あるいは上や下に向いている状態のことをいいます。

お母さんや看護婦さん達は斜視になった
自分の顔を見たらショックを受けると心配して、
鏡や顔の写るものを隠してしまいます。

窓に映る自分の顔を見ないように
夜にはすぐにカーテンを閉めました。

ある日、そんな事情を知らない
新人の看護婦さんがいました。

彼女が鏡を持っていることに気付いたりょう君は、

「その鏡を貸して」

と鏡に映る斜視になってしまった
自分の顔を見てしまいます。

続きは本ブログをご覧下さい。
●「大人になった少年」
http://mochiduki1213.blog122.fc2.com/blog-entry-121.html

望月 大和
0

2012/7/13 | 投稿者: 望月 大和

こんにちは、

望月です。

今回は、前回の続きの

『自己欺瞞(じこぎまん)』

最後のお話です。

これまでお話したように
自己欺瞞とは完全犯罪者なのです。

ベジタリアンの人は、例え野菜しか食べないことが原因で
栄養不足や体調を崩しても野菜を食べ続けます。

ジャンクフードが好きな人は
体がどんなに不健康になっても
好きなもん食べれれば幸せといいます。

自爆テロをする人はそれが正しくて
正義だということを疑いません。

つまり自分の期待に沿った現実以外は
見えないのです。

続きは本ブログをご覧下さい。
●「俺は知っている」と思ったときすべてを失う。」
http://mochiduki1213.blog122.fc2.com/blog-entry-120.html


望月 大和
0

2012/7/12 | 投稿者: 望月 大和

こんにちは、

望月です。

今回は、前回の続きの

『自己欺瞞(じこぎまん)』

について詳しくお話します。

自己欺瞞とはあなたがあなた自身を騙す行為です。

自分を騙し欺き都合の良い事実だけしか見る
事のできない人間の本能の事です。

そこで今日は、

自己欺瞞について詳しくお話します。

今回の話は、恐らくあなたも「確かに!」と
納得してしまう心当たりがあるケースがが
多く出てくると思います。

自己欺瞞には3つのパターンがあります。

1:ゆがめる
2:消去する
3:一般化する

この3つです。

1つずつ、わかりやすく説明して行きます。

続きは本ブログをご覧下さい。
●「3つの完全犯罪」
→ http://mochiduki1213.blog122.fc2.com/blog-entry-119.html

望月 大和
0




AutoPage最新お知らせ