2014/3/18 | 投稿者: niki

理化学研究所の、STAP細胞の発見者というか開発者である、小保方晴子ユニットリーダーがピンチに陥っている。いろいろなことが報道されているが、結論は、STAP細胞はあるのかどうかということになる。その答えは、まだはっきりしていない。
しかし、私は、あると思っている。それは、小保方さんが、STAP細胞発見の記者会見で見せた笑顔である。あの笑顔には、自信がみなぎっていた。それが今では、犯人扱いである。理化学研究所に入ったいきさつまで調査しているという。本来ならば、理化学研究所は自社の社員をしっかりとサポートする、指導する義務がある。小保方さんは、いわば契約社員のような扱いであるので、その小保方さんが、データの加工の技術や、論文の書き方などは、理化学研究所が教育する。また、論文を出すときにも、確認することが当たり前のことであるが、どうやらこのことを、小保方さんという研究者ひとりに、未熟者な研究者というレッテルを着せて、幕引きを図ろうとしているようでならない。
STAP細胞は、第三者もいれて、再度の研究を行っているらしいが、このような科学の世界では、気づかない条件などが左右し、再現しない可能性もある。だからといって、小保方さんが詐欺や捏造というようなことは、やらない人だと思う。少なくとも佐村河内さんのような人と同じにしてほしくない。
0

2014/2/16 | 投稿者: niki

乳酸菌革命

 乳酸菌が腸にまで届く、乳酸菌革命。便秘の解消や腸内環境の綺麗にします。

寺泊魚のアメ横

 寺泊のお魚市場通りのお店紹介です。

ゴルフ初心者コースデビュー

 ゴルフコースデビュー前に知っておくべきことを記載しています。

キッコーマン基本のサプリ

 40代50代の女性のためのサプリメント紹介です。
0




AutoPage最新お知らせ