2013/3/18

テーラーメイド ロケットボールズ ステージ2驚かれた経歴があります  

ターンしやすいヘッドと高弾道が出やすい設計。ちょっと間違うと左にしか行かないようですが反発が高いフェースなので左にも行きづらい

 シャフトを自分にぴったりなのを見つけると非常に武器になるポテンシャルを持ったロケットボールズ2ですロケットボールズ ステージ2 ドライバー。R1よりも小さく見えるヘッド(色の影響かな)で振りやすく打感も音もバスっ感じで好印象でした。前回のRBZがあまりにも売れてしまったので今回のロケットボールズは売れるのかな〜!

 ちょっと心配なテーラーメイド ロケットボールズ ステージ2。完成度高いですよ〜ヘッドデザインがこんな事になってるんです!ざ、斬新・を、通り越して、なんじゃこりゃ〜!? って感じじゃないっすか?そもそも、テーラーメイドさんと言えば、数年前にホワイトヘッドを発表して、“なんじゃこりゃ〜!”と驚かれた経歴がありますが、そのホワイトヘッドも、今やクラブデザインの世界では常識?的なポジションを得てますよね?

このヘッドデザインも何か視覚的に効果があって、これが今後クラブデザインの常識となる可能性はありますよね。色々な意味で注目です。
0

2013/2/17

ゼクシオmp600ドライバー、これも持っていきな!  



ロフトは10.5度、クラブ長さは46.75インチ、シャフトフレックスはSR、シャフト重量は48g、トルクは4.7、バランスはD4、キックポイントは中調子、クラブ総重量は279gです。テーラーメイドグローレシリーズのニュードライバーです。 R11s フェアウェイウッドいつも思うことですが、テーラーメイドゼクシオmp600ドライバーは新製品のサイクルが本当に速いです。この速さに対抗できるメーカーは他に無いように思います。それでいながら、革新的なクラブを発表し続けているのが凄いです。グローレシリーズなので、当然ながらシャロー感があります。ヘッド後方のライオンのようなマークもカッコいいです。このマークは、ヘッドだけでなく、シャフトにもデザインされています。ネックの長さは標準的な感じがします。特に変わったところは見られません。Reserve(リザーブ)』といえば、私は『サントリーリザーブ』を思い出しますし、レストランなどの『リザーブ席』などを連想します。

つまり、そのまま訳すと『高度な距離のテクノロジーが組み込まれている』ということになるのでしょうか?ゼクシオmp600ドライバーメーカーの自信が伺えます。テーラーメイドのドライバーmp600ドライバーなので、当然のことながら、調整機能が付いています。シャフトの交換が容易に行えそうです。テーラーメイド r11s フェアウェイウッドなどのような複雑なシステムではないようですが、これくらいで充分だ。と感じておられる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?ヒール側にウェイトのようなものが見られるのも、すっかりお馴染みです。 大型シャローヘッドで、ヒール側にウェイトが組み込まれていないドライバーのほうが少ないような気がします。それくらい、とてもポピュラーになりました。ヒール側とトゥ側に切れ込みのような凹みがありました。やはり、空気力学によるものなのでしょうか?細かいところまで、一切妥協しない。という感じが伝わってきます今日は、このmp600ドライバーを初めて試打するので、当然ながらスタンダードロフトのポジションにしました。今度日を改めて、色々なポジションで試してみたいと思っています。このシャローバックもすっかりお馴染みです。今はシャローでないほうが少ないかもしれません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ