2013/5/15

母親に育毛シャンプーのプレゼント♪  

母親が薄毛が気になるということで少し育毛シャンプーについて調べてみることにしました。
市販の育毛シャンプーは男性用として作られているものが多く、女性が使うと炎症を起こすことがあるらしいです。


男性用の育毛シャンプーは男性ホルモンを抑えて血行をよくする成分が入っているものが多く、
女性用の育毛剤は頭皮の乾燥を防いで保湿効果が高いものが多いみたいですね。


男性用と比べると女性用はデザインなども可愛いものがあり、値段も手頃なので購入しやすい印象でした。
いろいろと調べていると、男性の脱毛は生え際が徐々に後退していく抜け毛に対して、
女性の薄毛は髪全体が抜けていくということ、脱毛と言っても男女でここまで違いがあることに驚きました。


そして、ただ育毛シャンプーを使うだけではなく日頃の生活習慣、食事や睡眠をしっかりとりストレス溜めないように
するのも重要なことだと分かりました。
この情報を元に、母親に合う女性用 育毛シャンプーをプレゼントしたいと思います。

0

2013/4/6

育毛剤の効果  

多くの育毛剤は、長期的な使用によって結果を出すことを目的として開発されています。それは毛髪の成長過程と関係があるようです。
小さい子供の髪の毛は薄く見える事もありますが、それは産毛の状態にある毛髪が多いことによって起こっている現象です。産毛は抜け落ちて、やがて少し伸びる毛髪へと変化します。

その毛髪が抜けたあとに、長く伸びる毛髪へと変わっていきます。薄毛の人が回復するのも同じルートをたどることになります。
薄毛の部位には産毛が生えているので、これが抜けて長い毛髪が生えるようになるには相当な時間がかかることになります。

早い人の場合でも半年程度の時間は必要であるので、育毛剤の使用期間も最低でも半年は必要となります。
私は女性用育毛剤ランキングで上位のものを購入し使用中ですが1ヶ月程度の使用で結果が出ないからといって、使用をやめてしまうのは残念なことだと思われます。
0

2012/12/12

病気が原因?ひどいかゆみやフケ  

買い物に行って、近づいてきた男性店員さんの肩にものすごいフケを見て、
とても気持ち悪かったことがあります。
それ以来、自分にも家族にもそんなことがないように注意しています。


少量のフケは、誰でも出てくるものだと思いますが、
気になるほどたくさんフケが出る場合は、病気のせいかもしれません。


私は更年期の頃、突然頭がかゆくなり、フケが出るようになりました。
かゆみがかなりあったので、皮膚科を受信すると、
”脂漏性皮膚炎”と診断されました。
ホルモンのバランスが崩れたことで、皮脂の分泌が不安定になったようです。


皮膚科の塗り薬や飲み薬を飲むようになりましたが、あまり改善されませんでした。
一番効果があったのは、シャンプーを変えたことです。
知人から教えてもらった”シャンプー アミノ酸”というものです。
使い始めてすぐにかゆみが無くなり、フケが激減しました。


ひどいかゆみやフケの場合、病気の可能性がありますから、皮膚科で見てもらうことをお勧めします。
0

2012/12/2

自分の頭皮に合うシャンプー  

私が今使っているシャンプーは、今までの使ってきたシャンプーのなかで
一番自分に合っているシャンプーだと思います。

私はもともと肌が弱く、シャンプーで頭皮が赤くなったり
かゆくなったりすることがたびたびありました。

そのため今まで自分の肌に合うシャンプーを探していたのですが
なかなかこれだというものに出会えませんでした。

しかし先日、私と同様にシャンプーで悩んでいる母から
「いいシャンプーを見つけたよ」という話を聞きました。

私はすぐに母が使っているシャンプーと同じものを購入しました。

そしてそのシャンプーを使ってみると、頭皮が赤くなったり
かゆくなったりすることが全くなくなったのです。

そのシャンプーは添加物を使用していない天然素材のものなので、私に合っているのかなと思います。
これからも私に合ったこのアミノ酸 シャンプーを使い続けていこうと思います。
0

2012/11/28

風邪を引かない為に大事な事  

おはようございます♪

最近すっごく寒いですね!とくに朝と夜の冷え込みは
1週間前とは全然違いますね。

本格的な冬が近づきこれからもっと寒くなってくるので皆さんも体調管理
帰宅時の手洗いやうがいは忘れずにしましょうね。

今年はノロウイルスが12月から流行るらしいので
小さなお子さんがいるお家は特に気をつけないといけませんね。

今、ZIP!でマスクの特集をしていますが
やっぱりマスクはどこに出かけるにも非常に大事ですね。

出かける時はマスクをして帰ってきたら手洗い、うがい
風邪をひかない為には自分でしっかり予防しましょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ