初期費用を知っておく  賃貸

部屋を借りるときは初期費用というものが発生します。



初期費用の一つが不動産会社に支払う仲介手数料です。



この仲介手数料は家賃の1か月分の額が一般的です。



ほかにも火災などの保険にも加入しなければいけません。



また、入居月と次月分の家賃も前払いとなっている賃貸物件がほとんどです。



敷金・礼金ももちろん初期費用です。



敷金とは、家賃を滞納して支払えない場合に預けておく担保金・落ちない汚れやキズをつけた場合に修理費が高額になり支払えない場合があるので事前に預けておくお金、と考えるといいと思います。



礼金とは、主に関東地方で不動産の賃貸借契約が決まった時に、借りる人が賃貸物件の持ち主に対して支払う一回払いの料金のことです。



この礼金は帰ってきません。



この敷金・礼金は物件によって金額が変わってきます。



不動産会社に足を運んで物件を探すときはもちろんわかりますが、最近ではインターネットやスマートフォンのアプリで賃貸物件を探すことができ、その時に敷金・礼金も表記されているので、大体どれぐらい初期費用が必要か把握することができます。



それ以外にも、引っ越し業者に依頼する場合はその費用も必要になります。



少し多めに見積もって物件探しをするのがお勧めです。





進学や就職で引っ越す人は賃貸を選択する人がほとんどでしょう。続きは下のリンクからどうぞ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
日本で賃貸住宅を借りる

初めてのお部屋探しでもここに気を付けると大丈夫!以下のリンクをクリックしてGO!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
初めての賃貸マンション探しで気をつける事


0




AutoPage最新お知らせ