2012/3/26 | 投稿者: bglenb

化粧水の役割は、肌に水分を与えて、肌を整え、潤いを保つ事で、成分としては、グリセリン、BG、エタノール、DPGなどに、ヒアルロン酸等の高分子、界面活性剤、エキス類や増粘剤を配合して作られいるのが、従来の化粧水でしたが、最近では、天然クレイを原料した、化粧水が市販されるようになって、人気となっているようです。

天然クレイは、数千万年前、海洋動植物が海の中で沈殿して堆積し、長い年月をかけて、微生物の働きにより、分解、代謝、再合成を繰り返してできた天然無機質資源で、クレイの特徴は、各種のミネラルが、バランス良く豊富に含まれていることです。天然クレイの粒子が20〜30ミクロンと言った非常に微細なもので、そして、その微粒子に孔(あな・へこみ)がたくさんあるの、吸着力が高いと言えます。この事から、天然クレイを原料とした化粧水はミネラルを肌の奥深くまで浸透させる事がでるので、保湿に効果的と言えます。この天然クレイに着目したメーカーは最近、増えているのですが、中でも、ビーグレンの化粧水が口コミを見ると高い評価を受けているようです。

ビーグレンの化粧水の原料は天然クレイの日本産ナチュラルクレイ・モンモリロナイトやダイズ発酵エキスが原料となっておりナチュラルクレイの薄い皮膜は、保湿効果を高め、長時間お肌を乾燥から守る効果があるようです。また、ダイズ発酵エキスは健やかな肌を保つ作用があり、乾燥した肌に潤いを与えなめらかな肌に整える効果あります。肌の弱い方にも使用できる、パラベンフリーの保湿化粧水となっています。
0




AutoPage最新お知らせ