キャラクター・ボーカル・シリーズのコンセプトについて  

キャラクター・ボーカル・シリーズ(以下CVシリーズ)は
各音声のキャラクターを架空のボーカリスト、
バーチャルシンガー(バーチャルアイドル)とし、
それをユーザーがプロデュースするというコンセプトの製品である。

発売元のクリプトン・フューチャー・メディア(以下クリプトン)は
先代の合成エンジンVOCALOIDを使用した「MEIKO」(2004年発売)が
パッケージに女の子のキャラクターイラストを使用して一定の成功を収めたことから、

次世代エンジンのVOCALOID2を使用した新製品にはかわいい女性の声を入れ、
アニメ風のイラストを使用することを決めていた。

しかし新製品の企画を立ち上げた当初はバーチャルアイドルを志向していたわけではなく、
かわいらしい声の歌手10人ほどに声をオファーした際に「自分のクローンが作られる」

「オリジナル作品のカバー曲がはんらんする」といった理由で軒並み断られ、
それを機に発想を転換、実際の歌手の声で歌うソフトという発想から離れ、
人間の真似ではなく一つの新しいキャラクターが歌うという
CVシリーズが立ち上がることとなった。

ライブラリの音声には歌手ではなく声に特徴のある声優を起用した。


ハロウィン
0




AutoPage最新お知らせ