90年代の魔法少女とは  

武内直子原作の『美少女戦士セーラームーン』(1992年?1997年)の成功は、
アニメ版『赤ずきんチャチャ』(1994年)、
『魔法騎士レイアース』(1994年)、
『愛天使伝説ウェディングピーチ』(1995年)、
『ナースエンジェルりりかSOS』(1995年)等の作品を生み出し、

戦闘美少女(バトルヒロイン)系魔法少女作品は
魔法少女の一ジャンルとして認知されるに至った。

「魔法少女+戦隊モノ+恋愛」という図式は後の作品に影響を与えている。
1995年には、OVAシリーズ『天地無用!』のスピンオフ作品
『魔法少女プリティサミー』が制作された。

本作は視聴対象を明確に女児以外の層に想定して制作され、
同種の高年齢視聴者向け魔法少女アニメの先駆けとなった。

1990年代後半から2000年代序盤にかけてCLAMP原作で設定や
ビジュアルが従来の作品の型にはまらない
『カードキャプターさくら』が制作された。


コスプレ

0




AutoPage最新お知らせ