豪雪に耐えられず…地震で損壊した長野の橋落下

2012/1/30 
昨年3月12日に震度6強の地震で壊れ、通行止めになっていた長野県栄村北信の中条橋が落下しているのを同村が30日確認した。

 村によると、橋には約3メートルの積雪があり、雪の重みが原因とみられる。けが人はなかった。

 中条橋は1963年に建設され、長さ約95メートル、幅約6メートルの村道。村は、地震で橋脚と橋がずれたため通行止めとし、雪解け後に架け替え予定だった。

 29日夜、付近住民から村に通報があり、村職員が30日朝、橋が約15メートル下の中条川に落下したのを確認した。村内での積雪は、前年同時期よりも多いという。(ヤフーより)

凄い雪ですね。
最近私が住んでいる地域ではほとんど
雪が積もることはなくなりました。
温暖化のせいでしょうか?

子供のころには雪が積もることもあったけど
ここ何年も雪が積もったなんてないような気がするな。

もしも東北みたいにこの辺りに雪が積もったら
遭難しそう(汗)

それにしても雪で橋が落ちてしまうなんて
よっぽどなんでしょうね。
けが人がなくて何よりです。





『オススメリンク』
浜松 脱毛
岐阜 脱毛
金沢 脱毛
富山 脱毛
0


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ