2010/2/18

ブラックバス フィッシャーマンズメーカー小川康ニのランカーズプロフェッショナル養成講座 口コミ  小川康ニ、ブラックバス フィッシャーマンズ メーカー小川康ニのランカーズプロフェッショナル養成講座、口コミ、感想、内容



このサイトは、小川康ニさんのブラックバス フィッシャーマンズ メーカー小川康ニのランカーズプロフェッショナル養成講座の口コミ 感想 内容などの情報を公開しています。


クリックすると元のサイズで表示します
詳細はこちらをクリック


あなたは、ランカーバスとの胸躍るバトルを経験したことがありますか?

あなたは「あること」を知るだけで、ランカーバスをガンガン釣り上げることができるようになるんです!!

あなたも知っていると思いますが、バス釣りは、餌をつけて糸を垂らして待つタイプの釣りと違い、毎回が試行錯誤の繰り返しという難しい攻めの釣りです。
一般的には、一人前のバサーになるには3年〜5年もかかると言われています。
そして、やっとの思いで一人前のバサーと認められるようになっても、ボウズで1日を終える日もあるのです。

バス釣りは、さまざまな条件を考え、ルアーを投げては考え、糸を巻き上げてはまた考え、考えて、考えて、考え抜いて、ブラックバスを釣り上げるという、謎解きのような釣りです。
しかし、だからこそ、謎を解き明かし、見事バスを釣り上げたときの喜びは大きくなるのです。
それがランカーバスなら尚更ですよね。

でも、やはり釣りに行ったからには、できることならボウズは遠慮したいですよね?
そのためにはテクニックが必要です!

テクニックと言っても、キャスティングの正確さのような技術のことではなく(もちろんあるにこしたことはありませんが)、バス釣りで大切なことは、「あたりの種類と意味を知る」、「あたりの合わせ方を知る」、「ヒットしたバスの引き上げ方を知る」ということです。
これにより、あなたの釣果は格段に良くなることでしょう。
しかし、ここまでは、一般的な方法であり、とっておきのテクニックとは言えないものです。

ランカークラスをガンガン釣り上げるためには、「あるもの」と「あるもの」をフルに使っていかなければなりません。
それさえ知れば、限りなくボウズを少なくし、ランカークラスの大物を爆釣&連釣することができるようになるのです!!

「初めてのバス釣りで50cmUPを釣るコトができました。
小川さんに「そこ投げてみて」と言われ、投げたら見事に釣れました。
「えっ!バス釣りってこんなに簡単なの!?」って思ってしまいますが、決してそうではないですよね?
僕の場合は、最初に教わった人が良かっただけの事なんですね。
ほとんどの人は、そんな簡単に釣り上げる事は出来ないんですね。
目に見えるテクニックも磨けますが、それ以上に感覚というか直感というか、そういった目に見えないテクニックを身に付ける事が出来るのが小川流なんだと思います。   有村さん」

ほかにもたくさんの喜びの声が寄せられていますよ。

あなたが、ランカーバスとツーショットがしたいなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

詳細はこちらをクリック




おすすめ! 骨付鳥 赤鬼
2



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ