2013/9/24

就職氷河期と求人  

就職氷河期のさなかの求人は探すのが大変です。

就職氷河期の再来といわれるほど、求人倍率は不況の影響で低迷しています。

新卒者の活動も転職希望者の活動についても、近年はこれまでになく大変な情勢にあるといえるのではないでしょうか。

有効求人倍率が、バブル崩壊後の就職難に勝るとも劣らない低い数字で推移していることも証明しています。

高卒や中卒にとっては職探しも楽ではなく、再就職も順調ではありません。

求人情報を見ても、派遣やパートなど非正規での求人はあるものの、正社員での求人は極端に少なく今や社会問題にも発展しています。

ただし、使える社員を会社が求めているという事象に変わりはありません。

ハードルが高くはなりましたが、求人は必ず存在してはいるのです。

働き口を見いだす時は、自身の持つ能力と会社が求める能力との相性問題が密接に関わってきます。

新卒者の場合は、自分の理想が高すぎてはいないかさまざまな面から、仕事について考えてみるのも一つの手です。

転職の場合も自分の経験やスキルにこだわらず、新たな分野も含めて仕事を探してみることで就職先の選択肢が広がります。

妥協したくない希望がある人もいますが、そういった場合は目標に到達できるようスキル磨きに取り組むことも重要です。

最近では多くの人が、未経験分野の求人募集に対応するため、就職に必要なスキルを学校に通ったり講座を受けたりしています。
0

2013/9/10

求人情報の種類  就職

ハローワーク、新聞や折り込みチラシ、インターネットサイトや求人雑誌など、求人情報と呼べるものには様々な種類の求人情報があります。

いろいろなタイプのものが求人情報には存在しています。

どんな求人情報を選ぶかは、自分の働きたい分野や業界によっても違ってくるものです。

求人情報が適したものであれば、仕事を効率よく見つけることができるでしょう。

求人情報で外資系や語学系のものを探すならば、インターネットだけではなく求人欄がある英字新聞や英字の雑誌なども見ておくべきではないでしょうか。

語学系の場合、会社の求めるレベルが高いと、英字新聞を読む人とその時点である程度限定してしている事もあるのです。

ハローワークに行くと、大都市ではなく地方都市での求人を探している場合は、地元企業の求人情報をチェックすることが可能です。

求人の中から、近県など自分が住んでいる所に近い地域にあるところを紹介してくれるでしょう。

仕事を地元で探す場合の有効な手段だといえるのが、新聞の折り込み広告と一緒に入ってくる求人チラシです。

地元新聞紙の求人情報の場合は、応募者は新聞を見ている人に限定されてきます。

応募数が限定されるというメリットが、インターネットの求人サイトに掲載されている求人情報と比べるとあるでしょう。

求人募集をしている会社は、不景気の中では少ないので、本当に仕事を見つけると言うのは容易なことではありません。

採用を勝ち取る一番の近道となるのは、1度や2度の失敗に負けずに根気強く求人情報を調べることではないでしょうか。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ