年賀状の当選番号が発表されましたね  ブログ

ついに今日、年賀状の当選番号が発表されましたね。
ちょっと前まですごく楽しみにしていたのに、いざ20日になると忘れていた私。。。
はっ、と気づいてわくわくしながらチェックしました。

うちに届いた年賀状は全部で19枚。
そのうち、なんと1枚だけ切手シートが当たっていました。
当たっていたのは、私の友達からいただいた1枚で、子どもたちのや主人のは当たっていませんでした。

19枚しかないんだから、絶対に1枚も当たっていないと思っていましたが、当たってました。
すごい確率ですよね?!
かなり驚いて、一人でニヤついてしまいました。

でも、この年賀状の1等に当選するのって相当難しいんだろうな〜。
と思わされました。
なんせ下6ケタ!
3ケタまで合っていたのはありましたが、やっぱり6ケタは難しかったです。笑

1等当たった人たちは、ものすごく興奮するんだろうな〜。
1等は当たらなかったけど、ちょっと夢を見させてもらいました♪

宝くじとかを買わない限り、こんな楽しみもなかなか普段味わえないですからね!
とっても楽しかったです。

ついに今日、年賀状の当選番号が発表されましたね。
FC2女子校生動画まとめが届いてうれしく感じて、さらに楽しみもあるなんて年賀状も捨てたもんじゃないですよね。
毎年、メールで簡単に済ませていたけれど、年賀状っていいな〜!
きっと来年も作るし、友達にもすすめると思います。

さて、明日は丁度郵便局に行く用事があるので、交換してもらおうと思います。
切手シートでさえ当たったのは初めてなので、どんなものかとても楽しみです。
0

クリスマスケーキへのこだわり  ブログ



お正月に実家に帰省してから、もう数日が経ちます。
今年は、旦那が単身赴任先から仕事が忙しく帰ってこれませんでした。
なので、今年は実家で年越しをするために31日に帰省しました。
それから2月まで旦那が帰ってこれません。
なので一月いっぱいは、実家でゆっくりすることに決めました。

実家に帰る前までは、毎日のように支援センターや公園などに連れて行き、外で遊ぶことがとても多かったです。
長男も外に出たがったので、チャリで子供と一緒に毎日お出掛けしていました。
ところが実家に帰ってきてからというもの、あまりの寒さに外に出れません。
こたつの中から出るのも嫌になるぐらいです。
こんなに寒いとは思ってもいませんでした。

外の気温も違いますが、水の冷たさも全然違います。
今まではお湯は使わなくても手が洗えていました。
ところが実家に帰ってきてからは、お湯でなければ手も洗えず、水で洗うと感覚が分からなくなるほどです。
今まで結構アクティブな方だと思っていたのですが、寒さには弱いみたいです。

そんな私も家に引きこもってるのも嫌になり、気合いで外に出ることにしました。
長男と次男を完全防備して、連れて行きました。
昼間だったので思いのほか温かかったです。
なんだーと思いながら歩いていると、急に強い風が吹いてきました。
そのとたん、一気に体が縮タイトル:クリスマスケーキへのこだわり
本文:

今年は、単身赴任の旦那さんが年末年始不在でした。
なのでクリスマスも年末年始も子供だけで過ごす、さみしいイベントになってしまうなと思っていました。
まだあまりクリスマスの意味もわからない、幼い子供二人なので何もしないでいようかなと思っていました。

ところがテレビのCMでは、クリスマスに近づくたびに、クリスマスケーキの宣伝をしていました。
それを見た2歳の長男は、大興奮でした。
しまいには、広告のケーキを見てはどれにしようかなと選ぶようになっていました。
そんな長男のアピールにも負け、せっかくだからケーキだけは作ろうと思いました。

せっかくつくるのであれば、こだわった可愛いケーキにしたいと思いました。
ネットでレシピを調べて、ひな壇になるようなクリスマスケーキを作ることにしました。
そこにさらに、クッキーでサンタのアンパンマンやジンジャークッキーステックやプレゼントのデコクッキーを作りました。
そのデコクッキーで、クリスマスケーキを華やかにしようと思いました。

スポンジは失敗してしまう恐れもあって、材料費が無駄にならないように市販の出来上がりのものを買いました。
そうすれば、デコレーションに、お金も時間も費やせるので、一石二鳥でした。

ちょうど当日は、子供たちが昼寝をしてくれたので、そのすきにクッキーと生クリームを作りました。
クッキーが焼きあがったころに、長男が起きてきました。
クッキーを見た長男は大興奮で、飾り付けする前に食べられてしまいそうになりました。
必死で取り上げて、生クリームを塗り、イチゴのサンタを作ったりしました。
長男の指示のもと飾りつけをし、とってもかわいらしいクリスマスケーキができました。
2人で食べきるのに、数日かかりましたが、とってもおいしかったです。
でしまうような感覚に陥りました。
やっぱり思った通りの寒さだと思い、なるべくたくさん歩いて体をあっためて帰りました。
0




AutoPage最新お知らせ