本、交換しませんか?  

こんにちは
管理人は新潟市在住の主婦です。

いらなくなって、捨てるに捨てれない本を交換しませんか?
完全有志で、しかもお金がかからないで本を交換できる方法はないかなと思ってプログを始めました。
ウチには本がたくさんあります。先祖代々から本好きな家系でした。
今考えると貴重な本・漫画をいっぱい捨てたような気がします。キャンディ・キャンディなんか全巻もってました。
今考えるともったいないですね。
これから後悔しないためにも、その本をどうしても必要としている人にもらってもらいたいですね、どうせなら。

まずは本を提供できる有志の方を募集していきたいです。
数人のこじんまりしたグループから始めたいとおもいます。
月に一回どこかお金のかからない場所に集まって、各自の本を交換しあいましょう。
そして気の合う仲間でいろいろな本の情報を交換し合うのもまた楽しいかなって思えます。

金銭的ゴタゴタを避けるためにあくまで交換がメインのサークルにしたいと考えてます。
あと常識がちゃんとあって周りに合わせることができる人の集まりであることが大切だと思います。
なぜなら絶対トラブルが起きるからです。起きてからでは遅いと思います。
このサークルを解散しなければならなくなるからです。
末永くほそぼそと楽しくサークルを続けていくためにはある程度の人との和を大切にできることが最低条件だと私は思います。

それでは、早速一日一冊の割合で本の画像と繊細をアップしていきます。
もし気にいった本がありましたら、交換してもいいという本の繊細などを送ってください。
交渉成立いたしましたら交換いたしましょう。

それでは始めます。よろしくお願いします。
0
タグ:  交換 新潟

2013/2/13

エントリーNO,3筒井康隆「にぎやかな未来」  


こんにちは、寒い日がまだまだ続きますね。でもそうこうしているうちにもうそこには春がやってきているのでは 皆様も風邪などに十分注意してください!

第三弾は筒井康隆の「にぎやかな未来」角川文庫です。昭和57年第37版発行です。ページ127,ページ128にうっすらと黄色のシミがありますが、汚れはそんなもので案外綺麗な本です。

なるほど「筒井ワールド」に引こ込まれる作品です。近未来の日本の姿をイメージし、その最新テクノロジー社会での人間性の虚無化に対して、「人間の感情とはそんなに簡単なものじゃないよ」と訴えかけているような気がしないでもないですね。「筒井ワールド」を狂気と捉える見方もあるようですが、実際はウィットに富んだ「非人間社会」への風刺にも感じられます。寝る前とか、新幹線の中とかで「暇つぶし」に最適な一作ではないでしょうか。

欲しい方は交換しても良い本の繊細を送ってください。交渉成立しましたらぜひ交換いたしましょう。それでは


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/2/11

エントリーNO.2「アンネの日記」  

こんにちは、また寒くなりましたね。ウチでは猫がこたつの中で丸くなっています。正確に言うとこたつの中で大の字に伸びています。気楽なものです。そういえば猫って曇り・雨・雪の日は元気がなく寝てばかりいます。おそらく古代の猫の祖先達が天候が悪い日は狩りができなくて、諦めて寝てばかりいたというDNAを受け継いでいるのでしょうかね。とにかく良く寝ますウチの猫は。

さて、交換リスト第2弾といたしまして、またまた名作シリーズから「アンネの日記」をアップします。昭和52年の第5冊版です。これまたかなり古い本なので経年劣化による色褪せがありますが、ハードカバー付きでなかなか綺麗な本です。多少シミなんかありますが中身は綺麗です。

とにかく可愛そうな話で泣けます。可愛そうすぎて何回読んでも泣けます。今の子供たちに是非読み聞かせてほしい児童書名作の一品です。おんなじことばっかり書いている気がしないでもないですが・・・。私たちの世代(30代)もそうなんですが、こういった名作を読むことにより深い感動と他人へのいたわりを学んでいったような気がします。ゲームの中のパーチャルでモンスターを撃ち殺すことだけでなく、是非昔の深い作品に触れることも大切なような気がします。欲しいという方がいたら、交換したい本をアップして連絡くださいね。それではまた


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/2/9

エントリーNo.1「フランダースの犬」  

 知る人ぞ知る児童書の名作ですね。お子さんのいる人に是非読み聞かせたい作品であると思います。将来子供図書館なんかやってみたいという人にもお勧めです。涙なくして語れない悲しく、切ない物語です。

1970年重版発行です。ケース付きです。古いものなのでカバーにくすみ・切れなんかありますが、落書き等もなくて中身は割と綺麗な状態だと思います。ただ、昔の本なので経年劣化による本のダメージはあるので実際にお手にとって確かめていただくのが一番だと思います。汚れはなるべく拭き取っておきます。

こんなかんじで、なるべく一日一冊の割合でアップしていきますので気に入った作品があれば気軽にメールしてください。忙しくてアップできない日もあるとおもいますがなるべく頑張っていきます。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ